なるようになる。

長男の不登校がきっかけて始めたブログも、もう14年目に。なんかわたし、ますます忙しく、そしてますます元気になってるなあ。

雪もすっかり溶けて。

2018-01-24 05:46:16 | 映画・本・音楽・美術



http://gooddo.jp/gd/group/nponemo/


今週もグッドゥでNPO法人 ネモ ちば不登校・ひきこもりネットワーク(通称ネモネット)を応援お願いします


↑このページにある「応援する」をクリックしてもらえると
そのときによって20~1000ポイントが加算され
一週間(月から日で集計)で最大30000ポイント=3000円の支援金がネモに贈られます
いただいた支援金はおもにフリースクールの施設充実に使われています
(何を買うかは子どもたちで委員会を作って話し合って決めています)
毎日しつこくお願いするのでよろしくですm(__)m

フリースクールの様子はこちらからご覧になれます
https://www.facebook.com/fsnemo



朝から晴れて気温も上がって、雪もどんどん溶けていたし、
雪かきしてくれているところも結構ありそうだったし、
大丈夫かなと思って、午前中から電車使って映画行っちゃったわ。
ネモの行事も終わってホッとしたのもあるしね。

結局、雪の上で滑りやすいのは人が踏みしめてつるつるになったところなんだよね。
だから自分ちの前だけでもって雪かきしてくれてるのはすごくありがたい。
昨日も最寄り駅まで行く途中の小学校の前で先生が雪かきしてたし。
うちのマンションの前もお掃除の人かな?管理人さんかな?がやってくれてた。
それにマンションの駐車場は自走式なんだけど、凍ったら危ないから、
管理人さんか理事の人が考えてくれたんだろうけど、一晩中通路に水を流してた。
駅では階段やホームは凍結防止剤が撒かれていた。
関東はちょっとの雪で大騒ぎっていうのは結局備えに慣れてないからなんだよね。
だから(自分は何もしてないのに偉そうなことは言えないけど)
5年に1度の大雪でも次に生かさないといけないなあと思う。
まあ鉄道とかは仕方ないと思うけど。


いつもだと映画館まで30分ちょっとあれば行けるんだけど、
やっぱり慎重に歩くので時間かかる上に電車も遅れていてなかなか来なくて
1時間近くかかって、予告やってるときに滑り込んだって感じ。
映画館に暗くなってから入ると危ないので、
目が慣れて少し見えるようになるまでじっとしてから席捜すことにしてる。
転んで骨折してから、ほんとに怖くて慎重になってます。


予定どおり2本続けて見て、招待券を消化してきたよ~。

ポスター画像

2011年のブッカー賞を受賞したジュリアン・バーンズの小説「終わりの感覚」を、ヨーロッパや日本でもヒットを記録したインド映画「めぐり逢わせのお弁当」のリテーシュ・バトラ監督が、「アイリス」のジム・ブロードベント、「さざなみ」のシャーロット・ランプリングらイギリスの名優を迎えて映画化したミステリードラマ。60歳を過ぎ、ひとり静かに引退生活を送るトニーのもとに、ある日、見知らぬ弁護士から手紙が届く。それによれば、40年前に別れた当時の恋人ベロニカの母親だという女性が、トニーに日記を遺しているという。思いもよらない遺品から、トニーは長い間忘れていた青春時代の記憶が呼び覚まされていき、若くして自殺した親友や初恋にまつわる真実をひも解いていく。


ひと言で、しかもネタバレせずに感想を書くのは難しいんだけど。
単なるミステリーでは終わらない、深いしみじみとした味わいのある作品でした。

まず↑シャーロット・ランプリングが素敵。「さざなみ」でも見たけど。
こういう知的な顔の人好きだわ~。
「変わり者」と言われてきたベロニカが背負ってきた深い悲しみが伝わってくる。

すっかり忘れていた昔の記憶を呼び起こし、執拗に追求することで衝撃的な真実を知って、
人に向き合うことに躊躇し、相手の心に寄り添うことを丁寧にしてこなかったトニーに変化が訪れる。
別れた妻、シングルマザーになることを選んだ娘、郵便配達の青年に対する心遣いでさえ、
最後にガラッと変わった彼に感動を覚えました。
人はいくつからでも変われるんだろうな。心をやわらかくすれば。


2本め。

ポスター画像

世界最高峰を誇る芸術の殿堂パリ・オペラ座の舞台裏を描き、本国フランスでヒットを記録したドキュメンタリー。エトワールとして活躍してきたオレリー・デュポンがバンジャマン・ミルピエに代わってバレエ団芸術監督に就任したオペラ座新時代の波乱の幕開けにはじまり、オペラ座史上最大規模の新作オペラ「モーゼとアロン」の1年間にわたるリハーサルと公演初日直前の主要キャスト降板、さらに職員のストライキなど次々と難題に直面する総裁ステファン・リスナーの苦悩、そしてロシア出身の純朴な青年が新たなスターを目指して突き進んでいく姿など、伝統と格式を重んじながらも常に新しいパフォーマンスを模索し続けるオペラ座の裏側を丁寧に映し出す。


オペラ座と言えば、先日見たファッションデザイナーの映画でも、
ショーの場所も倉庫など奇抜な場所を選んできた彼が15年希望してやっとかなった場所ここだった。

わたしは全然詳しくないけど、そんなステージに立つ人にとっては特別な場所であろうオペラ座。
上質なドキュメンタリーでした。
ドキュメンタリーとは思えないくらい、日々いろんなことが起こっている。
舞台にかかわるたくさんの人たちを淡々と捉えることで逆にドラマチックな作品になっていました。

抜擢されたロシアの青年がフランス語もほとんどわからない中で、希望と苦悩に揺れたり。
タイムキーパーと言うんだろうか?時間を見ながら指示を飛ばすベテラン女性が、
幕が上がって感動のあまり一緒に歌っている場面とか。
1回公演が終わるたびに、衣装を洗濯してアイロンをかける係の人たち。清掃の人たち。
チケットの値段設定で論争になる上層部の人たち。

作品のためにそれぞれの立場からベストを尽くす姿はやはり感動的です。

牛をステージに上げちゃうことでの大騒ぎも面白かった。
牛が興奮して暴れたりしないように、日頃からオペラの音楽を聴かせて慣れさせたりとかね。


見終わって外に出たら2時。雪もほぼ溶けちゃってました。
でも暖かいかと思ったら風が強くて…。
今日からも寒いみたいね~(*_*)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初雪は(このへんにしては)大雪。

2018-01-23 04:38:12 | 有償/無償ボランティア・NPOの仕事



http://gooddo.jp/gd/group/nponemo/


今週もグッドゥでNPO法人 ネモ ちば不登校・ひきこもりネットワーク(通称ネモネット)を応援お願いします


↑このページにある「応援する」をクリックしてもらえると
そのときによって20~1000ポイントが加算され
一週間(月から日で集計)で最大30000ポイント=3000円の支援金がネモに贈られます
いただいた支援金はおもにフリースクールの施設充実に使われています
(何を買うかは子どもたちで委員会を作って話し合って決めています)
毎日しつこくお願いするのでよろしくですm(__)m

フリースクールの様子はこちらからご覧になれます
https://www.facebook.com/fsnemo

↑いつもポチッとしてくれている方ならお気づきの通り、
この支援、今週で終わっちゃうんですね~。
ネモにとっては結構大きな金額だったので、とても残念。


昨日の関東地方はもう雪の話題しかなかったって感じですが(笑)。
こちらではお昼前から雨が降ったり、みぞれに変わったり、やんだりだったのが、
3時くらいから本格的な雪になった。

風車はこういう天候だったせいもあってか、利用者さんがあまり来なくて、
でも食器の仕事は毎週月曜日はルーティンであるのでそれをみんなで頑張ったり、
事務仕事もいろいろあって忙しかった。
わたしは遠い方なので、食器の仕事が終わったら3時くらいに上がらせてもらいたいなあと思ってたんだけど、
そのあとも電話応対とかバタバタしてたら結局いつも通り4時になってしまいました。

京成電鉄は雪でもあまり乱れないので、遅れることもなく無事帰れてよかったけど。
京葉線にすでに運休が出はじめていたので、夫に「もう帰った方がいいよ」ってラインしようとしたら、
「もう早退して帰る途中」っていうラインが入ってた。
早めに帰宅する人で、山手線は経験したことがないくらいぎゅうぎゅうだったって。

わたしも夫も無事帰宅したあと、テレビを見ていたら品川駅とか渋谷駅とかすごいことになってたね。
早めに帰ってよかったね~って感じだったんだけど、夫の部署はまだ誰も帰ろうとしてなかったそうで。
夫はそのことを帰ってからも気にしてたので、「帰るのが当たり前」って言ったんだけどね。
ん~なんかこの国はやっぱり、無理するのが偉いみたいなとこが嫌だな。

夜になったら、こんな雪は久しぶりだなあっていうくらい激しくなって。



ベランダから見た景色はこんな感じだった。

でも夜中に、大雪警報は注意報に変わって。



今朝になったら、もう結構溶けてる。
電車も始発からほぼすべて平常運転のようだし。今朝は思ったより大変ではなさそうかな。
でも気温が下がったので凍結には注意だね。

わたしは今日はマストな用事がなくて、朝から2本映画を見るつもりだったけど、
朝から出かけるのはやめたほうがいいかなあ。様子見です。

そうそう、北海道行きに備えて張り切って買った防水&滑りにくいショートブーツがさっそく役立ったわ🎵

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

なるほどなーと思うことがいろいろありました。

2018-01-22 06:15:00 | 不登校とその後



http://gooddo.jp/gd/group/nponemo/


今週もグッドゥでNPO法人 ネモ ちば不登校・ひきこもりネットワーク(通称ネモネット)を応援お願いします


↑このページにある「応援する」をクリックしてもらえると
そのときによって20~1000ポイントが加算され
一週間(月から日で集計)で最大30000ポイント=3000円の支援金がネモに贈られます
いただいた支援金はおもにフリースクールの施設充実に使われています
(何を買うかは子どもたちで委員会を作って話し合って決めています)
毎日しつこくお願いするのでよろしくですm(__)m

フリースクールの様子はこちらからご覧になれます
https://www.facebook.com/fsnemo


寒波がやってくるという今日。
このあたりのお天気は最低気温3度、最高気温5度。くもり後雪か雨。
今はまだ何も降ってなさそうだけど…
今日は風車出勤なので、最高の防寒をしていかなければ。
そして、千葉市より風車のある佐倉市の方が2,3度は低いんだよね。
高度も高いだろうし、山が近いからだろう。


昨日のシンポジウムは晴天に恵まれ、そこまで寒くなくてよかったです。
会場の習志野市市民プラザ大久保は、周囲に私立大学とかその付属中・高とかがあるんだけど、
昨日は中学なのかな?入試だったみたいで。

シンポジウムが始まるちょっと前に終わったみたいで、
ものすごい数の親子(親はつきそいってこと?)が駅に向かって歩いていて、
その流れに逆行するようにいらしていただいた登壇者のひとりが
「なんか世の中の流れに逆らっているみたいで気持ちよかった」というようなことを最初におっしゃっていたり、
参加していただいた方のひとりが書いてくださったアンケートの中に、
「そういう親子が駅にたくさん向かっている中、
駅前で堂々と不登校のシンポジウムのチラシを持って道案内してくださる方がいて心強く感じた」みたいなのがあったり。
ちなみにその道案内をお願いしたのは、不登校を経験した若い女子なのですけど。


昨日の参加者は30名ほどで、前回の講演会と同じくらい。
いろいろ広報もがんばってるし、もうちょっと来てほしかったなあという思いはやはりあるのですが、
今回はまったく初めての方、特に男性の方も多くてそれがうれしかった。
アンケートを読んでもとても反応がよかったです。
いろんなところに相談に行ったけど、ほかでは聴けない話が聴けて目からウロコだった、みたいな感想が多かった。

もうこの業界?が長いわたしにとっては驚くような話ではなかったけれど、
でも親の立場から長年支援に携わってこられたSさんのお話はとても説得力があり、
何年も親の会に来てくださっている、まだお子さんが不登校現役世代のKさんは
悩みながらも少しずつ腹をくくろうとされていることが自分もそうだったからとても共感できたし、
不登校を経て、今は働いたり働かなかったりの20代のYくんは長男と同じような話もしてくれて
「やっぱそうなんだ!」って思えた。


Sさんの「自分の子どもが学校に行けなくなったときは、適応指導教室も親の会もなかった。
今は通える場所や相談の場所もたくさんあって、でもそれがいいのかどうか?
学校からも、何が何でも連れてきてくれということはなくなって、
無理はしなくていいというスタンスにはなっているけれど、
でもそれは仕方ないからとりあえずしばらくは待つよということでしかなくて、根本的な眼差しは変わっていない。
そういう中で親も子どもと向き合うことがどんどん後回しにされている」というお話。
わたしもずっとそういう思いを持っています。

Kさんは個人的にも割と親しくさせていただいてるんだけど、
「迷っているならとりあえずやってみればいいじゃん!」って思ってしまう気持ち。
そうは思えない子ども。その違い。子どもは自分とは違うんだっていうことを少しずつわかってくる。
わたしもKさんと同じくさばっとした性格なので(笑)わかるわ~と思いました。
ご主人と娘さんの方が似てる。うちもそう。夫は「K(次男)は特に自分の子供のときとそっくり」って言ってたなあ。

Yくんはもう今は特に悩んでいることはないそう。
この1年くらいは働いていないのだけど、最初は親に病院に連れ回されてすごく嫌だったけど、
お母さんが親の会に行くようになって理解してくれるようになったし、
フリースペースに行くようになって分かり合える仲間がたくさんできたし、
働いて生活をしていける自信もついたし、
でも親との生活にはいろいろストレスがあって、最近一人暮らしを初めてとても楽になった。
不登校どうこうってことはある年代を過ぎればもうどうでもいいことになってきて、
要は「働いて食べていけるかどうか」だけ。
そこに自信がつけばもう大丈夫、みたいな話をされていて。

長男も同じこと言ってたなあと。
長男はまだいろいろ自信が持てなくて、働いたこともなくて、悩んではいるけれど、
「自分はこれで食べていく」ということさえ決まれば、もう悩みはほとんどなくなるって言ってた。


不登校って本人にはもちろん、親にとっても一大事。
もう生きていけないんじゃ…くらいに思ってしまう。
でも、世の中に色んな人がいることを知ったり、家族以外にも理解してもらえる人が増えたり、
そういうことで「ああ、自分はすごくダメな人間というわけじゃないな」と少しずつ思えてきて、
自信を取り戻せばいろんなことが少しずつできるようになる。

昨日はじめてこういう話に触れた人(ゲームはいくらやっても別に問題ない。ゲームを制限して、じゃあその空いた時間何ができるんですか?本人には今それしかない。だから生きていられるんですよ、みたいな話とか)が、
少しでも気持ちが軽くなってくれてたらいいな。 昨日は不登校新聞社の方が取材に来てくださったので、 たぶん記事になると思います。 購読されている方はぜひ読んでね。


あ~もう時間がないので、見直しもできませんが。とりあえずUPします。
今日はやっぱり帰る頃には雪になっていそう。
夫も早めに帰ってくるって言いながらさっき出勤しました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

義務教育中のお子さんが不登校の場合の学校への対応。

2018-01-21 04:46:29 | 不登校とその後



http://gooddo.jp/gd/group/nponemo/


今週もグッドゥでNPO法人 ネモ ちば不登校・ひきこもりネットワーク(通称ネモネット)を応援お願いします


↑このページにある「応援する」をクリックしてもらえると
そのときによって20~1000ポイントが加算され
一週間(月から日で集計)で最大30000ポイント=3000円の支援金がネモに贈られます
いただいた支援金はおもにフリースクールの施設充実に使われています
(何を買うかは子どもたちで委員会を作って話し合って決めています)
毎日しつこくお願いするのでよろしくですm(__)m

フリースクールの様子はこちらからご覧になれます
https://www.facebook.com/fsnemo


わたしが家をでる頃には雨はやんでいたけど…。

昨日は午前中、2ヶ月に1度のフリースクールの保護者会でした。
昨日はちょっと集まり悪かったかな。
小中学生のお子さんを持つ方がほとんどで、同じくらいのお子さんがいる方はおひとりだったかな。

詳しいことは書けないけれど、
学校との対応(時節柄、卒業アルバムの写真のこととかね)、進学の話が多かったかな。

振り返ると、(もうあまりはっきり覚えてないけど)小中学校×3人分で6回の卒業があったわけだけど、
卒業アルバムに写真載せたくないと言って載せなかったこともあれば
(在籍していたので名前は載るけど、写真載せないのはOKになった)、
載せたいと言って家で撮影したデジカメのデータを写真やさんに届けたこともある。
卒業式はだいたい、あとでわたしが証書をもらいに行ったけど、
先生が届けると言って来られたときもあったし、
高校進学を決めた次男は午後からの不登校のコだけを集めた卒業式に出たなあ。
そのとき初めて、同じクラスの不登校のコに会ったという(爆)。
わたしだけその午後からの式に出たこともあるなあ。
すごく居心地悪かったので、断ればよかったって後で思った。

卒業アルバムは誰もいらないと言ったので、うちには1冊もありません。
そうそう、三男は幼稚園も卒園してないので(引越し先で1日で退園)、それもないなあ。
小学校って春にクラスの文集みたいなの、PTA主導で出す(今もやってるのかなあ)んだけど、
それに書くひと言とか集合写真とかもすったもんだあったことも。
卒業のときにも文集って作るよね。
1行程度のひと言は書いたコもいれば書かなかったコもいたなあ。
書かないことで担任に逆ギレされて、それ以来音信不通ってこともあったなあ(わたしは逆に楽だったけど・金爆)。


とにかく、義務教育期間中の学校とのやりとりについて、
経験者として言えることは、先生より子どもの意思を優先。
子どもにどうするかを聞いてその通りにする。
「絶対ダメ」なんてことはまずない。
先生は自分がどうしたいかを言ってくるだけなので、子どもの側に立って子どもが苦痛なことははっきり断る。
保護者にとっても苦痛なことはなるべくやめさせてもらう
(毎朝の欠席の連絡とか、学校に頻繁に出向くとか)。
子供のために頑張れそうなことはちょっと頑張る。


そんな感じかなあ。
わたしももちろん最初は、先生の言葉に揺れたり、腹が立って泣いたり喰ってかかったり、
いろいろいろあったけど、段々図太くなったし。
もちろん喧嘩する必要はないので、礼儀は尽くして「お気持ちはありがたいのですが…」とか
「長い目で見てやってください」「すぐに登校とかは無理そうなんで」とかね。
それでもキレる先生は仕方ないけど。
「みんな待ってるよ」みたいなクラスメートに書かせたお手紙、
誘いにこさせる、連絡帳やお手紙を届けさせる。
そういうのもほんとにお子さんが喜ぶなら別として、見たくなさそうならお断りしましょう!
そういうの見るのつらいみたいなんで、申し訳ないですけどって。
そう言ったら驚かれているベテラン先生もいたけど…想像力をちょっとでいいからはたかせてほしかったよ。
先生にそういう役目をさせられる子どもたちも気の毒。


義務教育不登校児の母を10年もやったので、
最後の方はわかってない先生にいろいろ「そういうことじゃないんです」とか、
聞く耳持ってくれそうな人にはわかってもらおうともしたけどね。
なかなかうまくはいかなかったなあ。
学校にこさせることには興味があっても、
どうして学校に行けないかとか、どういうふうに辛いのかとか、
そういうことに関心を持ってくれる先生はほとんどいなかったなあ。


保護者会終わったあと、その中のおひとりと前もってランチの約束してたので移動。
その方自体も不登校してたお母さんで、前々からお互い知ってはいたけど、
ふたりでじっくり話したことはなかったので、うちのコのこととか話が聴きたいと言ってくれて。
その方のお子さんはまだ小さくて、不登校なりたてだしね。

それ以外のいろんな話にもなって、3時まで喋り続けて楽しかった。
もっともっと話していたかった。
また会おうねって感じでした。
わたしよりはずいぶん若いお母さんですが、しっかりした考えを持っていて、学ぶことも多かったわ。


今日はいよいよネもネットのシンポジウム。
たくさんの方に来てほしいです。




なんとタイトルの習字がまだこれから(汗~)。
昨日の朝やろうと思ったけど、夫としゃべってて時間なくなった。
まあ平日はほとんど夫との会話もないので、そういうのも大事。

夫は昨日もまたひとり美術館巡り。
ひとりカラオケに代わる新たな趣味として定着したようです。
昨日は上野で、国立科学博物館と国立西洋美術館の常設展を楽しんできたって。
いつもテントが並んでイベントやってるとこで佐世保バーガー食べてきたって。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インフルちゃん流行ってるって。

2018-01-20 06:28:16 | いろいろ



http://gooddo.jp/gd/group/nponemo/


今週もグッドゥでNPO法人 ネモ ちば不登校・ひきこもりネットワーク(通称ネモネット)を応援お願いします


↑このページにある「応援する」をクリックしてもらえると
そのときによって20~1000ポイントが加算され
一週間(月から日で集計)で最大30000ポイント=3000円の支援金がネモに贈られます
いただいた支援金はおもにフリースクールの施設充実に使われています
(何を買うかは子どもたちで委員会を作って話し合って決めています)
毎日しつこくお願いするのでよろしくですm(__)m

フリースクールの様子はこちらからご覧になれます
https://www.facebook.com/fsnemo


昨日はそこまで寒くなかった感じだけど。
月曜日は最高気温4度だって~ひ~。こんなの広島でもあまり経験なかったよ。

昨日は土曜日のコンサート以来の風車出勤。
寒くて体調悪い人が多いのか、利用者さんは少なめだったな。
来ている方もマスクしてて咳をしている方が何人か…。

コンサートは県の人権啓発の助成金をもらってやっているので、詳細な報告書が必要。
さっそくその作成を始めたりしていました。
なかなか簡単にお金はもらえないわ。

そういえば、帰宅して夕食作ってから、血圧の薬もらいにすぐ近所のクリニックに行ったんだけど。
「今週はインフルエンザの患者さんがむちゃくちゃ多いです」って先生が…。
人生でまだインフルエンザにかかったことがないわたし。一生かからずには済まないかなあ。
小学生のとき自分のクラスが学級閉鎖になったときも、三男が生まれる前、長男が幼稚園でもらったのが夫と次男にうつったときもかからなかった。
どこかで自分はかからないと思っている(笑)。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うっとり。

2018-01-19 07:13:20 | ダーリン



http://gooddo.jp/gd/group/nponemo/


今週もグッドゥでNPO法人 ネモ ちば不登校・ひきこもりネットワーク(通称ネモネット)を応援お願いします


↑このページにある「応援する」をクリックしてもらえると
そのときによって20~1000ポイントが加算され
一週間(月から日で集計)で最大30000ポイント=3000円の支援金がネモに贈られます
いただいた支援金はおもにフリースクールの施設充実に使われています
(何を買うかは子どもたちで委員会を作って話し合って決めています)
毎日しつこくお願いするのでよろしくですm(__)m

フリースクールの様子はこちらからご覧になれます
https://www.facebook.com/fsnemo


スカビオサ ブルーバルーン

って書いてありました。
私の場合は麻酔科のブロック注射と鍼治療と同時に始めて劇的に効いた。 けど、基本的にはくじ引きと同じ。 無数にある治療法の中からたまたま当たり(それもあくまで自分にとっての)に出会うかどうか。 出会うまでに多分私、200万円位、貯金消えてます。 私は市川市民診療所に通っている。友の会紹介の千葉の病院はここだけど、専門医の河野医師に私は合わなかった。今、院長にかかってる。047‐376‐2788 最初、新小岩の渡辺クリニックに 行って、診断された。医師は親切、弱者の味方って感じだった。 10年以上前の診察券からだけど、03‐5678‐7387。


昨日はフィットネスだけ。
家ではいろいろやってたけど(添削の仕事とか)、ここのとこ見たいな~と思っていた
2015年ダーリンソロツアーのブルーレイを見始めた(ちゃんとライブ映像が発売されてるのはこれが最新)。



大阪城ホールでの大所帯バンドを従えての(ドラムもベースもツイン、ほかも各ブラス、ギターも二人ずつとか、コーラスは4人だったかな。これは1度きりでこの形ではわたしは生で聴けてない)ライブ。

は~素敵。
相方ちゃんの新作舞台も昨夜、発表されて、ダーリンはソロライブ、どうするんだろう。
彼はどんなことも表現に見事に変えていくから、やるとしたらとても楽しみ。
昨日ブルーレイを見ていて、ああまたこんなふうにファンクのブラスの音にまみれながら、
歌い踊りギターを掻き鳴らす彼がみたいなあとは思ったけど、
そうじゃない形としても、じゃあどんな表現を見せてくるんだろうって期待しかないです。


今月はフィットネスたくさん行けてて、昨日でもう5回行けたわ。珍しく。
今日は1週間ぶりの風車出勤と、帰ったらクリニックに血圧の薬を貰いに行かなきゃ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

びっくり。

2018-01-18 03:58:34 | 有償/無償ボランティア・NPOの仕事



http://gooddo.jp/gd/group/nponemo/


今週もグッドゥでNPO法人 ネモ ちば不登校・ひきこもりネットワーク(通称ネモネット)を応援お願いします


↑このページにある「応援する」をクリックしてもらえると
そのときによって20~1000ポイントが加算され
一週間(月から日で集計)で最大30000ポイント=3000円の支援金がネモに贈られます
いただいた支援金はおもにフリースクールの施設充実に使われています
(何を買うかは子どもたちで委員会を作って話し合って決めています)
毎日しつこくお願いするのでよろしくですm(__)m

フリースクールの様子はこちらからご覧になれます
https://www.facebook.com/fsnemo


久々にまとまった雨。
夕方からかなと思ったら、フィットネスに出かけるお昼過ぎにはポツポツ降り出して。
でも傘めんどくさいから、いおんさんの駐車場→フィットネス→いおんさんで買い物はすぐなので傘なしで。
家に帰ってきたら激しくなったのでセーフって感じでした。
暖かかったしね。今日明日も15度くらいになるらしいけど、また寒くなるんだろうな。

午前中はときおり薄日がさすくらいな中、朝イチで有償ボランティアへ。
おばさまのところに行かなくなったので、おじさま2軒だけなんだけど、
1軒目、9時に受付に行ったら「あら…」っていうお姉さま方の困惑した表情。
「お知らせ行ってないんですね」と。

それで嫌な予感がして、あ、でも入院とかかなと思ったら…亡くなったそう。
え~~~という感じでした。
もう確か80代後半だし、あちこち色々あるようではあったけど、
わたしが伺うときはちょうど体操の時間で、
毎回、足がちょっと悪そうで歩行器を押してだけどちゃんと下に行かれてたのに。
年明けてから、お部屋で胸が苦しくなって入院されて…ということだったそうです。
まあ、高齢者向けマンションだし、こんなこともあるかなとは思っていたけど。

この方のところは2年くらいかな。無口(つまりシャイなんだと思う)な方で、
必要事項以外はほとんど話したことがなかったので、悲しいとまではいかないんだけど、
お正月はさんだので1ヶ月前とはいえ、元気にしていた方がもういないって。
やっぱりなんだかショックでした。

これであとおじさまひとりになってしまった。1時間早くやらせてもらった。
来月からもお伺いするけれど、「3月までやってもらってそのあとどうするか考える」とおっしゃってました。
ひとりだけのために来てもらうのは悪いと思うんだろうな。
でもほかに新しい希望者が出るかもしれないしね。

そのおじさまも昨日の朝、掲示板で知ったそうで「寝たきりになるよりよかった」なんておっしゃってましたけど。
それに「こういうところだからね。(おばさまのところもそのおじさまのところも)こんなに長く続くのは奇跡的」っておしゃってた。


まあそんなことがありつつ、早く終わったので用事もあったし、途中のホームセンターに寄ったり。
いったん家に帰ってお昼食べたりして、フィットネスでした。

そして、夕方夕食を作り始めるちょうど30分前くらいのいいタイミングで、
札幌に住む大学のとき、同じ学年で同じサークルだったTちゃんから電話。
前に書いた3月の旅行は実は北海道で、やっとTちゃんに会えるかもと夜、家電に電話したんだけど、
お留守で留守電入れてあったので、職場から電話くれたそう(いつも帰りは遅いそう)。

彼女は地元の札幌で確か、中高一貫の女子校で英語の先生をやっていたのだけど、今は大学で教えているそう。
年賀状だけのやりとりでそれは把握していたのだけどね。
「大学卒業してから会ったことあったっけ?」って聞いたら「いやいや、すぐ札幌帰ったし会ってないよ~」と。
つまり32年ぶりの会話なのか…。

でもわたしが電話に出た瞬間、「そのトーンの低い喋り方!かわんないね。N子」って言われて
(バードさんにもいつも電話に出ると「いつもどおりテンション低いね~」って言われる・笑。電話だからって声を高くするとかが、わたしできないんで…)。
「N子」って呼び捨てで呼ばれてたのって大学のときなので、久しぶりで新鮮でした(高校まではNちゃん。中学のときは、お互いいきがって名字を呼び捨てとかもあったかなあ。大人になってからはN子さん、あるいは名字+さん、あるいはのんのんさん(笑)だもんなあ)。

Tちゃんも話しているうちに、北海道弁が混じる感じとか、おっとり天然な感じとかかわんないな~と思って。
「Tちゃん、年賀状に住所しか書いてなかったから、Hちゃんに家電聞いたんだよ」って言ったら、
「え~ほんとに?わたし住所しか書いてなかった~?ごめん」とかね。
ほんと昔の友だちって、何十年ぶりにしゃべっても違和感がないのが不思議。
稚内にいる別の友だちの話(都会が恋しくてたまに札幌まで遊びにくるそう)、ほかのサークルの友だちの話とかになって。
やはり、IT関係から古本屋になったというAくんの話が一番びっくりしたよね。いつか遊びに行きたいよねって話にもなり。

関東にいて、会おうと思えば会える人もいるけどやっぱりなかなか会うことはない。
そういうときに音頭をとってくれるHちゃんにお願いするしかないね、そろそろ会いたいねってという話にもなって。

で、札幌で会う件はなんと…間が悪いことに、彼女は学生の語学研修の引率で海外に行ってるときだそうで会えないことが判明。
残念!
「でもまた必ず来てよ」って言われたので、またいつかって思います。

30分たっぷり話して楽しかった。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんなすごい人がいるんだな~。

2018-01-17 05:49:58 | 映画・本・音楽・美術



http://gooddo.jp/gd/group/nponemo/


今週もグッドゥでNPO法人 ネモ ちば不登校・ひきこもりネットワーク(通称ネモネット)を応援お願いします


↑このページにある「応援する」をクリックしてもらえると
そのときによって20~1000ポイントが加算され
一週間(月から日で集計)で最大30000ポイント=3000円の支援金がネモに贈られます
いただいた支援金はおもにフリースクールの施設充実に使われています
(何を買うかは子どもたちで委員会を作って話し合って決めています)
毎日しつこくお願いするのでよろしくですm(__)m

フリースクールの様子はこちらからご覧になれます
https://www.facebook.com/fsnemo


昨日は暖かく(14度)いつもの感じの服装で出かけたら暑くて上着脱いだ。

午前中は添削の仕事して、午後から散歩とユニクロに買い物がてら、これ見てきました。

ポスター画像

ベルギー出身の世界的ファッションデザイナー、ドリス・バン・ノッテンを追ったドキュメンタリー。世界のセレブリティやファッションアイコンから愛されているドリス・バン・ノッテン。パリのグラン・パレで開催された2015春夏レディースコレクションから、オペラ座で発表した2016/17秋冬メンズコレクションの本番直後までの1年間、これまで一切の密着取材を断ってきたドリスに初めてカメラが密着。半年間の準備を経て開催されるショーの舞台裏、アトリエや刺繍工房などの創作の現場、さらに創作活動を支えるアントワープ郊外の邸宅にもカメラが入り、完璧主義者で知られるドリスの意外な素顔ものぞかせる。監督は「マグナム・フォト 世界を変える写真家たち」のライナー・ホルツェマー。ドリスの2014春夏レディースコレクションで音楽を担当したイギリスのロックバンド「レディオヘッド」のベーシスト、コリン・グリーンウッドが本作で映画音楽に初挑戦している。

 

特にファッションに興味があるわけでもないので、こんな人がいるんだ…という感想にしかならないけど。
美しい生き方をしている人でした。
スポンサーを持たない、広告を一度も打たない。
そんな中で高く評価されている。

でも毎回ショーが大成功というわけではない。酷評されることもある。
それでも、毎回、違うコンセプトで果敢に挑戦を続ける。

見た目はファッションデザイナーというより、おしゃれなエリートサラリーマンの休日の出で立ちという感じで、
ショーでも最後にちらっと顔を出すだけ。
お城のような美しく広大な庭園や菜園のある豪邸に、公私にわたる長年の同性パートナーと暮らす。
庭の花を部屋に活け、庭の野菜を使って自ら料理する。

完璧主義者。
でも心がやわらかく、感銘を受けた絵画から次のショーをイメージしたりする。

ショーが終わったら、袖で待っているパートナーとまず必ず抱き合ってキスをする。
彼が全幅の信頼を寄せる、心の拠りどころであることがよくわかる。
ほかのスタッフたちも信頼のおける人たちを揃えているからこそ、
やりたいことが思い切ってやれている。

とても魅力的な人でした。


いったん帰宅して、夕食作ってから、今年初の子どものための相談ボランティア。
今日は今年初の有償ボランティアから。
1月はお正月があるので、月2回のところが1回だったりして、それはちょっと楽です。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不思議なご縁。

2018-01-16 04:14:31 | 不登校とその後

/

http://gooddo.jp/gd/group/nponemo/


今週もグッドゥでNPO法人 ネモ ちば不登校・ひきこもりネットワーク(通称ネモネット)を応援お願いします


↑このページにある「応援する」をクリックしてもらえると
そのときによって20~1000ポイントが加算され
一週間(月から日で集計)で最大30000ポイント=3000円の支援金がネモに贈られます
いただいた支援金はおもにフリースクールの施設充実に使われています
(何を買うかは子どもたちで委員会を作って話し合って決めています)
毎日しつこくお願いするのでよろしくですm(__)m

フリースクールの様子はこちらからご覧になれます
https://www.facebook.com/fsnemo


毎朝寒いわ~朝起きてリビングとこの部屋のエアコンをつけてから動き出すっていう感じ。
朝8時を過ぎると(晴れてれば)リビングに日が差し込むのでエアコンいらずになるし、
この部屋も日中はつけなくても大丈夫って感じなんだけど。

昨日は四街道親の会。
その前に、3月にバードさんと旅行に行くことになったので、
2ヶ月前なので飛行機を朝から取ったり。
彼女と早めに待ち合わせて、お昼を食べながら宿の相談をしたり。
そしてさくっとホテルもネットで予約して安泰。
ああ、3月を楽しみに生きよう。
ほかにも楽しみはあるんだけどね。
u-たんさんもご一緒したかったけどお仕事で日程合わず。今回はごめんね~。

で、行く場所に大学のときの同級生Tちゃんが住んでいて、
もうたぶん30年くらい会ってなくて、
年賀状だけのやりとりになっていたんだけど、
いつかそっちに遊びに行くから会おうねってずっと書いてて、
やっとそれが実現すると思って(同じ時間、バードさんも現地の友だちと会うっていうことで)、
さっそく連絡取ろうと思ったら年賀状に住所しかない。
昨年のを見てもやはり同じ。
わたし、年賀状は2年分しか取っておかない主義なので、別の同級生Hちゃんにメールしてみたら、
「2013年の年賀状に家電だけ書いてあった」と即座に返事が返ってきた。
ああ、ちゃんと残しているのね。

夜、さっそく電話してみたけど残念ながらお留守だったのでまたかけよう。
そのHちゃんからのメールで彼女がある病気にかかったことも知り、みんないろいろあるなあと。
その病気の知り合いがいるので、アドバイスをもらったり、なんかバタバタした夜でした。
詳しくは書かないけどFSから帰ってきた三男からもちょっと相談を受けたりね。


親の会、昨日は少なくて、スタッフ以外には2名だけだったんだけど。
話すのはいつも同じようなことなんだけど、
メンバーが違えばまた違った角度から話が出たりで、いい時間でした。
自分の10年前のことを思い出したり。
そうそうそうだったなあと。
今になればわかることも、そのときはわからなかった。
そのことを忘れちゃいけないなあと思います。

思えばバードさんとも不思議なご縁で、先にu-たんさんと彼女がネット上で知り合っていてすでに会ったことがあった。
わたしはわたしでu-たんさんとネットでつながっていてでもまだ会ったことはなくて、
それで出会ったわたしとバードさんはとても家が近かった。
ネット上で知り合った人たちも、そもそもどういう経緯だったか忘れちゃってるわ。
まず誰が誰のブログを見て、それで誰と誰がつながって、みたいなね。
ブログが普及し始めたころだったからあり得たことだと思うと、これもまた不思議です。
そして、40代になってから知り合った人と旅行にまで行ける関係になれるってこともね。
ダーリン友だちのまりもちゃんもそうだけど。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ほぼゆっくりした。

2018-01-15 08:25:49 | いろいろ



http://gooddo.jp/gd/group/nponemo/


今週もグッドゥでNPO法人 ネモ ちば不登校・ひきこもりネットワーク(通称ネモネット)を応援お願いします


↑このページにある「応援する」をクリックしてもらえると
そのときによって20~1000ポイントが加算され
一週間(月から日で集計)で最大30000ポイント=3000円の支援金がネモに贈られます
いただいた支援金はおもにフリースクールの施設充実に使われています
(何を買うかは子どもたちで委員会を作って話し合って決めています)
毎日しつこくお願いするのでよろしくですm(__)m

フリースクールの様子はこちらからご覧になれます
https://www.facebook.com/fsnemo


昨日はゆっくりさせてもらったんだけど、
午後から夫と(わたしの運転で)いおんさんと図書館に行き、
帰って少しまたゆっくりして天ぷら揚げるのに1時間かかったらなんだかやっぱり疲れて。
9時に寝たのに6時まで起き上がれなかった。
やっぱり年だなあ。

夫はこういうときも全然運転したがらなくて(お休みの日は疲れているので)、
「いつから運転してないっけ?」と言ってたんだけど、
わたしが3月末に手首を骨折して、ボランティア先の駐車場に車を置きっぱなしにしてきたので、
数日後にそれを取りにいってもらうときに運転したとき以来してないって。
もうすぐ1年じゃん。運転できなくなりそう。たまにはしてもらわないと。

骨折と言えば、普段はほとんど忘れているくらいになりました。
曲げたときのつっぱり感もほとんどなくて。
さすがに左手だけに体重をかけて立ち上がるのはまだちょっと痛いのだけど、
でもちょっと前は全然無理って感じだったのが、一応手をついて立ち上がれるようにはなった。
正直ここまでも回復しないかと思っていたのでうれしいです。
拭き掃除は左手でするとか、フィットネスでも意識して水中で動かすとかはしてるんだけど、
もっとさらに回復するといいな。


今日は四街道親の会。お待ちしてますね♪



(視聴覚室となっていますが、サークル活動室に変更になりました)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加