なるようになる。

長男の不登校がきっかけて始めたブログも、もう13年目に。やっぱり「なるようになる」という気持ちは変わりません。

夫はプレミアムフライデー実行。

2017-02-25 06:44:21 | 有償/無償ボランティア・NPOの仕事



http://gooddo.jp/gd/group/nponemo/

今週もグッドゥでNPO法人 ネモ ちば不登校・ひきこもりネットワーク(通称ネモネット)を応援お願いします

↑このページにある「応援する」をクリックしてもらえると
そのときによって20~1000ポイントが加算され
一週間(月から日で集計)で最大30000ポイント=3000円の支援金がネモに贈られます
いただいた支援金はおもにフリースクールの施設充実に使われています
(何を買うかは子どもたちで委員会を作って話し合って決めています)
毎日しつこくお願いするのでよろしくですm(__)m

フリースクールの様子はこちらからご覧になれます
https://www.facebook.com/fsnemo


昨日も風強かったな。
風車のある佐倉に降り立ったら(あのへんも風強いらしい。「筑波おろし」って言うらしい)、
このわたしがよろめくほどの風(爆)。

久々の風車。
インフルエンザだったメンバーさんも戻ってきたりして、まずまずのにぎわい。
わたしはメンバーさんの給与の準備を手伝ったり、細々としたことを。


そして夫は何と、プレミアムフライデーを実行するといって出勤し、
その通りに3時に退社して(でもほかに帰る人は全然いなかったそう・笑)、
美術館2つ回ってきたそうです。

夫的にはよかったみたいだし、同じようなサラリーマンがほかにもいたそう。
でも、実行に移すのは0.1%くらいの人だって報道されてたそうだけど。
だって3時に仕事終わってもね~何する?って感じだよね。
飲みに行くには早いし、美術館か映画?
お芝居のマチネには遅いし、ライブには早い。
お茶して早めのライブにも間に合うけど。。。
それも都会の話だし。

う=む、限られた人しかできないし、お金も落としてくれないよね。
夫の会社はさっそく推奨して、「最終金曜の午後は会議を入れるな、飲み会を企画するな」っていうお達しが出たそうだけど。

夫はうれしそうだったから、毎月実行するかもな。



今日はJERRY BEANSのライブ。




わたし、受付にいます♪
当日チケットありますのでぜひぜひ。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嵐の中、映画とランチ。

2017-02-24 05:21:21 | 映画・本・音楽・美術



http://gooddo.jp/gd/group/nponemo/

今週もグッドゥでNPO法人 ネモ ちば不登校・ひきこもりネットワーク(通称ネモネット)を応援お願いします

↑このページにある「応援する」をクリックしてもらえると
そのときによって20~1000ポイントが加算され
一週間(月から日で集計)で最大30000ポイント=3000円の支援金がネモに贈られます
いただいた支援金はおもにフリースクールの施設充実に使われています
(何を買うかは子どもたちで委員会を作って話し合って決めています)
毎日しつこくお願いするのでよろしくですm(__)m

フリースクールの様子はこちらからご覧になれます
https://www.facebook.com/fsnemo


昨日も風が強かった~その上、午前中は雨も・・・幸い、一番強いときには映画館の中にいたけど(笑)。


昨日は本来ならフィットネスだけど、バードさんが「幕張のニューオータニのランチ券もらったんだけど行かない?」と誘ってくれて、
ふたつ返事でOKしてしまった(爆)。

で、せっかくフィットネス休んで海浜幕張行くならその前に映画と思って(バードさんは午前中用事があった)。

ポスター画像

「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖監督が、原因不明の電気消滅によって廃墟寸前となった東京から脱出した一家の奮闘をコミカルに描いたサバイバルドラマ。東京で暮らすごく平凡な一家、鈴木家。当たり前のように電化製品に囲まれた生活を送っていたある日、電気を必要とするあらゆるものがなぜか使えなくなり、東京は大混乱に陥ってしまう。交通機関や電話、ガス、水道まで完全にストップした生活に人々が困り果てる中、鈴木家の亭主関白な父・義之は、家族を連れて東京を脱出することを決意するが……。ベテラン俳優の小日向文世が父親役で主演を務め、母親役を深津絵里、息子役を「秘密 THE TOP SECRET」の泉澤祐希、娘役を「くちびるに歌を」の葵わかながそれぞれ演じる。


うん、期待通りよくできていて、面白かった。
最後はちゃんといい話になってて。

わたし的にはふかっちゃん演じるお母さんのたくましさが小気味よかったわ。
食料がどんどん不足していって、バカ高い金額(500ml1本2500円とか)でペットボトルの水を売る人のことを適度に脅しながら上手に値切ったり(笑)、
夫が大事にしていたウイスキーをしっかり持ち出して、いざというときに出してきてお米と交換したり。

あと、息子役の男の子、そういえばmiwaちゃんの映画にも出てたけど、好きな顔(貴大くんとかケンちゃんとかを彷彿とさせる)。
娘ちゃん役の子も、ブチ切れる感じとかよかったわ。

小日向さんももちろん。

予想通りの展開ではあったけど(電気がなくても暮らしていける人たちと接して、何が大切かを知る)。
わたしたちの世代は電化製品は生まれたときからあったけど、冷蔵庫・洗濯機・白黒テレビ・掃除機くらいで(炊飯器は最初ガスだったなあ。電話なかったし)、
薪で沸かす五右衛門風呂も父の実家(農家)で入ったことあるし、
電気を使わない生活もギリギリ実感できる。

今の子がこの映画見たらまた違うんだろうな。
終わった後、ママ友連れみたいな人たちが「子どもに見せたいわ」なんて言ってたけど。
だからってそういう暮らしの方がいいと言うつもりもないけど。

うちなんかオール電化だから、停電しただけでもほんと何もできないもんね。
ポンプが動かないから水も出ない。
できるのはせいぜいお風呂の残り湯を夕方まで置いておく(いざというときトイレに使う。洗濯に使った残りだからそんなに多くないけど)というのとか、
加熱しなくても食べられるものや飲み水を買っておくくらい。


ま、そんなわけで映画見終わって、バードさんと駅で待ち合わせてニューオータニに。
どのレストランでも選べたけど、スイーツビュッフェをやっているラウンジはすごい人だし、洋食レストランに。










2種類から選んでいくんだけど、見事にバードさんと全部違って笑った。

どれもボリュームあっておいしくて大満足。


外は嵐だったけど、食べ終わるころには雨も風もやんで。。。
駅前のアウトレットを冷かして(靴も服もサイズがうまくいかなくて、何も買わず)早めにおとなしく帰りました。

さすがに疲れて、帰ってちょっとウトウトしてしまったよ。


今日は久々の風車勤務。風邪やインフルをもらわないようにマスクします。

明日、風車が開催するコンサート、よかったらぜひ!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無事帰ってきました~&11時間出づっぱり

2017-02-23 04:42:52 | 有償/無償ボランティア・NPOの仕事



http://gooddo.jp/gd/group/nponemo/

今週もグッドゥでNPO法人 ネモ ちば不登校・ひきこもりネットワーク(通称ネモネット)を応援お願いします

↑このページにある「応援する」をクリックしてもらえると
そのときによって20~1000ポイントが加算され
一週間(月から日で集計)で最大30000ポイント=3000円の支援金がネモに贈られます
いただいた支援金はおもにフリースクールの施設充実に使われています
(何を買うかは子どもたちで委員会を作って話し合って決めています)
毎日しつこくお願いするのでよろしくですm(__)m

フリースクールの様子はこちらからご覧になれます
https://www.facebook.com/fsnemo


今日はまた急に気温が上がって20度だとか。。
こんなに乱高下だとそりゃ、体調崩す人も多いかな。

まずは長男と三男、昨日の夜8時前に無事元気に帰ってきました。
尾瀬から津田沼までは車で4時間くらいだそう。

長男は「スキー無理」って思ったそうで1日でリタイア。
2日目からは雪で遊んでいたそうです。
三男は頑張ってボーゲンはできるようになったそう。

長男いわく、「スケートもスキーも腰が引けちゃうからもうダメなんだよ」って。
FSでスケートも毎年行くんだけど、長男は1回行ってから行かないしな。
三男は行ってるけど。
でもそうやって、とにかくやってみようって思ったんだね、うんうんって思いました。

おみやげは必ず買ってきてくれる長男。




あのあたりは花豆が特産らしく。
うーん、頑張って炊いてみるよ。。。


わたしの方は朝イチの有償ボランティアに始まって、いったんうちの駐車場に車を置いて電車でネモの親チーム会議。
その足で、子どもの相談ボランティア。

8時過ぎに家を出て、帰ったのが7時過ぎでした。

なんと、ボランティア先のおばさま、わたしが先週うかがった次の日にインフルエンザ発症だそうで、
介護フロアに移って今日まで過ごしていたそう。
で、もう1週間経ったし大丈夫でしょうということで、わたしと一緒にお部屋に帰ったのだけど。
あー移らなくてよかったわ。
念のためと、昨日、施設の方がマスクをくれて。。。そうだよね、こんだけ流行ってるんだから予防しないといけないよね。
マスク嫌いだけど、出かけるときはするようにするわ。


親チーム会議では来年度のことを話し合いました。
とりあえず講演会とシンポジウムはやります。お楽しみに。

相談ボランティアではねえ、ほんとこんなドラマのような大変な思いをしている子がいるんだって思って。
聞いてるだけでもつらいけど、何もできない。聞くしかできない。本人が生き延びていくしかないんだよね。
生き延びていってほしいです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人は愚か。でも愛おしい。

2017-02-22 04:45:46 | 映画・本・音楽・美術



http://gooddo.jp/gd/group/nponemo/

今週もグッドゥでNPO法人 ネモ ちば不登校・ひきこもりネットワーク(通称ネモネット)を応援お願いします

↑このページにある「応援する」をクリックしてもらえると
そのときによって20~1000ポイントが加算され
一週間(月から日で集計)で最大30000ポイント=3000円の支援金がネモに贈られます
いただいた支援金はおもにフリースクールの施設充実に使われています
(何を買うかは子どもたちで委員会を作って話し合って決めています)
毎日しつこくお願いするのでよろしくですm(__)m

フリースクールの様子はこちらからご覧になれます
https://www.facebook.com/fsnemo



昨日は風が冷たくて。。。春はまだまだって感じだったから、春らしいテンプレートに変えてみたよ。。。


午後からネモの電話相談のお当番だったので、どうせ出かけるならと午前中にこれ
(会員更新のときにもらった招待券で。京成ローザは年間500円で割引やポイント制度もあって、更新時に招待券とドリンク券もらえるから相当お得)。
ポスター画像

妻夫木聡と満島ひかりの共演で、第135回直木賞の候補になった貫井徳郎の小説「愚行録」を映画化。羨望や嫉妬、駆け引きなど、誰もが日常的に積み重ねている「愚行」が複雑に絡み合っていく様を描いたミステリーを描く。ロマン・ポランスキーらを輩出したポーランド国立映画大学で演出を学び、短編作品を中心に活動してきた石川慶監督がメガホンをとり、長編監督デビュー。脚本を、「松ヶ根乱射事件」「マイ・バック・ページ」などを手がけた向井康介が担当した。ある時、エリートサラリーマンの一家が殺害され、世間を震撼させる。犯人が見つからないまま1年が過ぎ、改めて事件を追おうと決意した週刊誌記者の田中は取材を始める。関係者へのインタビューを通して、被害者一家や証言者自身の思いがけない実像が明らかになっていき、事件の真相が浮かび上がってくる。主人公の田中役を妻夫木が演じ、田中の妹・光子を満島が演じる。


朝から見るにはヘビィな内容で、同じ時間に小日向さんのもあったけど、まずこっちからって思って。
例によって原作は読んでいません(ほんとに本が読めなくなった。特に小説)。

ネタバレなるべくしないようにするけど。。。冒頭と最後がバスに乗っているぶっきーのシーンなんだけど、
そのふたつのシーンを見比べると、人の愚かさと愛おしさが味わえるなあって最後に思いました。

人間関係の軋轢ってほぼすべてが妬みから生じるって思ってるけど、ほんとこの映画もそうだった。
でもそうならざるを得ない環境で育った人もいるし。
この前読んだ本にあったようなサイコパスみたいな人も出てくるし(脳の異常ならその人を責められないとも思う)。
でも、近所からは「いい人たち」と思われていた、惨殺された一家の夫婦が学生時代から他人にしてきたことが描かれると、
「殺されても仕方ないな~」みたいな感情がわたしにも湧いたりして。。。

ぶっきーもひかりちゃんも小出くんもうまい。
小出くん、嫌なヤツの役なんだけど、そういうのうまいよね。。。

なるほどこの行動はあとのこれに結び付くのか、と最後の方で伏線が回収されたり。
構成も見事でした。最後まで飽きさせない。


電話相談では、前にも受けた方とお話する。
全国からかかってくる。
特に親の会などが近くにない方、事情があって外にあまり出られない方など、誰かと話したいんだよね。
昨日お話した方も「同じ経験をした人と話がしたい」という気持ちが強いみたいで、
相談っていうよりおしゃべりっていう感じでした。


今日は3つ用事があってまた出づっぱりです。

わたしの周りではインフルエンザもそれ以外の風邪もすごく流行っていて。
自分が元気なのが不思議なくらい。
家族も今のところ無事だけど。

長男たちどうしてるのかな~昨日の朝は吹雪ってスタッフがつぶやいてたけど。
当然ながら息子たちからは何の連絡もなし。
今日無事帰ってきますように。

2人いないだけでもなんかほんとに寂しいわ。
いつか夫婦ふたりだけの日が来るのかしら。。。来ないかもしれないけど(笑)





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春二番の嵐の中、親の会。

2017-02-21 05:39:38 | いろいろ

/

http://gooddo.jp/gd/group/nponemo/

今週もグッドゥでNPO法人 ネモ ちば不登校・ひきこもりネットワーク(通称ネモネット)を応援お願いします

↑このページにある「応援する」をクリックしてもらえると
そのときによって20~1000ポイントが加算され
一週間(月から日で集計)で最大30000ポイント=3000円の支援金がネモに贈られます
いただいた支援金はおもにフリースクールの施設充実に使われています
(何を買うかは子どもたちで委員会を作って話し合って決めています)
毎日しつこくお願いするのでよろしくですm(__)m

フリースクールの様子はこちらからご覧になれます
https://www.facebook.com/fsnemo



朝は晴れたものの、予報通り午後からは春の嵐。
にわかに掻き曇り、風が強くなり、雨も降り出し。。。

わたしは11時半にバードさんをうちの最寄駅で拾って、四街道親の会。
その前に、見つけたタイ料理店でランチしようってことで。

ボロボロの店構えでタイ料理やマッサージの店が4、5軒並ぶ。
現地の人たちが支え合ってやってる感じなのかなあ。
月曜お休みのお店もあり、開いてたカレーのお店に。




あ、ピンボケ。
カレー2種選んで、チキンとナンと、
その前になんか薄いおせんべいみたいなのと(おいしかった)とサラダも出たし、
ラッシーも付いたし、これで950円は安い。おいしかったし。

お店のお兄さんふたりとも感じがよくて、わたしと違って社交性抜群のバードさん(笑)がいろいろお話してた。


親の会は土曜日のネモのシンポジウムに来てくださったというご夫婦が初めて来てくださり、
ほかにも常連さんがふたり。

わたしたちスタッフは通ってきた道なので、
親がこういうことをやってもうまくいかない、とか、やめた方がいいとか、こうした方がいいとか、
見えてしまうので、ついついお子さんを追い詰めてほしくなくていろいろ言ってしまうけど。

ついつい言い過ぎてしまうのが難しい。
そんな状態もずっと続きませんよと言われても、ほんとかしら?って思うかもしれないしね~。

昨日はわたしが司会だったけど、やっぱりしゃべりすぎてしまった気がするな~難しい。

人数少な目だったので早めに終わったので、4時台の明るいうちに帰れていつもより楽でした。
5時過ぎると道が混むし、暗くなるしで運転疲れる。

雨はいったんやんでたけど、風がものすごくて、帰りに寄ったディスカウントスーパーはバラックみたいな建物なので、
ゆさゆさ揺れててゴーゴー外の音がしてた。
運転もほんと怖かったわ。なんか飛んできたらどうしようとか思って。
実際、バス停のあの重い標識が倒れてたし。。。

16年前、千葉県に引っ越してきて、一番驚いたのが春の嵐。
温暖で住みやすいけど、この風はほんとに困りものです。電車もしょっちゅう乱れる。



あ、長男と三男は無事、7時家を出てスキーに行きました。
何の連絡もないから無事なんだろうな。
スタッフがツイッターに「雨のスキーは疲れる」みたいに書いてたので雨だったらしい。
あちゃー初日からついてないな。
今日の天気を見たら、マイナス8度とかで雪らしいよ。。それもな~雨よりはいいんだろうけど。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

社交性はなく親密性がある。

2017-02-20 04:54:30 | いろいろ

http://gooddo.jp/gd/group/nponemo/

今週もグッドゥでNPO法人 ネモ ちば不登校・ひきこもりネットワーク(通称ネモネット)を応援お願いします

↑このページにある「応援する」をクリックしてもらえると
そのときによって20~1000ポイントが加算され
一週間(月から日で集計)で最大30000ポイント=3000円の支援金がネモに贈られます
いただいた支援金はおもにフリースクールの施設充実に使われています
(何を買うかは子どもたちで委員会を作って話し合って決めています)
毎日しつこくお願いするのでよろしくですm(__)m

フリースクールの様子はこちらからご覧になれます
https://www.facebook.com/fsnemo



昨日はわたしと夫は別行動。

知人のご主人が「コーチング」の勉強をされていて、夫とわたしに無料でいいからやらせてほしいと言われ、
おととい夫が、昨日はわたしが1時間ほどの面談を受けた。

わたしは昨日の午前中。
あらかじめ、アメリカの某会社のメソッドにもとづく177の質問に応え、
金額によっていろんなプランがあるけど、お試しってことで一番安いプラン(その費用も先方持ち)だったので、
自分の強みである5つの資質のみが知らされ、それをさらに生かすアドバイスをもらえるというもの。

本来、ビジネス用のものであり、人との関わりの中でどうするかという要素が強いので、
わたしの場合はNPOでの活動やちょこっとやっている仕事などで考えてみた。

で、まず夫とわたしの分析で出た5つの強みがひとつも被ってない(全部で70くらいあるそうだけど)笑。
やっぱりな~という感じ。

夫はやはり慎重で内省的で、じっくり考える人なので行動に移すまでに時間がかかる。
わたしは逆。

適応性と活発性に優れているというのが出て、
つまり流れに沿ってどんどん進むことができ、自分のアイデアを実行に移すことが得意ってうことなんだけど。
そうなのかな~。
まあ適応性はあると思うけどな。

で、親密性もあると言われ、その逆は社交性。
つまり誰にでも愛想よくはできないけど、特定の人たちと深い親密な関係を築けるというもの、
これも当たってるなあ~。

あと、最上志向と共感性というのがあって、
最高の水準を個人ないしは集団で追求するというのと、他人の感情を察することができるというもの。
これはちょっと意外だったというか。
自分ではそこまで高みを追求できてないと思うし、他人の感情を感じるのはわりと得意だと思うけど、
そこに書いてあったように自分に置き換えて考えることはあまりできないと思ってるから。

でも、面談でも「自覚はなくてもそうなんですよ」って言われてそうなのかな~と。
ダメ出しが全然されなくてなんか褒められてばっかりで、これでいいのかなとも思ったけど、
素直に受け止めればいいのかな。
夫は結構ダメ出しされたみたいだけど。。。。
もっと深く知りたい場合は次のステップへということなんだろうけど、
わたしは今何か自分のことで深く悩んでいるわけではないせいか、そこまでとも思わなくて。

ほんとは定期的に面談して自分を変えていくということらしくて、
ちょっとかじっただけだけど、これがコーチングというものなのかっていう経験ができたのはよかったです。
メソッドはいろいろあるらしいけどね。


夫は朝から都内で美術館巡りしてて、合流という話もあったけど、都内に出るのもしんどくて、
わたしは招待券もあったし、そのまま千葉劇場にパンを買って入り、2本続けて見ちゃった。

ポスター画像

実話をもとに、1910年代のイギリスで参政権を求めた女性たちの姿をキャリー・マリガン主演で描いたヒューマンドラマ。1912年、イギリス・ロンドン。洗濯工場で働く24歳のモードは、同僚の夫と幼い息子の3人で暮らしていた。ある日、女性参政権運動活動家である友人に代わって公聴会で証言し、「今とは異なる生き方があるのでは?」という疑問を持つようになる。それがきっかけとなり、モードはWSPU(女性社会政治同盟)のリーダーであるエメリン・パンクハーストの演説を聞き、デモにも参加するようになる。しかし、女性の政治活動を不満に思う男性も多く、夫からは家を追い出され、息子と会うことも禁じられ、さらに工場長からもクビを宣告されてしまう。マリガンが主人公モードを演じ、実在の人物エメリン・パンクハースト役のメリル・ストリープのほか、ベン・ウィショー、ヘレナ・ボナム=カーターが出演。


いい映画でした。涙が出た。
こういう映画のオファーを受けるメリルちゃんはさすが。
女性参政権の獲得のために、こんな過酷で悲しい背景があったとは。
ヒロインのモード。優しい夫とかわいい息子。
職場の環境は過酷だけど黙って耐えるしかないと思っていたけれど。。。
黙っていられなくなって、表情にも自我が芽生えていく演技はさすがでした。

女に発言権など持たせるものかと弾圧をかけ、活動家を逮捕する男たちが醜い。
女子は幼いころから働かされ、雇い主からの性的虐待も見て見ぬふりをされる。
生まれた子も同じ運命をたどることがわかっている。

たった100年前のこと。
当たり前に自分にも参政権があることは当たり前ではないんだよね。


続けて見ることにしたのはこれ。

ポスター画像


世界的なフラメンコアーティストを輩出した、スペイン・アンダルシア地方にあるサクロモンテ地区の歴史をひも解くドキュメンタリー。かつて迫害されたロマたちが集い、イスラムの文化と融合して独自の文化が形成されたサクロモンテ地区。洞窟で生活したロマたちによって洞窟フラメンコが生み出され、その情熱的な歌や踊りが世界を熱狂させる。しかし1963年、不世出のフラメンコダンサー、カルメン・アマヤの死去や、水害によって住む場所が失われるという悲劇がコミュニティを襲う。迫害や洞窟の破壊など、悲しい歴史を乗り越えて生きて来たダンサーや歌い手、ギタリストなどに取材し、世界でも重要とされるフラメンコ・コミュニティのルーツと記憶をたどる。


予備知識も全然なくて見たんだけど、よかった。
ロマって?ってよくわからなかったんだけど、ウィキにはこう書いてありました。

ロマRoma, 次節も参照。単数はロム)は、ジプシーと呼ばれてきた集団のうちの主に北インドのロマニ系に由来し中東欧に居住する移動型民族である。移動生活者、放浪者とみなされることが多いが、現代では定住生活をする者も多い。ジプシーと呼ばれてきた集団が単一の民族であるとするステレオタイプは18世紀後半に作られたものであり、ロマでない集団との関係は不明である。


ジブシーって放浪してるんじゃないの?って思ったけど定住した人たちもいるんだね。
映画の中でも言ってたけど、定住してほかの民族との間に子どももできて混血も多いそう。それにはこだわってない。

こちらも生活のために、子どもの頃から観光客の前で踊らされたり、
水害であちこちに散らばって文化が途絶えそうになったりと過酷なこともあったけど。

なんか明るい。そして、かつて一線で活躍し、著名人もたくさん見に来たという老齢の人たちの歌やギターや踊りが素晴らしい。
身体は忘れないんだね。
男性も女性もたっぷり太っているけれど、動きはしなやかでリズム感がすごい。カッコいい。
歌われる曲の歌詞は日常を歌ったものなんだね。
つまり日本での民謡と同じこと。なんか特別な芸術というわけではなく文化なんだ。
これだけのちゃんとしたドキュメンタリーを作るのは大変だったろうなって思いました。


見終わったら4時。
お寿司買って帰って、残り物とおでんとで楽しちゃいました。


今日から3日間、長男と三男はFSでスキー。群馬の草津戸倉温泉だそう。
調べたら最高気温もマイナス。まあスキー場だもんね。
昨日支度してたけど、やっぱりスキーとなると下着類もたくさんいるし大荷物になってしまった。
ウエアは別でふたりともキャリーひっぱっていくことに。
まあ今回は待ち合わせ場所からマイクロバスチャーターになったから楽だけど。

無事に帰ってきますように。
6時起きで7時に家を出るって。起きなかったら起こしてと言われています。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

そうそう

2017-02-19 14:04:18 | 不登校とその後

昨日はシンポジウムから
子どもたちの打ち上げ、
そのあとFS成人メンバー、スタッフを含む大人たちで飲み会だったんだけど。

長男もずっと一緒で、
年上のメンバーとも年下のメンバーともスタッフとも
楽しげにたくさんしゃべっているのを見て
へええと思ってやっぱり嬉しかったのでした。

飲み会では外には出せないぶっちゃけ話もスタッフ、メンバー双方から出て
夫以外と外で飲んだのは久々だったけど
楽しいお酒でした(^-^)


あと、書き忘れたけどシンポジウムで18歳のコが言ってた。
「されてよかったことは放置してもらえたこと」

やっぱりほっとくのが一番。もちろん気にかけないっていう意味ではないよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネモらしいシンポジウムでした。

2017-02-19 08:15:42 | 有償/無償ボランティア・NPOの仕事



グッドゥ、ネモは現在、すでに2万ポイントを達成していますが、
締め切りの今日中に次のステージの3万ポイント達成するのは難しいと思うので、
今日はほかの団体を支援してあげてください。
http://gooddo.jp/
わたしはこちらへ。
http://gooddo.jp/gd/group/foro/

 

昨日は思ったほど寒くなく。

昨日は夜、飲み会に誘われていたので、朝から家族のお昼や夕食のおでんを作ったりしてバタバタ。
慌てて午後からのシンポジウムの手伝いのために少し早めに行こうとしたら、
途中で財布を忘れたことに気付く(-_-;)
夫に途中まで持ってきてもらうも、約束の時間に遅刻決定。。。まあ10分くらいだけど。

慌てて途中で買ったお昼を食べて、少しだけ手伝い。
シンポジウム中は、やはり保護者手伝いのTさんと一緒に後ろの冊子販売のコーナーに座ってました。
撮影係もやっていたので、ネモのデジカメばかりで撮って、ブログ用に自分のスマホで撮るのを忘れたわ。。。
なので画像はなしですが。

理事長の話のあと、3人の10代のネモのFSに来ている男の子たちの話。

不登校になった経緯。
学校に行けなくなってからされたり言われたりして嫌だったこと。
フリースクールに初めて行ったときの印象。
その後の自分の気持ちの変化、自分で感じる成長。
フリースクールで一番楽しかったこと。。。

そんなことを自分らしい正直な言葉で話してくれて、
なんかきれいにまとまらないところがネモらしくていいなあと思いました。

スタッフ入れて40名ほどでしたが、自分のお子さんの気持ちもこんなふうなのかもなあと
気付きがあった方がいらしたらうれしいです。


されて嫌だったことでみんなが言ってたのはやはり、
クラスの子や先生の「来い来い攻撃」。
来いと言われて行けるわけもないのに、言われるのはつらいよね。
しかも善意で来られると反発もできない。

親に無理やりスクールカウンセラーに会わされる。

小学校低学年のときに車に無理やり乗せられてて、校門で先生に拉致されて、お姫様抱っこで教室に入れられる。
この上ない屈辱。もうほんとうに行けなくなる。

学校に行けなくなると、学校外のスポーツのチームなどにも学校で一緒の子がいて行きづらくなる。
学校に行けなくなるとどこにも行けなくなる。

自分は何をやってもどうせうまくいかないと思っていた。
フリースクールで友達ができて、みんな同じような経験をしているから言われて嫌なことは言ってこない。
いろんな話を聞いて自分だけじゃなかったんだとホッとする。
安心できる場所でいろんなことに挑戦できて少しずつ自信がついてきた。

でも一番楽しいのは、どこかに行ったり何かするということよりも、みんなで話しているとき。



いろんな理由で傷ついた上に、よかれという周囲の善意でさらに傷ついた子どもたちが、
少しずつ少しずつ自分はダメじゃないんだと思えるようになる。

全然ダメじゃないのに、ダメと思い込んでる子どもたち、それをさらにダメと思わせる大人たち。
この構造を少しでも減らしたいと思って、わたしもネモの活動をしています。



経験者のシンポジウムと言うと「いろいろあったけど、今はこうやって学校に行っていますとか働いています、
だからあなたのお子さんも大丈夫っていうようなのが多いけど、
そうじゃなくて、みんなこんなふうな思いをしてきている、今もしている、それを理解して、
親として周囲の大人たちとしてどう考えていったらいいか一緒に考えましょう、っていう目的の場が増えるといいなと思います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春一番~上着いらず、電車乱れる

2017-02-18 07:19:12 | いろいろ



http://gooddo.jp/gd/group/nponemo/

今週もグッドゥでNPO法人 ネモ ちば不登校・ひきこもりネットワーク(通称ネモネット)を応援お願いします

↑このページにある「応援する」をクリックしてもらえると
そのときによって20~1000ポイントが加算され
一週間(月から日で集計)で最大30000ポイント=3000円の支援金がネモに贈られます
いただいた支援金はおもにフリースクールの施設充実に使われています
(何を買うかは子どもたちで委員会を作って話し合って決めています)
毎日しつこくお願いするのでよろしくですm(__)m

フリースクールの様子はこちらからご覧になれます
https://www.facebook.com/fsnemo


今朝、目が覚めたら6時半だった~ひ~9時間以上も寝てた。疲れがたまってたんだな。


昨日は午前中、仕事仕上げてちょっとゆっくりしてフィットネス。
中途半端な時間なのでちょっとだけ食べていって、
帰りにファミマでauのやつで当たったアイスの引き換え期限がせまっていたので(案外うちのすぐ近くにはファミマがない)、
引き換えがてらもうちょっと何か買って食べようと思って、肉まんとホットコーヒーも買って車の中で。
その足で図書館。
もちろんその前にいおんさんでも買い物。昨日と今日の分の食材と、スキーのために三男の下着をちょっと。
冬物のパジャマが安くなっていたら、自分と長男に買い足したいなあと思ったんだけど、
下着はあってもパジャマはもうなくて春物が並んでた。。。


ほんとに暖かくて、裏起毛のトレーナーで上着なしだったけど、下がヒートテックだったら暑かった。
でも今日はまた10度以上下がるそうなんで油断は禁物。
風がめっちゃ強くて、春一番(早いと思ったけど、昨年は14日でもっと早かったそう)、はいいんだけど、
車のハンドル取られそうなくらいだったし、踏切の棒がゆっさゆっさ揺れてて折れて落ちてきたらどうしようって思っちゃった。


今日は午後からネモの子どもシンポジウム。
うちの息子たちは話さないけど、長男は手伝いに行くそう。三男はノータッチで休むって(こういうとこ、はっきりしてるわ)。
わたしもちょっと手伝いがてら聴きにいきます。

無料だし、思い立ったらぜひお出かけください。
経験者の話が一番ためになるよ。


ユースフェスタ

場所は市民プラザ大久保。京成大久保駅から徒歩10分くらいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

摩訶不思議な迷宮

2017-02-17 04:30:24 | ライブ・舞台

http://gooddo.jp/gd/group/nponemo/

今週もグッドゥでNPO法人 ネモ ちば不登校・ひきこもりネットワーク(通称ネモネット)を応援お願いします

↑このページにある「応援する」をクリックしてもらえると
そのときによって20~1000ポイントが加算され
一週間(月から日で集計)で最大30000ポイント=3000円の支援金がネモに贈られます
いただいた支援金はおもにフリースクールの施設充実に使われています
(何を買うかは子どもたちで委員会を作って話し合って決めています)
毎日しつこくお願いするのでよろしくですm(__)m

フリースクールの様子はこちらからご覧になれます
https://www.facebook.com/fsnemo


昨日はさらに暖かく、薄めのセーターにダウンベストで出かけたけど、それでも暑かったくらい。
今日は19度まで上がるそうなんで、上着なしでいいな。車でフィットネスに行くだけだし。


昨日は午後からひとりで都内で舞台の予定で、じゃあその前にチケットいただいてたこれへ。

五つ星の作家たち

20170114_poster

 

本展は、「クインテット」(五重奏)と題し、約20年間の継続的な作品発表実績があり、将来有望な5人の作家たちを紹介するシリーズ企画 第3弾で、川城夏未、木村佳代子、橋本トモコ、堀由樹子、横溝美由紀の近作・新作約70点を展示します。
第1回、第2回のテーマは「風景」、第3回の本展テーマは「自然」です。5人の作家たちは、都会に生まれ育ち暮らしながら憧憬の念と共に「自然」を見つめ、取り囲む環境を手掛かりに制作しています。それらは写実的に描写する作品というよりも、日常接する「自然」に自らの記憶や思考を重ね、豊かな感性と個性で形象化する作品と言えます。
私たちと同時代に制作された5人の絵画の前に佇むことで、私たちの心に奏でられる各々の五重奏は、爽やかな「残響」としてしばらく留まることでしょう。

※本展覧会は展示室内での作品撮影が可能です。
(収蔵品コーナーは撮影不可です。)


え?撮影可能だったの?知らなかった。誰も撮ってなかったし。
わかるように掲示してくれないと・・・
収蔵作品のところに「撮影不可」って書いてあったから、わざわざなんで?って思ったけど。

1970年前後生まれの5人の女性の画家たち。
テーマが「自然」。特に花のモチーフが多くて、5者5様の個性が強くて、とても楽しめました。
どの方も好きだなあと思ったけど、特に右上のオシロイバナ描いてた方が好きかな。
20年の継続的な作品発表実績がある方ということで、描き続けるって並み大抵のことではないのだろうな。
一時期、方向性が見えなくて悩んだという方もいらした。
一貫して同じテーマで描いているという方もいらした。

見終わったらちょうど12時過ぎで、スマホの充電が不安で(携帯充電器を忘れたことに気づいて。アダプタとコードは持ってた)マックへ。
でもお昼時の新宿のマック。充電できる席はもちろん満席。少し待ってようやく座れました。
都会のマックはすごいね。厨房の中に10人以上の人がいた。
美術館に行くのに地下道からコクーンビルの地下のBook 1stの中を通って地上に出るとわかりやすんだけど、広くてここもさすが都会って思った。
たまには本屋に行かないとな~ネットで買うか図書館で予約するばっかりで。

ふと手に取ったこれが面白そうで買ってしまった。もらいもののQUOカードが使えたのでそれで。



今、密林さん見たら、ベストセラー1位なんだね。
帰りの電車でほぼざっと読んだけど、確かに面白かった。
ていうか、「こういう人いるなあ。やっぱりそうなんだなあ」っていうか。
程度やタイプはいろいろあって、殺人鬼ばっかりではない。
世の中では成功している人にも多い。
言葉が巧みで、大胆だから魅力的に見える。
人の心に共感はできないけど分析するのは得意。
気がついたら操られ翻弄される。
こういう人が職場にいたりすると翻弄された方が傷つきどんどんやめていったり、
プライベートの付き合いだとブログ炎上させられたり。
早く気が付いて距離を置くしかないんだろうな。
脳の異常なんだからその人のせいではないけど、その人のために自分を犠牲にすることはない。
サイコパスは全人口の4%いるそうです。


話それたけど、新宿から三軒茶屋に移動。
なんとか平日のチケットならゲットできたこれへ。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

江戸川乱歩の作品群の中から厳選した8本の短編小説を
倉持裕が1本の演劇作品として再構成し、迷宮世界を舞台に立ち上げる!

お勢登場

作・演出: 倉持 裕
出演: 黒木華 片桐はいり 水田航生 川口覚 粕谷吉洋 千葉雅子 寺十吾 梶原善

大劇場から小劇場まで、演劇界で縦横無尽に活躍する倉持裕の新作『お勢登場』。大正~昭和にかけて活躍した文豪・江戸川乱歩の作品世界をモチーフとし、「お勢登場」をはじめとする8本の短編小説を1本の演劇作品として再構成します。今回モチーフとなるのは、江戸川乱歩の<本格推理もの>より『二銭銅貨』『二癈人』『D坂の殺人事件』、<怪奇幻想もの>より『お勢登場』『押絵と旅する男』『木馬は廻る』『赤い部屋』『一人二役』という8本の短編小説です。この8本は、乱歩作品の中の二大ジャンル「本格推理もの」「怪奇・幻想もの」の両方から分け隔てなく選びました。
出演陣には、ベルリン国際映画祭 銀熊賞受賞、2年連続で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞受賞など華やかな受賞歴を持ち、次代の実力派女優の呼び声高い黒木華が、タイトルロールの悪女・お勢を演じます。その他、片桐はいり、梶原善をはじめ個性あふれるベテラン勢が顔を合わせます。 目のくらむような迷宮世界にご期待ください。



「書く女」がとてもよかった華ちゃん見たかったし。はいりさんもまた見たかったし。
ほとんどの方が複数の役をされて、そこはかとなくゾッとするような、人の心理を突いたモチーフの連なり。

華ちゃんはどの役も、ニコニコしながら恐ろしいことする女で。
はいりさんはやっぱりどこか変っていて。
梶原さんもよかったな~。

で、あれは誰? 森田剛くんにちょっと似てる。。。好きだなあと思ったのが川口覚さんでした。
テレビにもちょくちょく出てるみたいだけど憶えてない。。。。注目しとこう。

セットもすごく凝っていて、「奥行きが深い劇場だから、飛び出してくるようなセットが面白いかも」と倉持さんがインタビューでおっしゃてたけど、
その通り、こっちが引っ込めばこっちが飛び出すみたいな忙しい仕掛けでとても楽しめました。
ストーリーもセットも凝ってたなあ。
笑えるところも、怖いところも、そういうことか!ってわかる伏線も楽しかった。

シアタートラムは600席ほどで、わたしは最後列だったけど全然遠くなかった。
休憩なしだろうし2時間くらいかなあと思ったら2時間半あったけどあっという間でした。

急いでまっすぐ帰って6時過ぎ。次男は寝てるし、長男と三男はまだFSから帰ってなかったしで、
いそいで夕食作って何喰わぬ顔で出迎える(笑)。
まあ別にわたしがどこへ行こうと気にしてない人たちだけどね。



 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加