野に遊ぶ

道草、寄り道、回り道カメラを持ってぶらぶら 身近な野原や雑木林や田の畔道で出会った野草、蝶、昆虫などを紹介していきます

今日のさんぽ

2017年06月17日 | 花と蝶
初めてのウチワヤンマを見せて頂きました → 訂正しますオナガサナエでした。
こごみさん有難うございました、今後ともよろしくお願いいたします。



ウチワヤンマ → オナガサナエ 訂正いたします。 サナエトンボ科




オナガサナエ  サナエトンボ科 




オナガサナエ




アゲハモドキ  チョウ目  アゲハモドキガ科




ウラギンシジミ  チョウ目 シジミチョウ科




オオナミモンマダラハマキ  ハマキガ科




アゲハチョウの幼虫




ヨウシュヤマゴボウ  ヤマゴボウ科  ヤマゴボウ属




アキノタムラソウ  シソ科 アキギリ属

ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サギ 2種 | トップ | 今日のさんぽ ② »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (こごみ)
2017-06-18 20:09:44
先日は初めてお会いできて嬉しかったです。
ウチワヤンマということですが...
この画像から見るとオナガサナエのように思います。
翅胸前面中央に細い斑紋があるところや腹部第7節の
黄斑が目立っている事でそう思いました。
ウチワヤンマは池の枝に水平にとまっているのを見かけます。
オナガサナエは一度しか出逢った事が無くてうらやましく思いました。
もし、違っていたらごめんなさいm(_ _;)m
オナガサナエ (野いちご)
2017-06-18 21:42:11
こごみさん こんばんは!
コメント有難うございます。
実はトンボのことは何も知らないのです。
このトンボは寺家のお仲間が見付けて持って来てくれたのです。
その時にウチワヤンマと教わり調べもしないでそのまま名前を付けていました。
このトンボは弱っていて笹などにつかまらせても暫らくすると落ちてしまい飛べませんでした。

今、色々調べましたらご指摘のようにオナガサナエのようです。
有難うございました、明日晴れましたらこのトンボを置いた場所に行ってみます。
もう一度しっかり観察したいです!
Unknown (コミリン)
2017-06-18 22:22:39
今晩は。
 
オナガサナエだったんですね。私も本物を見たことがなく、勝手な思い込みでした。両方とも初めて見て、図鑑で見てわかりました。ご指摘していただき、感謝と深く反省しています。ありがとうございました。
Unknown (野いちご)
2017-06-19 09:34:51
コミリンさん おはようございます!
コメント有難うございます。
色々とお世話になりました、有難うございます。
困りますね。 (パルちやん)
2017-06-21 20:52:20
私も夕方同一個体見ましたが、
間違いなくオナガサナエです。
オナガサナエは夏の信州には多く見られます。
また、ウチワヤンマは広い池の杭などに、
止まっている事が多く、
オナガサナエより大きく荒々しい感じを受けます。
最近、チャイロチョッキリをルイスアシナガオトシブミと、
間違える方もいて困りますね。
Unknown (パルちゃん)
2017-06-21 20:58:09
丸子町のオナガサナエを貼ります。
http://michibatazaki.sblo.jp/archives/201308-1.html
花虫さんのHP (野いちご)
2017-06-22 08:55:22
パルちゃんさん おはようございます!
コメント有難うございます。

オナガサナエは初見のトンボでした。
夕方まだ居ましたか!
弱った様に見えたのですが翌日は姿は見えませんでした。
元気よく飛んで行ったのなら嬉しいです。
パルちゃんさんのHPで綺麗な写真を拝見いたしました、有難うございました。
チョッキリ、オトシブミ、等は細部までよく観察をしないと識別が難しいですね。お世話になりました!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。