なるようになる。

長男の不登校がきっかけて始めたブログも、もう14年目に。なんかわたし、ますます忙しく、そしてますます元気になってるなあ。

人は癒されなければならないのか?

2012-09-30 08:27:17 | いろいろ


昨日、わたしが通っている親の会「千葉休もう会」の世話人Sさんから「休もう通信」が届きました。

彼女は今はもう30歳を過ぎている息子さん(現在大学院生)が小2で不登校になったときに立ち上げた親の会を、
だからもう25年以上も続けていて(当時住んでいた千葉市と、移り住んだ佐倉市の両方で)
ひとりで出している通信(編集などは手伝ってもらったりしてるけど)もなんと今回で第258号だそうです。
前にも書いたと思うけど、会にはなかなか足を運べなくても、
年会費を払って通信を楽しみにしてらっしゃる方がたくさんおられるのです。


で、今回の通信に大阪に住んでいらっしゃる認知症ぎみのお母様のところに最近帰省されてたときのことを書かれていて、
お母さんが子どもときから抱いているコンプレックスに触れられていました。
で、その最後の方の文章ですが(転載の許可をいただいたので)ご紹介します。

----------------------------------------------------------------


もう一つ母と過ごして考えた事は、誤解を招く言い方になりますが「人は癒されなければならないのか?」という問いです。

母は癒されないままずっと劣等感を引きずってきた人です。でも母なりに生きてきた。その人生に「だからダメなんだ」とは言いたくない。辛かっただろうけど「よく生きていたね」と言いたい。

本人が自分と向き合う中で自分と折り合いをつけていく、というのは生きるために必要なこと。

傷ついた人が癒されるにこしたことはないでしょう。でも社会が本人に回復を求めてしまう事ってないだろうか? 私も母に「いつまでも気にするな」と言ってきました。傷ついた人に更に「あなたは回復すべきである」という責任を負わせていないだろうか?

高橋りりすさん(性虐待の被害当事者で活動家)は「癒されない権利もある」と述べていました。

癒されていようがいまいが、その人はそのままで尊重されてしかるべきなのだと思います。

----------------------------------------------------------------


昨日、草間さんの番組を見てわたしが書いたこと(幸せにならなければならないのか?)
そしてu-たんさんがコメントしてくれたこと(ある日突然そういうものから解放されるなんて無く、そういうものも実存して彼女なのだと。)
とリンクすることだったので、余計にうならされました。





コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

上質なドキュメンタリーでした

2012-09-30 07:52:23 | いろいろ

 

5時頃やっと起きて、今日まりもちゃんに渡すものをなんやかんやしたり、
7時からは次男と宇宙兄弟見てたりしたら遅くなってしまった。。。

今はまだこっちは晴れてます。
荒れてくるのは夜からか。。。わたしが帰宅するまでは、なんとか電車止まらないでほしいけど。
出かける前にベランダの片付けとかはしておいた方がいいんだろうな。
昨日の洗濯物がまだ乾いてなくて、出かけるまでに乾いたとして、今日の分はどうしよう。。。
洗濯機だけしかけといて、お風呂場に干してもらうかなって感じです。
カレーも作らなきゃ。


ベランダと言えば、先日買ってきた桔梗が次々咲いていて綺麗です。




昨日は。。。あ、そうそう、例のこれをさっそく夫と見てきたんだよ。




公式サイト↓
http://chihiro-eiga.jp/


千葉劇場の招待券をネットで落としたのはいいんだけど、
9月末有効期限(もちろんわかってて落としたんだけど)なので昨日しかなくて。
夫が行かないなら、わたしだけでもいいと思ってた。
2枚で1000円だったからね。1枚無駄にしてもお得。

ドキュメンタリーってどういう感じになるのかなって思ってたけど、
再現ドラマ風なのはなくて(ないのがよかった)、
残された絵といろいろな資料と、
あと彼女のご主人と息子さんはもちろん、
生前交流のあった画家、編集者などのインタビューで構成されていて、
加賀美さんの落ち着いたナレーションがまたすごくよくて、
とてもクオリティの高い作品でした。
『戦火の中の子どもたち』の制作過程なんかのとこではちょっと涙してしまいました。
封切り初日の朝イチの回だったけど、お客さんかなり多かった、
年配の方ばかりでした。すすり泣いている方もいらっしゃった。

ちひろさんについては多少知識があるものの、
絵本画家の著作権運動のことなどよく知らなくて、
当時は絵本の挿絵は渡してしまえばどう使われようと作者には文句も言えず、
原画が返却されることもなかった。
先頭に立って著作権を主張したのが彼女で、
今でこそ当たり前になっていることも彼女のおかげ、
そして彼女の作品を今、わたしたちが見られるのもそのおかげだということを知りました。

「ほわっとした人だと思ってたけど、激しい人だったんだね」
「よく子どもを両親に預けたね」と夫。

再婚相手は司法試験の勉強中で収入がなく、
家計を支えるためには子どもを遠く長野の両親に預けて働くしかなかった。
乳飲み子を手元に置けないなんて、どんなに辛かっただろうと思うけど仕方なかったんだろうね。
お金ができるとすぐに、8時間の汽車、1時間の電車、そこから徒歩40分だったかな、
子どもに会いに行ったそうです。



検査前で食事制限があるので、夫が食べられるものをと丸亀うどん。
夫はざるうどんで足りなくて、かけうどんも食べてた。
わたしは例の明太釜玉とかしわ天。あ、でもちょっともう飽きたかも(笑)。

昨日は妙に蒸し暑くて、帰りに三越でいつものコーンパンや食材買って帰ったら
(あ、夫に本屋にも寄らされた)ぐったり疲れて帰って爆睡。
夕食はお好み焼き(夫には具なし)でした。


さ、今日はせくしー未來くんと、まりもちゃんとのおしゃべりを楽しんできます。
あ、初ダイバーシティーも。
お天気が心配だから、早めに帰ってくるけどね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

草間さんのNHKスペシャル見ました

2012-09-29 05:36:48 | いろいろ




「ピカソもウォーホールも出し抜いてトップに行きたい」
「私は天才」「私はすばらしい」
と豪語する草間さんが、精神科の患者として狭い病室で暮らしているとは知らなかった。
自分の作品に囲まれて豪邸に住んでるんだと思ってた。
今でも毎日、自殺の恐怖に怯えているとは知らなかった。
出かけるのも怖い。病室とアトリエの往復だけの毎日。
絵を描いてなかったらとっくに自殺していたと言う彼女。

彼女は幸せなのか。幸せって何なのか。
そもそも、人は幸せじゃないといけないのか。
生きるってどういうことなのか。

生きるために生きるんだよ、っていう長男の言葉も思い出す。


それにしても、かつてはその前衛的な表現が理解されず、
ニューヨークでも、そしてもちろん日本でもひどいバッシングを受けた彼女が、
今では世界中でもてはやされている。
人の評価っていう当てにならないもの、
でもそれに振り回されてしまう人間。
理不尽だなあっていつも感じる。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

台風近づいてますね

2012-09-29 03:51:13 | いろいろ



アレッポの石鹸を洗顔用に、次男と共用してるのだけど、
ほんの少しになって使いにくいので捨てて新しいのを出してたら、
さっき見たら、次男が拾って戻してました。。。

マヨネーズのチューブとかも最後の一滴まで使わないと許さない次男、
わたしはバレないときは面倒でこっそり捨てたりしてるけど(爆)。
誰に似たんだろう~。ま、いいことなんだけど。
自分とは似ても似つかないので不思議です。

昨日は一日中しとしと雨。
フィットネスは車だし、いつもイ○ンの駐車場に停めさせもらって帰りに買い物して帰るんだけど、
駐車場からフィットネスもお店もすぐなので(そのうちやむだろうと踏んで)傘を車に置いたままにしてたので
しっかり全部濡れて歩いた感じでした。ま、たいした雨じゃなかったけど。
それも持ち歩くのめんどくさいんだよね~。

夕方、三男の中学の担任がこられた。玄関先で話すだけだけど。
夏休み中、ちょうどフリースペースの日に来られてわたしだけで応対したので
(事前に電話はあったんだけど、その日しか先生都合つかなかったみたいで)、
三男と会うのは久しぶり。

フリースペースでいろいろ出かけた話をしたり。
背が高くなったねえ、なんて言われたり。
次男が中3のときの学年主任だった(といっても次男と面識もないけど)ので、次男の話にもなったり。
わたしと同年輩の女性ですが、さばさばしててでも温かい感じで話しやすいです。

三男のことも、学校来てなくても自分のクラスの子という目線でいてくれて、
クラスでも三男の話をしたりするらしい。今、こんなことしてるとか。
クラスの子も顔も知らない三男のことを「○○ちゃん」と呼んで、気にかけてくれているようです。
その話を聞いて嫌な感じはしなくて、むしろうれしい気がしました。
三男は戸惑っただけかもしれないけど。

同じように気にしてくれるのでも、「学校においでよ」みたいな手紙を先生が書かせて、
みたいなのはすごく当惑する。
でもこういうのは嫌じゃないなと思ったのでした。

その話が聞こえてきたらしく、
次男が顔を出してきて「○○ちゃんて呼ばれてるんですか?」って先生に話しかけてた
(自分の高校での呼ばれ方と一緒だったので)。
それにもちょっとびっくりしました。
こういうときに、自分から出てきて話をするようなことは絶対なかったのに。
彼もコミュニケーションに自信が出てきたのでしょう。

以前は兄弟とさえ距離を置いていたという次男、
昨日は三人で川の字になって寝そべってDSやってました。
もうそれを見るだけでうれしいわたしです。


昨晩は夫が検査前で食べてはいけない食品
(繊維などが腸に残りやすいもの)の一覧を避けて作ったのが、
メカジキのピカタ、肉豆腐、ジャーマンポテト。
ジャーマンポテトって味付けはなんだっけ?って思って慌ててくっくぱっどしたら、
塩コショウにんにくだけのもあったし、マヨネーズを少し入れるのも。
マヨネーズを入れたらおいしかったです。

今日からは彼はお豆腐、うどん、りんご、食パン、バナナ、プリンとかしかダメなので、
一緒にお酒も飲めないのはつまんないけど、楽は楽(金爆)。

 あ、そういうえば、昨日使うんじゃなかったけど、買ったはずの鶏肉が帰ったらない。。。
セルフレジでピッとやって袋に入れたのは覚えている。どこで落としたんだろう。
車にもなかったし、車の周辺にも。
マンションのフロントでも聞いたけど拾われてもなかった(ちょっと苦笑された)。
お店で落としたのかなあ。いろんなものがなくなるよね。。。
200円台だったし、しばらく行けないし、まあもう問い合わせるのはいいか。


次の台風が明日夜からあさってにかけて関東直撃らしく。
明日の昼、未來くんの舞台なんだけど。。。無事行けるんだろうか。
さっさと帰ってこなきゃね。








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

貴重なテニス日和♪

2012-09-28 04:19:49 | 遊び・お出かけ



さすがに長袖パジャマにして竹シーツもどかしたけど、やっぱり寒かった。
夏布団のままだったからなあ。
今夜からはしっかり冬布団を着よう。


台風が思ったより遠くを通っているせいか、
さっき起きたらしとしと雨が降っているけど、昨日の日中は降らず。
午後からかなり風は強かったけど、午前中テニスは無事できました。
暑くもなく寒くもないっていう時期は短いから、貴重なテニス日和。
わたし3ヶ月ぶりくらいだなあと思ったけど、みんなそうだった(笑)。
ずっと暑かったり、子どもが夏休みだったりして全然なかったのです。
で、昨日は10人集まって盛況だった。
来月はわたしもまず2週間は行けないし(合宿の買い出し、三男の手術の日)。
3週目は三男退院してるだろうから行けるかな。
ま、入院中でも退院の日でなければ、毎日、必要なものを持って見舞うだけで、
あまり長時間いるわけじゃないんだけどね。
4年前、小学3年生で手術したときも、
「あ、別に用が済んだら帰っていいよ」って感じで、なんだかこっちが寂しかったものでした(笑)。


テニス、わたし的にはボレーも何度か決まったりして十分満足。
相変わらずみんなも優しいし。
平均年齢どんどん下がってくんだけど、それでも暖かくわたしのことも仲間に入れてくれてありがたいことです。
千葉に引っ越してきた時から知っている人たちの中には、
もう10年のお付き合いの人もいる(あ、広島時代から一緒の人もいるけど)けど、
子どもの幼稚園が同じ、でも歳は10歳近く違う(わたしは結婚も出産も30過ぎてからだったから)っていう人たちも気がついたら40歳近く。
スリムだった人たちもぽっちゃりしてきたり、あちこち痛いと言い出したり。。。
あっという間に10年たったんだなあと思います。
社宅では楽しいこと、嫌なこと、いろいろあったけど、でも子どもの小さい頃を大勢の人たちと共有した、いい思い出です。


テニスで通っている社宅は、いろんな会社の社宅が集まった小高い丘なんだけど、
どんどん社宅も取り壊されて住宅地として分譲されている。
うちの会社の社宅もいずれそうなるんだろうなあという感じです。もう築50年以上だし。

あ、レンタルしてきた「運命じゃない人」見ました。
冒頭のシーン、見たことがある気がする。
で、自分のブログ検索したら、あずりんさんにおすすめされてちゃんと見てました。
でもやっぱりほとんど覚えてないんだよね~新鮮な気持ちで見ちゃった。
その後の作品に比べるとそこまで凝ってないけど、でもやっぱりよくできてた。
また何年後かにまたこれも見返すことになりそう。

今日はフィットネスです。DVDも返してこよう。

夫は1日が会社の創立記念日でお休みなんだけど、その日に1年ぶりに大腸の内視鏡検査をするという。。。
そう、1年前、検診でひっかかって検査をしたらポリープと、あと自民党新総裁と同じ病気。
ポリープはその場で切除し、大腸炎の方は治らない病気ということで薬を飲み続けている。
しかも、難病指定で医療費の補助があるはずなのに、軽度ということで認められず。
毎月、結構な薬代がかかっています。
今回も検査の3日前から食事制限があって、、またポリープ切除したらそこから1週間くらいは食事制限。
繊維とか油とか刺激物とかダメだから、食パン、うどん、バナナ、みたいな生活です。かわいそうに。
たまにはそういのもいいかもしれん、と本人は言ってますが。

あ、最近夫は元気がないのです。
久々に先日、朝から相談されました。もちろん仕事のこと。
ていうか、部下の女性(若くはない)のことです。
それに仕事が絡んでくるからいろいろ大変そうなんだけど。
詳しくは書かないけれど~うーん、いろんな人がいるんだなってことで。
何と声をかければいいかわかんないいよ。


あ、長男・三男は無事スケート行ってきました。
それなりに滑れたみたいです。
また新しいことを経験したね。








コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

本格的に秋かもしれない

2012-09-27 05:01:14 | いろいろ

 2467歩


家族には長袖パジャマを出したものの、
自分はまだ半袖で竹シーツも敷いたままだけど。。。
さすがにそろそろ寒いかも。
窓はしっかり閉めて寝てるのだけど。


というわけで、今日雨が降り出すのは午後からみたいなんでテニスできそう。
ちょっと予定外だったな(笑)。
ま、たぶん3ヶ月ぶくらいだし、頑張って行ってこようと思います。

あ、昨日フィットネスの帰りに久々にツタヤを覗いたら「運命じゃない人」があった。
旧作100円になったしね~ラッキー。


昨日は1週間ぶりの答案を頑張ってたら、また猛烈にだるくなり午前中1時間寝てしまった。
生協さん来て目が覚めたけど動けず、長男が受け取ってしまってくれました。
起きてからの時間から考えて、わたしのこの朝寝ってたぶん昼寝に相当するんだろうな、なんて思いつつ。


夏休みが明けて4週間ほど。
やっぱりつらい思いで登校してるコも相変わらず多いんだろうな。

今回のネモ通信を読んでいて、
編集にかかわってくれているのはいずれも不登校経験のある若い人たちなんだけど、
編集後記を読んでいいなって思ったので転載しちゃいます。

もちろんわたしたちは学校を否定しているわけではない。
でも、辛い思いをして、自分を押し殺してまで行かないといけないところではないと思っています。


◆毎年、学校に行きたくない子が苦しむ夏休み明け。学校に行かなくても大丈夫生きていける、あなたの価値は行かなくても何も変わらない、かけがえの無い大切な存在だよと伝えたいです。

◆いやー、終わっちゃいましたね夏休み。学校には行きたくないけど、まだ「私は一生学校に行きません宣言」を済ませていない不登校っ子には厳しい時期です。周りの大人は「今がチャンス」とか思って無茶をしないでくださいね!子どもに恨まれますよ!



長男と三男は今日、フリースペースで人生初のスケート場(笑)。
次男も昨年度、フリースクールから人生初で行ったんだけど、なんとか滑れるようになったらしい。
家族の中ではまだ次男が一番運動神経ましだからな。。。

次男は職員会議で学校お休み(なんかゆるいな=)。
ま、今週はクラスも変わって緊張してることだし、今日はまったりしてくださいって感じです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ネモ通信52号発行♪

2012-09-26 04:29:15 | 不登校とその後

 5503歩

おとといの反動か、昨日の午前中はだるくて何もする気が起きず、
お布団と仲良くしてたり、録画見たり。
BSのてっぺいくんの医者のドラマ見た。
彼は表裏なく何にでも真摯に向き合う感じなのが好き。
うめちゃんのお兄さんの奥さん役の人、いろいろ出てるね。
彼女のちょっと冷めた感じも好き。
うめちゃんももうすぐ終わるね~。とうりくんも好きだったよ。


やっと気を取り直して3人でラーメン食べて、午後から通信発送へ。
たくさん人が来てくれて短時間で終わったので、わたしもお茶して帰る時間がありました。
4時には出ないと夕食作れないので。



最新号です♪
入会していただければ隔月で届きます。
あと、会員には各種イベント参加割引があったりします。
また、ほぼ会費だけで運営しているネモを支援していだくという意味も大きいです。


合宿が締め切り後に人が増えて
(っていうか、振替口座の場合、入金は数日後に郵便で届くのでリアルタイムでわからない。
 今の時代、あれなんとかならないのかなあ~)、
部屋割りに頭を悩ませていたけど、それも理事長が来てくれて相談して解決。
10畳に5人って書いてあるけど、考えてみたらもっと寝られるよね~って思って。
部屋割りも決まったので(もう増えないかな。。。締め切り後に振り込む人もいたりするので)、
当日資料を少しずつ作らないとな。

今日はフィットネスも行ってきます。
明日はやっとテニスと思ったら、台風来てるのね~



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ひとり遊び6時間

2012-09-25 05:53:02 | 遊び・お出かけ

 12501歩


昨日は日差しは強く気温も上がったけど、やっぱり空気はもう秋。
湿度が違うよね。日陰だととても楽でした。

家族全員出払ったので、わたしも10時すぎくらいに家を出て、
コミセンで部屋取り→コミセンの図書館→郵便局→市美術館へ。
ところが、美術館に行く途中で千葉劇場(ミニシアター系の映画館)を見かけ、
ああ、そういえばここの存在を最近忘れてたなあと思って近寄ってみると、
ちょうどいい時間に始まる映画がある。
ポスター見たらなかなかよさそう。

この映画は金曜日までだというし、美術展はまだ先まであるしということで、
急遽映画に変更~。普通料金の日なのはちょっと悔しかったけど。
この辺の切り替えはわたし、ものすごく得意です。




http://www.kilimanjaronoyuki.jp/

フランス・マルセイユの港町を舞台に、人に対する思いやりや助け合いの精神の重要さを描いたドラマ。フランスの文豪ヴィクトル・ユーゴーの長編詩をモチーフに、思わぬ犯罪に巻き込まれた熟年夫婦が失意や怒りを感じながらも、ある決断を下すまでを描く。監督は、『マルセイユの恋』のロベール・ゲディギャン。キャストにはアリアンヌ・アスカリッド、ジャン=ピエール・ダルッサン、ジェラール・メイランらゲディギャン監督作『幼なじみ』のキャストが再集結。世界的な不況が叫ばれる昨今、人間の持つ優しさや慈しみの大切さが胸にしみる。

結婚30周年を迎えた熟年夫婦ミシェル(ジャン=ピエール・ダルッサン)とマリ=クレール(アリアンヌ・アスカリッド)は、キリマンジャロへの記念旅行を前に強盗に押し入られてしまう。その犯人はミシェルと一緒に職場をリストラされた青年で、労働組合委員長として仲間と連帯してきたと信じてきたミシェルはショックを受ける。しかし、犯人が幼い弟2人を養い、借金と生活が困窮していた状況下でのやむを得ない犯行だったことが判明し……。

(Yahoo映画より)


しみじみ感動する佳作でした。
見てよかったわ。
小さいとこだけど、結構人入ってました。
県内ではここしかやってないからね。

違う時間にはこれもやっていて面白そう↓




あと、安曇野のちひろ美術館でポスター見たこれも、土曜日からやるんだ~。
これはぜひみたいわ↓





というわけで、割引券などネットで落とせないかしら思ってさっそく出先でスマホを見てたら(水曜日はなかなか行けないので)、
ペア招待券があったのでさっそく落としてしまいました。
出先で振込まで済ませて、もう発送してもらってしまったわ。
週末に夫とどちらかに行けたらな~。


というわけで、今月は映画館で7本も映画を見てしまった。いかに暇かってことですね。
で、遅いお昼はこれもたまたま見かけたここへ。
http://tabelog.com/chiba/A1201/A120101/12025986/
スンドゥブにしたけど安くておいしかった。




夜も行ってみたいかも。

で、この時点でまだ美術館に行く時間はなくはなかったけど結構疲れてたし、
次の機会にということで、
前にそごうで買い物した時にもらっていた、鶴太郎さんの個展の招待券を思い出してこれだけ寄って帰った。
彼の絵は以前にもどこかで見たことがあるけど、
わたしが偉そうに言うことでもないけど、以前はうまいけどなんかどこかで見た感じ(絵手紙展とか)だったのが、
個性が出てきてる感じがしました。

絵葉書買うまでには至らなかったけど、なかなかよかったです。
椿の絵が多かったけど椿好きだし。



で、帰り道、ドコモショップの前で「ご自由にどうぞ」と書いてあったので(お客さんに配ったのが余ったのだろうね)
コスモスを2本いただいたり、



コミセンの中のお店の前では古本50円入れてお取りくださいってとこで、くらもちさんの漫画をゲットしたり。



とっても楽しかったひとり遊びでした。帰宅したら4時。

行き当たりばったりのこういうのは大好き。
あ、16号線の歩道橋から見た空が綺麗だった。



奈良にはかなわないけど、千葉の空も結構広いよ、だ~りん♪なんて思ったりして。


今日は午後からネモ通信発送。
http://nponemo.net/
どなたでも参加できます。
おしゃべりしながらの簡単な作業。
不登校・ひきこもり経験者の若い方もこられます。
親の会や当事者の会より参加しやすいかも。事前連絡不要です。



あ、昨日から新しいクラスに行った次男、大丈夫そうだそうです。
長男はフリフェス会議に出て9時近くに帰ってきました。
東京駅で乗り換えたのは初めてだったみたいで、
京葉線乗り換えの遠さに辟易してた(笑)。
わたしはもう慣れちゃったけど。


コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

あら、またおそろ~♪

2012-09-24 09:11:50 | いろいろ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

1日大雨だった・・・

2012-09-24 04:35:33 | いろいろ

 7654歩


昨日は一日雨。22度。
風もあったので、傘さしててもびしょ濡れでした。
今日はまた29度に戻るんだってね~。

家族みんな、出かける用事がなくてくつろぐ中、
わたしだけ理事会で朝イチから。
最近はお昼は用意しとかなくても、夫がなんとかしてくれる
(ざるそばとかそんなもんだけど)ので助かる。

理事会、さくさくといろいろ決まって有意義でした。
合宿のことも、だいたい決まることは決まって。
お昼買いに行って食べてから、
部屋割りして、あとちょっと残っていた話し合いとかして、3時頃帰宅。

たっぷり寝てたのになんだか疲れていて、
帰りの電車ですでにうとうとして乗り過ごしそうになるし、
帰ってから1時間爆睡。
やっとちょっと気力を取り戻して、冷蔵庫におかずになりそうなものがあんまりなかったので、
夫に付き合ってもらって大雨の中、近くのスーパーに買い物に行って手巻き寿司。
夜も8時から寝ちゃった。


さっき、アフタースクールのDVD見終わりました。
何年か前にやっぱりレンタルして見たはずなのに、全然覚えてない。
最後まで見て、そういうことか~って唸って、
また最初をちょっと見直して、そういうことだったのか~って。
前も同じことをした気がする。
何年か後にまた同じことをしそう(笑)。

あ、寝る前にユーミンが草間さんを訪ねた番組だけ見ました。
草間さんが幻覚などに苦しんで、そこからあのアートが生まれたのだということは何かで読んで知ってたけど、
あずりんさんも書いてたけどわたしも動く彼女をちゃんと見たのは初めてで
(テレビでちらっとは見たことがあったけど)、
生い立ちなんかも初めて詳しく知った。
種苗業を営む旧家に生まれて、芸術家になることは反対されて、アメリカに飛び出して行っちゃったそうですね。


80歳になっても少女そのままのような方でしたね。
ほんとに10歳くらいの女の子を見てるみたいだった。
存在それ自体が表現、みたいなことをユーミンも言っていたけど、
生きていくためのやむにやまれぬ思いでの表現、そのヒリヒリとする痛み、でもどこまでもピュアな魂、
ユーミンが彼女の手を取って、心をこめて守ってあげたいを歌ったとこ、
わたしも涙が出ました。

彼女のアートは好きで、MoMAショップの彼女のグッズも買おうかなと思ったくらいだけど
(ちょっと高かったのでそのときはやめたけど)。
松本の美術館ではいつも見られるのかな。
機会があったら。今度はぜひ見に行きたいです。


今日はみんな出払う日。弁当3つ作らなきゃ。
長男は理事長のUくんに連れられて、
フリースペースの帰りに全国フリースクールフェスティバル
http://www.freeschoolnetwork.jp/festival/top.html
の打ち合わせに行ってくるそうな。
↑このサイトにも書いてあるけど、千葉でもネモがフリフェスをやります。
11月17日です。
場所はフリースペースとそのすぐ裏にある公園。
わたしたち親チームもかかわります。
またご案内しますね~。

で、次男は今週から毎日通学するクラスにお試しで入って、
問題なければ来月からそちらに移籍することになるそうです。
子どもたちもそれぞれに少しずつ世界を広げつつあります。


わたしは。。。合宿の当日資料とか作りつつ、今週も基本的には暇。
今日は親の会の部屋取りに行ったあと、その足で千葉市美術館に散歩がてら行ってこようかと。
これ、昨年も見たんだけどすごくよかったんだよね。
http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2012/0908/0908.html


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加