忙しいほうがいい。でも本当は・・・

時間が止まってしまうと、いろんなことを
考えてしまいます。
だから忙しいほうがいい。

でも、本当は・・・

あなたはマスコミによって世論誘導されていませんか?

2012-09-17 09:46:00 | のんき的時事問題
タイトルをちょいとメッセージっぽくしてみました。

前回の記事で、のんきは

『あなたがマスコミ・・・つまり、「マスコミュニケーション=大衆の情報伝達」に洗脳されていることを証明してみせましょう。』

と宣言いたしました。・・・とはいえ、「もう知ってるよ」なんて人もたくさんいるでしょうけど。

ではいきます。

皆さんは、「Yahoo!Japan」ってご存知ですか?

Wikiを使ってちょいと解説してみます。

<以下引用>
「トップページ(www.yahoo.co.jp/)は、2009年(平成21年)現在1日平均19億のアクセス数を誇り、日本における検索エンジンとしては過半数のシェアを獲得しており各検索プロバイダを抑えて業界トップの座にある。
<中略>
日本以外のYahooはほとんどの場合米Yahoo!社が筆頭株主となっているが、日本ではYahoo! JAPANのサービス開始当時ソフトバンクが米Yahoo!社の筆頭株主だった関係もあって、現在もなおソフトバンクグループが筆頭株主である。」

はい。つまり、要は国民にものすごく支持されているってことです。
皆さんの印象はいかがでしょうか。たとえばTV局であれば日テレとか、テレ朝とか、TBSとか、フジとか、そのくらいの印象があるのではないでしょうか。

大手で、それなりに信頼性がある、と。

Yahoo!JAPANでは下記のような画面から書くサブカテゴリーに移りますね。



赤丸で「政治」と囲んでいるところをクリックしてみます。

すると、こんなサイトにリンクします。
Yahoo!みんなの政治


↑中央部にこんな項目があります。「政治投票」って書かれてますけど、要はサイト利用者に対してのアンケートです。

「政治投票一覧」を見てみます。

一覧の中に、こんな質問項目があります。
党の政策や方針を、最も適切に国民に伝えていると思う党首は?

では、そのアンケート結果を見てみましょう。



・・・あれ?
何かおかしくないっすか・・・?

一応、このサイトを運営しているのはYahoo!JAPANさんではなく、NPO法人ドットジェイピーさん。

つまり、

『NPO法人ドットジェイピーが、インターネットサイトYahoo!JAPAN利用者を対象に行ったアンケートで、有効回答者数は3693名。回答方法は同サイト上で利用者が直接回答する方法がとられた」

と、きっと新聞紙上などでは報道されるでしょう。
いや、100歩ゆずって小沢さんが一位なのは良しとしましょう。
ですが、普通は「特にいない」が一位になるのではないでしょうか。

では、ちょっと画面を下にスクロールしてみます。


「回答者が支持する政党の割合」を見てください。
 何故かわかりませんが、「生活」つまり、「国民の生活が第一党」がTOPになっていますね。 

「へぇ~~~国民の生活が第一って、こんなに国民から支持されてるんだ~~」
などと思うバカはいませんね。 明らかに『組織票』です。
もしくは特定の個人が複数のアカウントを獲得して、マルチで回答を行った結果です。

さて。こんなYahoo!みんなの政治に対して、こんな記事が某週刊ポストに掲載されました。

新聞世論調査より「Yahoo!みんなの政治」が実態反映との意見も

一部抜粋します。
<抜粋>
鳥越:どうしたって、「増税やむなし」の結果が出るに決まっている。だから客観的な結果は期待できない。

 消費増税法案に賛成か反対を問う調査では、社によって極端な差がでた。6月の衆議審議の頃、同じ時期に行なった調査では朝日も読売も「今国会で増税法案を成立させるべきか」と質問したところ、「させるべき」が朝日では17%にすぎなかったのに、読売では64%もの高率だった。この結果を見れば、世論調査によって民意を図ることがいかに虚しいかがわかります。

長谷川:新聞・テレビの調査結果とネットのそれでも大きく異なることが多い。特に小沢氏に対する支持率がそうで、ネットでは非常に高い。「Yahoo!みんなの政治」などのほうが、調査主体に変な色がついていないだけに、世論の実態を反映しているのかもしれない。

 ただし、ネットも完全には信用できない。ネット番組でTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)について賛否を投票してもらうと8割ぐらいが反対でした。外資やグローバリズムを嫌う層が多いんだと思います。


「鳥越」とは鳥越俊太郎氏。「長谷川」とは長谷川幸洋氏。長谷川幸洋という人のことは私はよくわかりませんが、鳥越氏は皆さんの中でも非常に有名な方ですよね。

それにしても・・・

特に小沢氏に対する支持率がそうで、ネットでは非常に高い。「Yahoo!みんなの政治」などのほうが、調査主体に変な色がついていないだけに、世論の実態を反映しているのかもしれない。


ですか・・・ どの口が言ってるんだてめぇ!!

そういえば今朝の某とくダネ!で、自民党の総裁選が東京街中で行われた演説の様子を撮影し、市民の声として、こんな声が上がっていました。

「説明の内容がとてもわかりにくかった」
「どの候補者も言っていることが一緒」
「このままだったらまた民主党に票が集まってしまう」

・・・

この3つのインタビューだけです。どんだけ偏向的なんだ。
で、候補者5名について。ニュースのタイトルだけ表示します。

石破氏80%支持、自民総裁選で街頭アンケートスポーツ報知
自民総裁選:石破氏が地方票で先行…本紙調査毎日新聞
ダブル党首選アンケート 自民県議7割が石破氏 民主は首相支持集中静岡新聞社

こんなニュース、よく見かけませんか?

では。
任期満了に伴う自民党総裁選(9月26日開票)に5氏が立候補。立候補者のうち、誰がもっとも自民党の新総裁にふさわしいと思いますか?
同じ、「Yahoo!みんなの政治」のアンケートです。



あれ? ずいぶん新聞報道と違う結果ですね。
回答者の支持する政党は圧倒的に自民党が多いです。全体の3割。

自民党支持者が世論操作を行おうとしているんでしょうか。


ねぇ。何でマスコミはこれほどに石破さんを推すのでしょう。
ものすごく違和感を覚えませんか?

前回の記事でもお伝えしたとおり、本当に自民党を愛する人間なら、きっと安倍さんを支持する、とのんきは思っています。

マスコミが石破さんをこれほどにプッシュするのは、おそらく安倍さんに総裁→首相になられてしまうと、何かまずいことがあるのではないでしょうか。

石破さんは、そのスケープゴートとして利用されているように思えてなりません。前回も記したとおり、石破さんは経済・財政の分野に不安が大きく、一人の国会議員としてならともかく、首相として支持することはのんきにはできません。

カリスマ的な意味合いからも安倍さんほどの適任者はいないと思うのです。

のんきに投票権がないのが残念ですが、自民党の党員さんたちには、絶対に誤った選択をしてほしくないです!!

さて。皆さま。どうだったでしょう。自信を持って言えますか。「私はマスコミに世論操作などされていない」と。
あなたの選択は、本当に自分の意思や考えで決めたことですか?

今一度、考えてみるチャンスとして頂けることをのんきは願っております。




日本の未来は明るい!!


は日本を明るくする!!

「東北関東大震災」支援クリック募金

ブログランキング・にほんブログ村へ相互リンクとランキングプラス
TREview地域ネット日記@BlogRanking


帰りしにクリックを・・・

あなたの1票が、のんきのブログを沢山の方に知っていただく力になります^^


ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自民党総裁選に思う | トップ | 麻生太郎さん、安倍晋三さん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

のんき的時事問題」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL