スコクラブ

3匹のスコティッシュ+1匹のミックスがおくる、まったり日記

痛風まっしぐら~

2011年11月29日 05時10分34秒 | のんちゃん

 

みなさん、こんにちは~
ご訪問、ありがとうございます

 

今宵も宴会開始と、テーブルを見ると



 

のんちゃんがテーブルを占領



お皿が並べられません

 

これ見よがしにあくびなんかしたり・・・



 

まさかのお股メンテまで始めたり・・・



 

でもね、のんちゃんをどかす良い方法があります

撫でてあげようとすればいいの

嫌がって速攻逃げていきます

走って逃げていきます

・・・・何か、カナシイ・・・

 

気を取り直して、おつまみは



豚しゃぶの下には、さらした玉ねぎがたっぷり入っています

 



男の簡単料理~

 

『お父さん、ビールと肉じゃ痛風になるわよ


 

女性はなりにくい病気ですが

痛風の発作が出たら、風が吹いても痛いそうです

それでもやめられない酒と美味しいつまみだそうです

あ~、単なる酒飲み酔っ払い夫婦だわ~



いつも、ありがとうございます

にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

いただいたコメントは、嬉しく楽しく読んでいます
個々のお返事はできませんが
皆様のブログ訪問に替えさせていただきますね

gongonさんへ:山猫文庫のお店では、ご主人が採ってきたキノコの炊き込みご飯を
1日2パックだけ売っているんですよ。。
それが、また家庭的で美味しいんです~
うみねこパパさん・・・少し疲れて凹んでおいでる様子でした・・・。。

蘭ママさんへ:千里浜へ行かれたことがあるんですね
ひょっとして蘭ママさんは、金沢近辺にお住まいですか??
支障のない程度に、何でも書き込んでくださいね。。
楽しみにしていますよ~

コメント (64)
この記事をはてなブックマークに追加

休日のランチ(山猫文庫)

2011年11月26日 04時59分29秒 | 日記

 

みなさん、こんにちは~
ご訪問、ありがとうございます

海沿いに車を走らせて



待っていてくれたのは、ビーグルのはなちゃん



山猫文庫”と言う名前のカレー屋さんへ行ってきました



郊外の住宅地にひっそりと建っています

ご夫婦だけでこっそりと営業している感じ

玄麦のサラダが美味しかった~



私はきのこカレー、お父さんはチキンカレー



ご夫婦の人柄が分かるような

丁寧に作られた美味しいカレーです

店内には読書好きなご主人が読まれた本が、本棚にギッシリ

とても安く提供されています



買った本はこれ、400円でした

人生に悩みはつきものですから~



こんな落ち着いたところで

ゆっくり読書できる時間があったらいいな~

と、思いつつ帰りましたよ

 

 おまけ 

のんレオの一発芸です


ロシアン・レーオ


のんちゃんにウニ玉を投げると

手で撃ち落とそうとします



いつも、ありがとうございます

にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

いただいたコメントは、嬉しく楽しく読んでいます
個々のお返事はできませんが
皆様のブログ訪問に替えさせていただきますね

 

うみねこパパさんの近況

いったん都会で生活を立て直そうとされましたが

宮城へ帰られるそうです

電話で直接お話をしたのですが

被災された方々はいまだにご苦労が絶えない様子です

でも、きっと南三陸の故郷は

うみねこパパさんをあたたかく迎えてくれるでしょうね

心からエールを送りたいです

うみねこパパさんの記事はこちらから→


gongonさんへ:うふふ、gongon君とレオは同じ毛並みなのですね
性格も似ているなんて、親近感で~す
呼んだら“のしのし”・・・想像しただけでニンマリしちゃいます。。
可愛い子ですね

蘭ママさんへ:蘭ちゃんは寝ていることが多いのですね。。
どうか、何でもご自分のこと(蘭ちゃんも含めて)を書き込んでくださいね。。
皆で考えて、打開策を考えましょうね。。
一人で悩まないで、ご協力したいです~

コメント (55)
この記事をはてなブックマークに追加

レオ君の寝姿

2011年11月23日 05時11分57秒 | レオ君

 

みなさん、こんにちは~
ご訪問、ありがとうございます



レオ君、爆睡中です(アホ顔ですね



 

よく見ると、舌が出ています



 

チロッ

 

 


『いけない、しまい忘れたでしゅ

(大きな手です

 

『ゴロニャンでしゅ・・・


 

とにかくレオ君

おっとり・もっさりな性格なので

どちらかと言うとせっかちなお母さんは

こののんびりムードに癒されて

アセアセした気持ちがスーッとします

 

別の日の寝顔



 

最近では、犬のように

お父さんの後を追って甘えています

名前を呼ぶと、時々だけど、お返事もしてくれます

私達の気持ちも

少しずつ、無理なく自然に

のんちゃんレオ君に向くようになってきました

 


いつもありがとうございます

にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

いただいたコメントは、嬉しく楽しく読んでいます
個々の返信はできませんが
皆様のブログ訪問に替えさせていただきますね

gongonさんへ:あの晩は、にわかには信じられない不思議な気持ちでした。。
でも、お酒は格別に美味しかったです。。
次に起きる奇跡を信じて、夫婦で酔いしれましたよ

コメント (63)
この記事をはてなブックマークに追加

のんちゃんとレオ君の反応は~?

2011年11月20日 05時18分02秒 | のんとレオ

 

みなさん、こんにちは~
ご訪問、ありがとうございます



前回はのことを一緒に喜んでくださって、ありがとうございます

信じる信じないは別として

この冬が楽しみです

今度はを捜さねばと、プレッシャーがかかるのですが

そこは、神仏が上手く采配してくださるでしょう~

 

セッションの日の夜は

一応お祝いの宴会です

ワインで乾杯といきました



さっそく、のんちゃんの乱入です

ブリケツ~~



 

のんちゃん福ちゃんが戻って来るのよ~~

 

『うそ~~ あの騒がしいのがまた来るの~~


大丈夫、性格は変わって来るらしいから

以前のようにハチャハチャな猫でないと思うわよ

 

レオ君にも、話をしておかないとね

レオ君が戻って来るのよ、レオ君は嬉しい~







 

『そんな、アホなでしゅ~


 

『レオの天下は、三日天下で終わりでしゅ~~


 

『私だって、考えちゃうわ~


、2匹の反応は・・・嬉しくないの

まぁ、がいなくなって

2匹は存分に甘えているので、分からないでもないかな~

君たちも大好きですよ

大事な大事な存在なのよ

安心していいからね

 

追記

が戻ってくる理由に、が言った言葉は

『だってお父さんとお母さんの人生には、まだ僕が必要でしょう~』ですって・・

この小生意気な言い方はらしいと、笑っちゃいました

 


いつも、ありがとうございます

にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

いただいたコメントは、嬉しく楽しく読んでいます
個々の返信はできませんが
皆様のブログ訪問に替えさせていただきますね


gongonさんへ:ありがとうございます
gongon君も何か言っていましたか~笑
gongon君と福は、お話をしているかもしれませんね。。
何せ、今、福は天使の羽根がはえたように飛び回っているそうです

蘭ママさんへ:ありがとうございます
蘭ちゃんは先天性疾患を患っているのですね。。
蘭ちゃんも、何か意味を持ってその病気を持ったのかもしれませんね。。
蘭ママさんの深い愛情で、どうか一日でも長く穏やかに暮らせるように
祈ってます。。
蘭ちゃん、エールです!!

コメント (54)
この記事をはてなブックマークに追加

アニマル・コミュニケーション(福からの伝言)

2011年11月17日 05時14分57秒 | 福ちゃん

 

みなさん、こんにちは~
ご訪問、ありがとうございます


アニマル・コミュニケーションを受けてきましたよ

それは“に会える”という私の想像とは少し違っていました

まず、ローレン・マッコール女史は

優しい微笑みを絶やさない、心の美しい人だと感じました

通訳の方もベテランでした

主催したのはTタッチのD-smile!のDさんです

私達は無理をお願いして、特別に時間を作ってもらったので

ホテルの一室でセッションを行いました

 

最初にへ聞きたい質問を女史に伝え(12項目ほどありました)

女史はそれをメモします

質問内容を伝える時点で私は涙でウルウル、唇が震えました

女史はそのメモと数枚のの写真を持って

20分ほど別室へ行ってと交信してきます

そして、その結果を私達に伝えるという形態でした

 


(優しい笑顔のローレン・マッコール女史です)

 

私がどうしてもに聞きたかったこと伝えたかったことは

“なぜ、そんなに早く死ななければならなかったのか”

“治療法は間違っていなかったのか”

“今生で、もう一度会えないのか”

そして、への感謝と

もうお父さんもお母さんも大丈夫だから

も安心して、そちらで魂を磨いて

次に生まれ変わっても、優しい飼い主さんに恵まれてね

と、伝えたかったのです

 

部屋に戻ったマッコール女史が最初に発した言葉は

は面白くて、ふざけた猫です。

の方からベラベラしゃべりはじめましたよ」

面白くて、ふざけた猫・・・・!

そう、元気だった頃のは朗らかで明るくて

どちらかと言うと軽いタッチのおちゃらけた猫でした

もろもろの質問の内容とその答えは

みなさんのご想像の通りです

は幸せだったし、私達のことも大好きでした

その口調が、あのにそっくりのイメージなのに驚き嬉しくなりました

本当にだと思えました

イメージや言ってくることがドンピシャなのです

 

特に救われたのは、マッコール女史の口から伝わる

あの健康だった時の元気なそのもで

自分の“死”を悲観していなかったことです

若くして死んだので、未練はないのか

それだけが心配でした

重度の病気を抱えて、生を考えながら生きていく(死んでいく)ことが

今世のの魂の課題だったようです

 

私は9ヶ月間にわたるの闘病生活で

少し心が病んでいたのかもしれません

手を尽くしても、手を尽くしてもだんだん弱っていく

愛しい若い命を看るのが辛かったのかもしれません

の死をダークでシリアスにとらえ過ぎていたのかもしれません

女史の口から発せられる明るいの言葉に

心の氷が解けだすようでした

魂は転生輪廻を繰り返し

“死”は決して永遠の別れではないことを

頭では分かっていましたが、切実に感じた一日でした



 

そして、そして・・・

から衝撃的な発言が伝えられました

会話の中で

が生まれ変わるというのです

そして、私達の所へ再び行くというのです

これには、マッコール女史も驚嘆しました

ほとんどの場合、生まれ変わっても同じ飼い主の所へは行かないものなのに

とても稀なケースであること

『セカンドチャンスを与えられるのとても珍しいんだよ』の言葉です

 

実は、私たちはこのセッションを終わらせたら子猫を迎えようと思ったいました

里親募集の仔を密かにチェックしたり

ペットショップでめぼしい仔を抱かせてもらったりしていました

 

『焦らないで、忍耐で待って』、

『雪が降っている頃から子猫を捜して』

『僕とよく似た毛色の仔を見つけて』

『お父さんとお母さんを見たら、僕の方からアピールするから』
の言葉です

心がはじけ飛びました

まさかと、にわかには信じられませんでした

とてもレアなケースに女史も驚き、共に喜んでくれました

来春、新しい子猫の写真とメールを送ってちょうだいと

わざわざアドレスを教えてくださいました

 

本当は、このセッションを機会に

にさようならを言おうと思っていました

決別しなければと、思っていたのです

ところが何てことはない

「アイツ、また来るんかい~?!」です

夫婦でゲラゲラばか笑いをしてしまいました

拍子抜けをしたのがほんとのところです(笑)



いまだに、信じられない感覚ですが

金沢で雪の降る季節は1月と2月です

どのようにして新しい福が来るのか

だんだんワクワクしてきました

“信じる者は救われる”です

ただ、生まれ変わってくるは全く別の性格をしてくるそうです

あのキャラのとは、一期一会なのです

自分を納得させ、諦めることができました

 

私はセッションを受けて良かったと思っています

確かに、あのを感じることができました

ローレン・マッコール女史、関係各位の方々

最初に紹介してくださったレコママさんに感謝をしています

ありがとうございました

 

追記

なお、セッションに関して販売・勧誘の類の行為は一切ありませんでした

金沢での料金は、1件につき1時間で25000円でした

録音・録画も可、ブログでの公表の許可もいただきましたよ


今日は長い文章を読んでくださってありがとう~
今は何だか久しぶりに心に春が訪れた気分です


いつも、ありがとうございます

にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ

コメント (70)
この記事をはてなブックマークに追加