のんスケの‥行き当たりバッタリ!

ぐうたら人生を送ってきた私が、この歳になって感じる、喜び、幸せ、感動、時に怒りなどを、自由に書いていきたいと思います。

「スゴイ!」のひとこと‥101歳の画家・<入江一子>さん

2017-06-28 18:39:33 | 日記

 2週間前の「日曜美術館」を見るまで、私は、画家・<入江一子(イリエカズコ)>さんのことを、全く知らなかった。

                     

 

 入江さんは1916年生まれで、現在101歳。

 2017年1月には、「上野の森美術館」で<100歳記念展>が行われ、沢山の人が彼女の画業を讃えて集まられたという。

 

 101歳になった彼女は、今のご自分の状態を、次のように言われる。

 「絵はだんだん描けるようになって、絵がだんだんわかってくるんです。 だからもう命がけで描いています。」

                       

 

 私はこの言葉を聞き、101歳になられてなおいや増す絵に対する限りない情熱に、ただただ「スゴイ!」と、頭を垂れるのみ

 だった。

 

 

 入江さんは、当時日本の統治下にあった朝鮮半島で生まれ、幼い頃より絵を描くのが何よりも好きな少女だった。

 6歳の時からは、一日も欠かさず絵を描き続けてこられたという。 (果物や魚などの食品も、必ず絵に描いてから食べるという

 徹底ぶりだったという。)

 そして1934年(18歳の時)、画家を志して日本に渡り、「東京女子美術専門学校」に入学される。

 その頃の彼女の絵・2点。

                       

                   「自画像」 (22歳)                     卒業制作「沼地風景」

 

 右上の卒業制作・「沼地風景」は、<独立展初入選>を果たした。

 そして次の「魚」(1953年)は、<独立賞>を受賞された。

                      

 

 

 

 その後彼女は、教師をしながら絵を描き続けられ、50歳を過ぎてから、シルクロードの旅に出られる。

 その旅で彼女は、今までに見たことのない風俗と色彩に出会い、それに限りなく魅せられる。

 シルクロードの旅は続けられ、そこから沢山の色彩豊かな絵が生まれた。

                    

 

 

                    

 

 

                      

 

                     

 

                      

 

 

 

 更に1992年、76歳になられた入江さんは、4300メートルの高地に咲く<青いケシ>をどうしても見たいと、中国・四川省に

 赴かれる。

 しかしこの旅は、登山の経験のない彼女にとっては、とても過酷なものだった。

 天候の悪化もあって、見ることをほぼ諦められたとき、奇跡的に目の前に現われた‥青いケシの花!

                        

 

 

 彼女はその感動を、<四姑娘山(スークーニャンシャン)の青いケシ>と題して描かれた。(1992年)

 (この絵は、東京立川市の「立川中央病院」のロビーに掲げられ、病院に来る方々の心を慰めているそうだ。)

                     

 

 

 

 そして入江氏は、<100歳記念展>が終わって2ヶ月余りの4月から、再び新しいキャンバスに向かわれた。

 描かれるのは、あの<青いケシ>の絵。

                       

 

                       

 

                     

 

                     

 

 

 そして、<回想 四姑娘山の青いケシ(2017)>が完成した。

 この絵には、馬に乗って山に登った自らの姿が、小さく描き込まれている。

                  

 

 

 

 上の絵が完成して間もなくの5月、入江氏のアトリエには、再び、真っ白いキャンバスが持ち込まれた。

 彼女は、今もそのキャンバスに向かって、新しい絵を描かれている。

 本当に、「スゴイ!」のひとことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

                   

 

                      

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お見舞いと、その帰り道 | トップ | おいしい<色> »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すごい!画家 (じゅん)
2017-06-29 08:03:20
入江一子さん、この方のおことはほとんど知りませんでしたが、101歳で、本当に「すごい!」人ですね。色彩も豊かで、表現が個性的で、力がみなぎっている感じでした。ありがとうございます。
ありがとうございます。 (雀(から))
2017-06-29 10:39:37
日曜美術館の おりは バタバタとして 集中できず 再放送は 忘れて 残念に思っておりました
丁寧にアップしてくださって 感謝です🙏
じゅんさんへ (のんスケより)
2017-06-30 07:35:53
 じゅんさん、ありがとうございます!
 100歳を過ぎて活躍しておられる女性芸術家他にもありますが、入江さんの場合は、じゅんさんがおっしゃるように、力がみなぎっている感じで素晴らしいと思いました。
雀(から)さんへ (のんスケより)
2017-06-30 07:44:00
 雀(から)さん、ありがとうございます!
 私は日曜美術館ほかぜひ見たい番組を結構沢山録画しているのですが、すぐに録画がいっぱいになるので、見たら消さなければならず、感動した番組は、ブログに書かせてもらうことで記憶に残すようにしているんです(^_^;)
 それが雀(から)さんのお役に立てば、嬉しいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む