なるようになる。

長男の不登校がきっかけて始めたブログも、もう13年目に。やっぱり「なるようになる」という気持ちは変わりません。

2016社会と教育の多様性を考える 連続学習会と「教育機会確保法案」の反対集会のお知らせ(しばらくトップに上げさせていただきます)

2016-10-21 06:16:41 | 不登校とその後

以下の学習会と反対集会、いずれも参議院議員会館内で行います。
ご興味のある方はぜひ!

-----------------------------------------------------------

急激に進行するグローバリゼーションの中で、多くの国民の暮らしにはかつてないひずみが重なり、困難が生み出されています。社会的に弱い立場にある子どもたちは、貧困、虐待、過 度に競争的な教育、自己肯定感の低下など、より厳しい状況に取り巻かれています。

私たちには、これまでの議論の枠組み自体を仕切り直し、新たな社会展望を描くことが必要になっています。

とりわけ経済の効率・成長を優先する政策・制度改革の世界的動向にあって、社会はますます緊張を強めています。具体的には、家族、学校、企業、福祉など、あらゆる組織で資源や権 限、機会など、いかなる社会が公正なのかは論争的なテーマとなっています。そこで、私たちの学習会は、これら現実をじっくり構造的に把握することを目指します。

状況を課題整理し、すぐに制度・政策づくりに結ぶことは控え、これまでの社会や教育のあり様を問い直していこうと思います。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

教育の機会の平等とは何か

~不登校の救済と支援をめぐって~

報告者  金井利之(東京大学)

10 月 20日(木) 参議院議員会館会議室 B102 17:30~

 

 ------------------------------------------------------------------------------------------------------

STOP! 教育機会確保法案 10・26 院内集会

話題提供者 池田賢市(中央大学)・金井利之(東京大学)ほか

10 月 26日(水) 参議院議員会館会議室 B109 17:30~19:30

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------

教育と子どもと法(仮)

報告者 石井小夜子(弁護士)

11 月 10日(木) 参議院議員会館会議室 B102 17:30~


----------------------------------------------------------------------------------------------------------

※いずれも参議院議員会館の玄関を入ったところで通行証をお渡しします。
主催/子ども・教育・文化を考える会

連絡先/ itou-ikefukurou@i.softbank.jp

090-2672-8435             (伊藤書佳)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------

↓はすでに終了しましたが、当日資料のレジュメが公開されています。

義務教育とは何か? 「教育のグローバル化」の真実とは? そして「教育機会確保法案」の問題点とは?
とても明確で納得のいく内容です。

10月 12日(水)参議院議員会館会議室 

一人ひとりの能力を伸ばす教育は社会に何をもたらすか

―グローバル化する世界の教育状況と日本の「学習機会の多様化」をめぐって

池田賢市(中央大学)

161012院内学習会池田レジュメ.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 446.1 KB
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リンネル12月号 | トップ | 人生二度目の歌舞伎は様式美... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む