母子が戦火を逃れて川を渡る様子をとらえた「安全への逃避」。この写真でピュリツァー賞を受賞したカメラマン、沢田教一は、ベトナム戦争での米軍への同行取材を通して輝かしいキャリアを築きました。世界報道写真コンテスト2年連続大賞やロバート・キャパ賞受賞など、高く評価された沢田の写真は、凄惨な戦争の姿を広く世に伝えています。

前線に立ち続け、戦争の核心に迫った沢田は、34歳で殉職しました。傷つき疲弊した兵士や逃げまどう市民の表情など、沢田の眼差しがとらえた人々の姿は、戦争の理不尽さをより際立たせています。本展では、有名な戦場写真に加え、故郷・青森の風景や東南アジアの人々の表情と生活を切り取った写真も併せて展示し、沢田の人物像を浮かび上がらせます。

沢田の妻・サタさんの全面協力の下、沢田のカメラマンとしての生涯を語る150点以上の作品を紹介する今回の展示。新たに収録したインタビューも加え、関係者の言葉も交えて業績を振り返ります。

■「写真家 沢田教一展 ――その視線の先に」

■会期:2017年8月16日(水)から28日(月)

■会場:日本橋高島屋 8階ホール(東京・日本橋)

■開館時間:午前10時30分~午後7時30分 (最終日は午後6時まで。入場は閉場の30分前まで)

--------------------------------------------------------------------------------------
もっと小じんまりしたものかと思ったら、かなり広い会場で、人もたくさんでびっくりするくらいでした。
関心高い人やはり多いんだね。

わたしもお名前とピュリツァー賞を撮った写真くらいは知っていたけど。
青森の貧しい家に生まれて、母子の姿など人々の暮らしに目を向けた写真を好み、
写真館の娘の11歳年上のサタと結婚し、UPI通信社に所属して写真も注目され安定した立場を約束されていたのに、
戦場に向かう気持ちを抑えきれず、妻とともにサイゴンで暮らすように。
将来的にはアメリカに住んで、ナショナル・ジオグラフィック社に所属して世界の美しい風景の写真を撮りたいと言っていた彼が、
カンボジアで狙撃されて34歳で死去。

写真の川の中の家族は沢田に助けられ、当時の少女が生き延びていて、彼への感謝を映像で伝えていました。
サタさんは今もお元気で、昨年、サイゴンを訪れた映像も。

ベトナム戦争のときの写真や資料が豊富にあって、
国どうしの思惑に振り回される、何の非もない住民たちや、駆り出される若い兵士たちや……
ほんとうにやりきれない思いになった。

とても疲れたので、7階の梅園で甘いものを食べて。



わたしはきびぜんざいというものを頼んでみた。
きびで作った柔らかいお餅に熱々のあんこが乗ってる。おいしかった。


そして地下鉄2駅乗って銀座へ。

前にu-たんさんとGINZA SIX見学したときに、地下3階に能楽堂があって、
いつか行ってみたいと思っていたらこんな催しを知ったので、
能を見たこともないし、知識も全然ないわたしたちにはいいかなと思ってチケット取ってた。





公演画像

日本の伝統とも言える“能”と、“3D映像演出”がコラボレーションした『スペクタクル3D能「平家物語」』が2017年8月19日(土)に観世能楽堂にて上演される。演出は『幽玄』に映像演出で参加し、舞台『ペルソナ』シリーズや舞台『攻殻機動隊ARISE』の演出を手がけた映画監督・奥秀太郎。3D映像技術は、明治大学総合数理学部福地研究室が担当する。観世流能楽師・坂口貴信が出演する本舞台では、伝統的な能と最先端の映像技術を高度な次元で融合させ、全く新しいエンターテインメントを作り出す。


平家物語から有名な場面を2つやるということで、
背景の説明もあったし、3Dメガネをかけて見るんだけどすばらしい映像でした。
ただ演奏が生じゃなくて録音だったのが残念だったけど。
まあ映像との兼ね合いもあるのかな。

場面はだいたいわかったけど、歌舞伎と違って何を言ってるかがよくわからない。
知識もないしっていうのが残念で、もうちょっと勉強してからちゃんとしたやつを見に行きたいかなと思った。

まあいい経験でした。

開演前にGINZA SIXの中もウロウロして、屋上庭園にも行ったし。

帰りはまた日本橋に戻って(銀座のお店はどこも高そうだし)、
前に行ってよかった三井のビルの地下の鶏肉料理のお店に。



お腹も空いていたしおいしかったわ。

なんとか寝過ごさずに帰宅。午前様でした。