なるようになる。

長男の不登校がきっかけて始めたブログも、もう14年目に。なんかわたし、ますます忙しく、そしてますます元気になってるなあ。

ネモ通信発送しました♪

2013-01-31 05:48:02 | 不登校とその後



まだ急がなくてもいい仕事をとりあえずぐんぐんやって、
11時前に家を出てネモ通信発送に行ってきました。

本当は2時からなんだけど、
昨日は鍵を持っていて行ける人がわたししかいなくて、
印刷部隊の方たちは1時くらいにはたいてい印刷を終えて到着するので。

で、早めに始めて、最初は3人しかいなかったんだけど、
途中から2人来てくださって、みんな慣れてるし、3時過ぎには終わっちゃったんでした。

で、宅配やさんも早めに取りに来てくださって、4時半くらいまでお茶しながらしゃべって解散。
この発送でしかお会いできない方もいて、
不登校・ひきこもり周りのことをいろいろ話して、また楽しかったのでした。



年会費4000円で、隔月で通信が届き、イベント参加費用が値引きされることもあります。
その費用と捉えている方も多いけど、
非営利団体なので、わたしたちの活動を支えていただくという意味が大きいです
(ほぼ会費収入だけで運営していますから)。
賛同・応援していただける方の入会をお待ちしています。
http://nponemo.net/

画像にあるように今回が54号です。年6回発行だから、まる9年ですよね、もう。
わたしは7年前くらいから会員です。

さっそく読ませていただいたけど、今回もいい内容ですよ~♪
勝手に理事長挨拶からちょっと抜き出させてもらいます。

「大阪の体罰問題ですが、学校の「変わらなさ」を表していますよね。私が嫌いだったころの学校と何も変わっていません。(中略)そして奮起させるために体罰を行ったとされていますが、これは完全に教員、指導者の甘えでありスキル不足です。(中略)好きなことをするということはとても本人の力になり、ここに人間の成長があります。しかし暴力で支配し、不安感や恐怖感を与えて強制的、奴隷的に好きなことをしてもそれは何も意味がありませんよね。そしてこれには成長はないわけです」

かつて学校に大きな疑問や違和感を抱いた人がこういうふうに言っているよ。




おととい、左下の親知らずを抜いた長男は、抜いたあとのことをかなり脅されたみたいだけど
(1週間くらいまともに御飯食べられないかもとか)、
思ったよりは大丈夫で、痛み止めが切れたら痛いし、顎がちょっと腫れたりはしてるんだけど(想定内らしい)、
昨日の朝昼はおじや食べたけど、夕食は普通のご飯や餃子がなんとか食べられたのでした。
今日のフリースペースは休むそうだけどね。
今日はボーリング行くそうだし休んだほうがいいよね。
三男一人で行くそうです。


わたしも矯正にあたり、顎に入りきらない永久歯を6本抜いた。小4くらいのとき。
長男の親知らずもそうだったんだけど、まだ生えてない歯も抜いたことがあります。
歯茎を切開して、ドリルで歯を3つに割って。。。ひょ~。
長男のは顔を出していたので切開はしなかったみたいだけど。

でも思い出すと、そのとき、親に矯正を無理強いされたわけではなく、
現状をちゃんと先生に説明してもらったあとで、どうするかはあなたが決めなさいと言われた。
なので、わたしは自分でちゃんと考えて決めたし、
自分で決めたからにはやり抜こうと思ったのでした。
思ったより大変だったけどね(笑)。


今までの人生、自分なりに悩んだこと、辛かったこともあるけど、
それでもまあ、また気を取り直して生きてこられたり、
楽しいことをとりあえずみつけようとできたのは自分を信頼して任せてくれて、
でも無条件の愛も注いでくれた(それを確認できる出来事はたくさんあります)両親のおかげだと思っています。


今日はフィットネス行ってくる。今週は今日しか行けないのです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

恋愛体質じゃないので・・・

2013-01-30 03:54:21 | 遊び・お出かけ




無趣味だし、時間があっても家事を頑張ろうとか思えないので、
そして、活字離れが甚だしくてなかなか本にも集中できないので、
家で録画を見るか、運動不足だと散歩がてら映画を見に行ってしまう。

というわけで「つやのよる」見てきました。
恋愛体質じゃないからだと思うけど、
純粋な恋愛映画やドラマってどうも楽しめなくて気がついたらほとんど見ないのだけど。
これはキャスト、特に女優陣が好きな人ばっかりだし、あべちゃんも好きだし、
まあ見てみようかなっていう感じで。


愛によって執着が芽生え、誰もが少しずつ常軌を逸してしまう。その最たるものが阿部寛演じる松生春二だ。昏睡状態の妻を見下ろす姿に、あるいは坂道を自転車で疾走する姿に鬼気迫るものがある。愛する者を目の前で失うことの恐怖や、見えていても決して届かないものへの焦燥から激しい嫉妬に苛まれても、結局はただ見ているしかないのだ。小泉今日子、野波麻帆、風吹ジュン、真木よう子、忽那汐里、そして、大竹しのぶという豪華女優陣が、魔性の女・艶の存在に触発されて揺れ動く姿をあでやかに演じている。直木賞作家・井上荒野の同名小説を原作にメガホンをとったのは『パレード』『今度は愛妻家』の行定勲。

艶という女と大島に駆け落ちして結婚した松生春二(阿部寛)は、奔放な妻の不貞に悩まされてきた。そんな艶が病に冒され、昏睡状態に陥る。何度裏切られても献身的に愛してきた松生は、彼女を失うことに耐えられない。彼は、過去に艶が関係を持った男たちに、愛の深さを確かめようと思いつく。東京で一見平穏な生活を営む何組かのカップル&家族に突然もたらされた艶の話……。

(goo映画より)


やっぱりいまひとつピンとこなかったかな・・・。
しのぶちゃんの娘役のコ(最近何かで見たと思ったら、シングルマザーズに出てたね)が
最後の方で「男と女のことが少しわかった気がする」って言ってたけど、この歳にしてまさにそんな感じでした(笑)。
愛に溺れて家庭を捨てるとか、嫉妬に狂うとか、そういうのがどうもわからない。そんなしんどいことめんどくさいと思ってしまう。。。

みんな熱演だったしよかったけどね。
げっそり痩せて何かにとりつかれたようになってるあべちゃん、夫の浮気相手とパーティー会場でつかみ合いの喧嘩するきょん2とか。

でもまあ、わたしは岳くんの映画見たほうがよかったかも。。。(爆)


あとはたいして何もせずに終わりました。
夕方、親知らずを抜きにいく予定の長男のために早めに夕食を作ったりで。
少し顔を出しているものの、生える場所がなくて、しかも歯茎の中で横倒しになってるそう。矯正治療の一環です。
来月もう一本抜かないといけない。
歯が大きくて顎が小さいというの、わたしのが3人ともに見事に遺伝してしまいました。


今日はネモ通信の発送。
人数が少ないみたいなので、お手すきの方がいたらぜひ~。
わたしも行きます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雪もあっという間に溶けて・・・

2013-01-29 04:33:13 | いろいろ

 



昨日、早朝から降り出した雪はあっという間に大雪になり、向こうが見えないくらい真っ白な感じで降ってたんだけど、
子どもたちが家を出る9時頃(次男は1限休講だったので、いつもより遅めに、でも2限には早い時間に出ていった)には小降り。
10時にはやんで日が差してました。
積もった雪もあっという間に溶けて。。。植え込みなんかに残っている程度。
ま、道に積もったまま夜をむかえて凍結するよりいいですよね。
やっぱり雪は珍しいのでテンション上がってしまうけど。

昨日はレンタルしてたCDとDVDをポストに入れに行かないといけない業務があったので、
それだけ出かけてあとはおこもりしてました。
掃除はしたけどね。暇だからパン焼こうとか、お菓子作ろうとかいう気にはなかなかならないんだよね(笑)。
なので、録画見たり本読んだりですよ。

レンタルしてまだ見てなかった「ミルク」を慌てて見ました。
これ見てなかったの。
とてもよかったです。



『ラストデイズ』などの、より実験的な作品に時間を費やし、本作で久々にメインストリームに帰還した感のあるガス・ヴァン・サント。ゲイである事を公表しながら公職に就いたハーヴィー・ミルクの生涯を、優しく観察し物語を紡いだ作品。特筆すべきは、ショーン・ペンが全編を通して見せる愛嬌のある演技。アカデミー賞のみならず、多数の映画賞を制覇しているペンの熱演は一見の価値あり。これまでゲイ・コミュニティーや社会の前衛的問題に興味のなかった人も、本作でミルクの人物像に触れれば、関心を持つだろう。今なお尊敬されるミルクの愛すべき人柄をフィルムに焼き付けた監督の手腕に感服し、映画化にこぎつけた彼の執念を感じ取りたい。

1972年のニューヨーク。金融や保険業界で働いていたミルクは、20歳年下のスコットと出会い、恋に落ちる。二人は新天地を求めてサンフランシスコに移り住み、小さなカメラ店を開店。そこはたちまち同性愛者やヒッピーたちのよりどころとなり、ミルクは彼らを快く思わない保守派に対抗した新しい商工会を結成する事になる。社交的でユーモアにあふれたミルクは、近隣住民の抱える問題に、政治的により関わりを深めていく。

(goo映画より)


実話だそうです。
最後にミルクや彼を支援した実在の人物の写真とその後が出てくるんだけど、
みんな雰囲気すごく似せてあるし、
ミルクは殺されちゃったけど、ほかの人たちは彼の遺志を継いですばらしい活動を続けたことがわかった。

1972年のアメリカで同性愛者を取り巻く環境がこんなだったんだと、まず驚く。
それだけで逮捕されちゃうなんてね。
もちろん今だって容易にカミングアウトできる世の中ではないんだろうけど、
でも確実によくはなってると思う。

闘う人の話なので、本当に感動します。
そして、マイノリティのお話なので、やっぱり不登校・ひきこもりに結びつけちゃう。

この映画の中で印象的だったシーンのひとつは、
ミルクのとこに、車椅子に乗った同性愛者の青年が電話をしてきたところ。
「親が僕のことを病気だと言って、明日病院に入れると言っている。だから死にます」という内容。
ミルクは
「君は病気なんかじゃない。生きろ。とりあえずどこでもいいから、バスに乗って都会に出ろ」と助言する。
すると
「でも僕は歩けないんです」

ミルクは選挙活動の最中で、忙しさに紛れて電話はそのままになってしまうんだけど、
当選後、その青年がミルクに会いに来たんだよね。
「君は死んだと思っていた」とミルクが言うんだけど、
青年は友人の助けを借りてだったかミルクの言ったとおりにして、ゲイの活動に参加してたんだよね。

学校に行かない、部屋にこもっているというだけで病気にされ、
親に無理やり入院させられたり、矯正施設のようなところに引き渡されたり。
そうされた人を何人も知っているけど、そうされてよかったという例を、わたしは身近に聞いたことがないです。
ミルクと同じように、そこまで来てるんなら、死なないで逃げて、とわたしも思う。
そういう人を受け入れる施設を作っている人もいる。でもまだまだごくわずかです。

で、親の方たちには、ここまでじゃなくても、自分のしていることが実は我が子を死に近づけてるかもしれないのでは?
と常に考えてほしいと思う。
もちろん自戒も込めて。

わたしには性同一性障害の知り合い、同性愛者の知り合いもいる。
そういう人たちは、学校での男女分けの違和感に苦しんで学校に行けなくなることも多いようです。
親にもなかなか言えない。
打ち明けられるような親が増えたらいいのになって思います。


今日も暇なんだよね。仕事もやっちゃったし。何しようかな。









コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ねえ 雪が落ちてきたよ

2013-01-28 08:58:29 | 遊び・お出かけ




9時間以上も爆睡し、5時台にやっと目が覚めて外を見たら雨が雪に変わっていて。。。
そこからどんどん激しくなってあっという間に銀世界。今、また小降りになっています。
夫は今日は本社だったので、慌てて早めに出ていきました。
次男は徒歩だし、長男たちが使う電車は大丈夫そう。


昨日はおとといの疲れとお酒が残っていたのに、1日中出かけてしまって超疲れた。
ま、遊んでたんだから文句は言えないけど。

朝9時台から夫と家を出て、東京家族見てきました。
うん、予想以上によかったよ。
日本的な、でも今の時代の普通の親子が描かれていて、
世代もわりと近いから、共感したり身につまされる部分がすごくあった。
ゆうゆうさんも書かれていたけど、こういう普通を違和感なく演じるってうまくないとできないよね。

親の気持ちもわかる。3人の子どもたちやその配偶者、恋人、子どもの気持ちもわかる。
親に対して冷たく見えたり、子どもに対して無理解に見えたり、
でも、みんなそれぞれの思いや事情があって、無理もないなあって思った。
吉行さん演じるお母さんがすごくよかったなあ。
身勝手なとこもある夫に長年連れ添い、
でもかわいくてユーモアもあって、
子どもたちには母親らしい気遣いをして、父親とのあいだもうまくとりなし、
突然引き合わされた末っ子(=つまぶきくん)の恋人(=あおいゆうちゃん)とも和気あいあいと話せる。

恋人に会って安心した、東京にきてほんとによかった、ってことを、お母さんはお父さんに言っただけだったけど、
父親がそれを最後に、恋人に(息子にではないけど)ちゃんと伝えたところ、わたしもうるっときたわ。
照れがあって直接言えない。そういう日本的なとこも、わたしも日本人だから嫌いじゃない。


あと、狭いのに子どもたちの家に泊まりたがるって、わたしはわかる気がします。
子どもたちの生活を知りたいというのもあるだろうけど、
あの世代の人は子どもの家があるのにわざわざホテルに泊まるなんて寂しいと感じるんじゃないかな。
いくら豪華なホテルを用意してもらっても、それほどうれしくもなくて、
もちろん個人差はあるだろうけど。
狭くたってご馳走が出なくたってそんなことはどうでもいいんだろう。
わたしにもわかる気がする。
でもやっぱり、わたしが親の立場だったら、家に泊めてもらうのは遠慮しちゃうかな。

うちも、広島の社宅時代は父母が義母も車に乗せて、子どもたちの幼稚園の運動会を見に2回くらいきたかな。
千葉のこのマンションにも、父母が純粋に遊びにきたのと、結婚式のついでにというのと2回あった。
どっちも狭いんだけど、なんとかやりくりして泊まってもらった。
社宅のときなんか友達に布団借りてまでして泊めたなあ。
このマンションに来た時も、わたしたちが寝てる和室を空けて、夫はこの部屋、
わたしはまだ小さかった三男のベッドで三男と一緒に寝たもんなあ。
でも、やっぱりうちに泊まりたいだろうなって思ったし。
これが他人だったらホテルに泊まってもらうけど、親なんだから狭くても散らかっててもいいやっていうのもあったし。

とか思いながらも、やっぱり老いても子どもに面倒はかけたくないなと改めて思ったのでした。
福祉サービスなんかもうまく利用して、なるべく自活することを目指したい。



映画終わったらお昼過ぎてて、どこかでランチという約束だったんだけど、
夫が前から行きたがっていた西千葉のパスタのお店へ、わざわざ電車で。。。
ところが、なんと満席。そんなに人気あるんだ。
ってことで、仕方なく?千葉大横の壁の穴へ。気分はもうパスタだったし。
あ、ここもおいしいですよ。コック帽かぶった白髪のおじさまふたりが作ってくださる。



わたしはカキと小松菜のスープパスタ。
トマトクリーム味でピリ辛でちょと変わってた。あったまったしおいしかった。



夫はあさりとしめじのスープパスタ。あさりたっぷり。シェアしたけどこれもおいしい。

で、満足して、夕食の買い物して、帰途についたけど。
お店から駅までも遠いし、相当疲れた。

帰ったら3時近くて、少し休憩させてもらって、次男と車で買い物へ。

ショッピングモールのスポーツショップで、
研修の部屋着にする冬用のジャージ上下、ダウンジャケット、長靴下。
ニットキャップは気に入ったのがないってことで、ライトオンで。
モールの反対側までずーっと歩いて行って、ユニクロでヒートテックや普通の靴下。
タイツも必要なんだけど、もうほとんど品切れで白しかなくてさすがに白はねってことで、
スーパーの売り場の普通の下着コーナーで調達。
ユニクロじゃなくても、同じような品質で同じような値段でスーパーも出してるもんね。
冬物はもうどれも値下げされてて助かった~。
でも、なんだかんだで2万5000円くらい使ったなあ。
でも、値札チェックして、なるべく安いの、なるべく値下がりしてるのを選ぶところがいじらしい。
真っ黒のばっかり選ぶ次男。カラフルなのもかわいいのにな~。

帰宅したらもう6時近かった。
夕食はお好み焼きにしたけど、しんどかったのもあってわたしはほとんど食べず、
8時には寝ちゃいました。
昨日は歩数計13000歩台だったわ~。
今朝はやっと疲れが取れた。


今日はわたしは出かける用事ないんだよ~。ゆっくりしようっと。
でも、掃除くらいはしようっと。仕事もやんなきゃ、少ないけどね。
















コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ただいま積雪4センチ

2013-01-28 07:34:14 | いろいろ
夜が明けてから急に降りだしたwww

次男は1時限目休講だって。


寝坊したので更新遅れてます。
とりあえず弁当作ろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いい親の会でした。

2013-01-27 06:54:31 | いろいろ



昨夜は夫と家で飲み過ぎ・・・寝すぎて腰がだるいです(爆)。
その上、バランスボール乗りすぎて腹筋も痛い(金爆)。

録画見てる間とか、たぶん合計4時間くらい乗ってて、
しかも調子に乗って、床から足を離してバランス取ったりしてたので。
でも、ということは腹筋にちゃんと効いているということですね。
がんばろう。


昨日は朝だらだらして、午後から親の会へ。
長男たちはフリースペースだったし、
夫も午後からひとり遊び(=ひとりカラオケ)に出かけたので、次男ひとり家でまったり。


あ、午前中はレンタルしてた「キツツキと雨」を見ました。


『南極料理人』の沖田修一が監督を務めるヒューマン・ドラマ。下界から離れた山村で、木々を相手に仕事をする木こりの男と、人生の迷子になりかけている新人映画監督との心の交流を描く。子供の頃、父が買ったビデオカメラがきっかけで映画に夢中になり、老舗旅館を継がず監督になった幸一。「父は後悔しているかも」という幸一に、克彦は「自分が買ったビデオが息子の人生を変えたなんて、大喜びしてるよ」と励ますのだった。出演は、役所広司、小栗旬、高良健吾、臼田あさ美他。『南極料理人』に続き、人間社会から隔離された「山村」を舞台にしているが、小栗旬扮する新人監督の葛藤や克彦のセリフから、沖田監督自身の物語かもとニヤリ。

人里離れた山間の村。木こりの岸克彦(役所広司)は、早朝から仲間と山林に入り、木々を伐採して生計を立てていた。妻に先立たれ、今は息子の浩一(高良健吾)と2人暮らし。定職に就かずにふらふらしている浩一に、克彦は憤りを覚えていた。妻の三回忌はもうすぐ。ある朝、田舎道を行く克彦は、車が溝にはまって立ち往生している2人を発見する。ゾンビ映画の撮影にやってきた映画監督の田辺幸一(小栗旬)と鳥居(古舘寛治)だった。なりゆきから、2人を撮影現場まで案内することになった克彦は、そのままゾンビのメイクでエキストラ出演する羽目になる・・・。

(goo映画より)



誰がどこに書いていたかも忘れたんだけど、
役所さんの素晴らしさって何とも言えない「間」にあって、
それがよくわかるのがこの映画の冒頭って書いてたあったので、そういえば見てないなと思って。
確かに。。。でした。

とても好きな映画だった。
出会ったふたりが、出会うことによって少しずつ変わっていき、周囲の人をも変えていく。
南極料理人の監督なのね。あの映画もよかったよね。


で、親の会は珍しく世話人のSさんが風邪でお休み。
20数年、会をやってきて、休むのはなんと2回目っておっしゃってた。
で、心細かったんだけど、スタッフ的な仲間や常連さんたちでフォローしあって、
新しい方たちにも届く話ができたかなあと思います。

最近参加者が増えてきて、
しかも学齢期のお子さんを持つ方が多いので、同じ年頃の子どもを持つわたしとしてもうれしい。
講演会きっかけで来てくださった方、
シューレからの紹介で来てくださった方、色々だけど、
何かをつかもうとして、あるいはその糸口を感じて足を運んでくれた。
そのことだけでも、何も言わなくてもお子さんが感じるものはきっとあると思います。
あとは続けてきてくださることを期待するだけかなあ。
でも、無理強いすることはできないから、やっぱりお店を開けて待つだけだなあと思うけど。


今日は朝から夫と映画を見てきて、
午後からは次男と宿泊研修の買い物に行きます。
ジャージとかスキー用の下着とか靴下とかね。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ひとり遊びも楽し♪

2013-01-26 05:51:07 | 遊び・お出かけ



昨日は快晴で暖です、13度、とか天気予報では言っていたのに・・・ちょっと違ったぞ。
途中から曇ってきて、雨もちょっとパラパラ。寒かったし。。。出突っ張りだったオレのせいか?


というわけで、昨日は朝9時過ぎから出かけた。
何でかというと、次男の学校の金曜日にそれぞれが選んで受けている講座の発表会みたいなのがあって、
保護者も見に行っていいってことで、
近いし、フィットネスさえ休めば行けるしってことで、せっかくなので。
次男は前に出て発表するわけじゃない(流す映像には映ってたけど)って朝聞いたけど、
ま、そういうことより、学校のことを知りたいというのもあったし。

人前で話すのが上手な子、苦手な子、いろいろいたし、発表の仕方もいろいろだったけど、おもしろかった。
で、先生の指導もあるんだろうし、そういうソフトもあるんだろうけど、すごいちゃんとした映像をみんな作ってるんだよね。
時代が全然違うな~って思った。
わたしたちのころってせいぜい、サランラップみたいなのにマジックで書いて映すOHPっていうんだっけ?あれくらいだったもんね。
で、人前があまりにも恥ずかしいと笑っちゃう子って多いんだっていうのが興味深かった(笑)。


で、それは1時前くらいに終わり、どうせフィットネスには間に合わないし、
あとふた駅乗ればIKEAなんで、せっかくだし。。。と思って前日から行く計画にしてたの。
あそこには本も売ってないので、夫には興味のあるところじゃないので(笑)、
夫と行こうとすると年に1回くらいになってしまうので、そうだひとりで行けばいいんだと思って。

平日は空いてるし、タダで作れるファミリーカード見せればドリンクバー無料だし。
ひとりでぐるーっと見て回って超楽しかったです。
家具とか買う予定ならもっと楽しいんだろうけどな~。


昨日の戦利品は↓合計6000円くらい。単価が安いのでコストコほどは散財しない。
このほかに、食品コーナーで値下げされてたビール2本とジンジャークッキー、ブルーチーズ、75円の板チョコ3枚買った。



奥の右の方に見えるのはボディスポンジ3個組198円だったかな。
奥の真ん中の赤いのは、30回回すと90秒つく懐中電灯。
電池の上にあるのは、回転させると時計になったり温度計になったりタイマーになったりするやつ。
どれも298円とかなので、面白いと思うとつい買っちゃう。
花柄シリーズのシーツや鍋つかみやナプキン。
小さいサラダボウル1こだけと、フライ返し(78円とかだった)。
いつも買うジッパーつき袋や電池やフキン、椅子の脚の裏に貼るやつ。

前はセルフレジってなかったと思うんだけど、できてて誘導されちゃったので利用してきました。
ま、セルフレジはイオンで慣れてるしねえ。ここのはカードしか使えなかったけど。
車で行ってもたいして遠くないんだけど、なるべく運転したくないのと、
もっとたくさん買ってしまいそう(食器とか)なので予防のためにやめとく(爆)。


エンジョイしすぎて、帰宅したらもう4時でした。1万歩近く歩いてた。
子どもたちのお昼は用意してたけど、次男は案の定お友達と食べて帰ったそう。


今日は親の会です。最高気温5度とか言ってたなあ~(=_=)

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

お腹、空いてたから…

2013-01-25 14:08:56 | いろいろ
ちょっと取りすぎた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひさびさ~♪

2013-01-25 13:32:52 | いろいろ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルーティンな一日

2013-01-25 05:32:56 | いろいろ

昨日は夫が出かけるときはまだ雨降っていたけど、
次男が出る頃にはもうやんでたな。
急速に回復して、わたしが午後から出るときには晴れてました。
今日は東北・近畿などは雪だとか?関東は晴れみたいだけど。


昨日もいつも通りの1日で、
出払ったけど掃除もろくにせず、仕事は片付けてフィットネス行っただけ。
帰省のことで実家に電話したら、母が出た。
父は出かけているの?っていう質問がなかなか伝わらず、
「え?ばあちゃん?(とうに亡くなっている祖母のこと)」とか。
やっと伝わって、父は歯医者に行ってるとかで、またこちらからかけるっていうことで切ったけど。
ちゃんと父には伝わったみたいで、わりとすぐに電話がかかってきた。

でもまあ、いっときは電話にでる気もまったくなかったので、
出る意欲があるだけいいのかなあ。
母のことはちゃんと伝えてない人も多いみたいだから、
電話かけてくる人によっては驚くかもしれないけど。
でもまあ、それもまた仕方ないかなあと思う。


大阪の高校のことが相変わらずマスコミをにぎわせているけど、
市長のやってることはやはり違うと思う。
罰を与えれば、表面上は改善されるのかもしれないけど、
心から変わったかどうかはまた別の問題で。
体罰と同じことだよね。
本当にその学校の体質を変えたいのなら、別の方法があると思う。
もちろん、暴行は犯罪だからそれをした人は処罰されるべきだと思うけど。


バランスボールは(急に話題変えるけど)、
今のとこ、子どもたちも代わる代わる乗っていて人気です(笑)。



あ、そうそう、明日は親の会です。わたしも参加します。
お近くの方がいたらぜひ。


【千葉休もう会例会】
日時:2013年1月26(土) 13時半~17時  

場所:千葉市中央コミュニティセンター6階6サークル室(旧66サークル室)
    (JR千葉みなと駅より徒歩5分、千葉都市モノレール市役所前駅よりすぐ)

参加費:300円


不登校・ひきこもりのお子さんを持つ保護者の方ならどなたでも参加できます。
お問い合わせ:043-460-1335(世話人 下村) 
あるいは、nonnon1230@goo.jpまでメールいただいても結構です(のんのんがお返事いたします)。

 




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加