のんきな父ちゃん

のんきな父ちゃんと育児に明け暮れる母ちゃんの日常。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

つくってあそぼう!キャンプ

2016年09月18日 | Weblog
 城陽市の施設「友愛の丘」にて、一泊二日のキャンプ体験に参加。

 …が、うちから城陽市までは非常に交通の便が悪くて電車ではものすごく遠回りになるため、早朝からの移動は辛いということで、費用度外視でタクシー移動。
 これが悪かった。自家用車がなく車に乗り慣れていないわが子は車酔いでふらふら。現地に着いて少し休んだところ元気になったようだったので、現地スタッフさんにお任せして父ちゃん母ちゃんは別行動。

 活動の進捗を知らせるブログを見ていると、写真にわが子がさっぱり映っていない。
 ぽつりぽつりとは映っているし現地から特に緊急連絡等が入るわけでもないので、そのまま様子見。

 翌日午後に迎えに行ってスタッフさんにお話を聞いたところ、2日目は朝食をあまり食べず、気分がすぐれないということで横になっていて、時間を置いて朝食の残り、その後昼食のカレーを食べた辺りで復活した、とのこと。
 「車酔いと寝不足で疲労が溜まったんでしょうか」と言われけど…超偏食のせいで食が進まずエネルギー切れになったんじゃないかという気もする。

 それでも相変わらず社交面では抜け目ないようで、同じ班になった同い年の子と仲良くなり、作るはずだった竹細工も余分に作ってもらったものを分けてもらい、別れ際には参加記念のバッジをお互いに交換したとのこと。

 天候がやや思わしくなかったものの本人的には楽しかったようで、また参加したいとのこと。









 ついでに覚書。
 このタイミングでの父ちゃん母ちゃんの別行動、というのは、この9月に結婚10周年ということで、ちょっとばかり羽根を伸ばして贅沢させてもらうことにしていた。
 わが子を送った後はJRで京都に抜ける。道中で電車の中から見た伏見稲荷大社の混雑ぶりには絶句。昼食は伊勢丹の拉麺小路に行ったもののハズレでがっかり。カフェタイムは久々のイノダコーヒ。レモンパイ旨かった。
 いったん自宅に戻って、夕食は自宅近くのイタリアンレストランで食事。
 食事の内容自体は大当たり。
  野菜の盛り合わせ(サラダ、ではなく野菜の盛り合わせ。それぞれの素材の味が良い)。
  八幡巻き(?牛蒡を鶏肉で巻いたもの)。
  車海老のグリル
  きのこのクリームソースのペンネ(さっぱりしていて食べやすい)
  ラムステーキ(羊なのにまったくクセがない)。
  ここまで食べて「食べ足りないようでしたらシンプルなパスタをご用意できます」。いやもうムリ。
  デザート3種。
 この内容でリーズナブル、ものすごくコストパフォーマンスのいい店だったんだけど…ぜんぶ一人で切り盛りしているお店で、われわれ以外に8人ほどの常連さんらしきグループがいたせいもあってか、時間掛かりすぎ。普通に食べ進めてたのにみっちり3時間。リピートはちょっと敬遠。
ジャンル:
子供
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 運動会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL