ちょっと一休み、道草人生

脳内出血で、仕事、仕事の生活から一転、夫や友達に支えられ、色々な出会いや様々な発見があったり・・・これってステキ♪♪

野菜が美味しい♪

2017年02月17日 | Kの料理
   
今夜の夕食は、野菜が中心♪

まずは、菜の花とベーコンのパスタ


豚肉、ほうれん草、松の実の炒め物


大きいマッシュルームのホイル焼き・蓮根と豚肉の炒め物


でも、一番美味しかったのは、クレソンと生ハムのサラダ(*^^)v
ドレッシングなしで、生ハムでクレソンを包んで食べる!


どれも、野菜の味が生きている!!
シンプルな味付けが最高!!
勿論、Kが作ってくれました 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年のさくら、桜、、、

2017年02月14日 | 今日の一枚

今日は買物に行く途中、Kから聞いていたので「桜」の写真を撮ってきました♪

青空に駐車場の中で、1本のサクラが満開・・・


サクラが1本だけど、そこだけ春の空気


小さなメジロが4羽か6羽、慌ただしく枝から枝へ
花弁の蜜?を吸うのかなぁ、時々花が落ちてきます(笑)
   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

左利きに優しい社会を♪

2017年02月13日 | 片麻痺の私が便利なもの
東京新聞、社会面の2017年2月9日・夕刊に
「左利きに優しい社会を」という記事が載っていた。
 
   
「文具店主呼び掛け、専用グッズ開発へ」 左利きの人が使いやすい道具を増やし、
活躍しやすい環境づくりにつなげようと文具店主とその呼び掛けに応じた
文具メーカーらが10日、「レフティー21プロジェクト」を発足させる。

メンバーは「世界でも珍しい左利きグッズを開発し、2020年東京五輪
・パラリンピックでアピールしたい。
少数派にも優しい社会につなげたい」と話す。 (井上靖史)

「これ持ってみて」。相模原市中央区で文具店を営み、自身も左利きの
浦上裕生(ひろお)さん(41)が、左利き用の急須を見せてくれた。


正面から見て左側に取っ手がある。右手で持ち、手際良く注ぎ分けるのは大変だ。

こうした不便は右利きが「当たり前」とされる社会で左利きの人が日々感じているという。
浦上さんの店は、左利き専用グッズ約百種類を店頭販売する。

問屋などを通じ、左利きグッズの開発プロジェクトをメーカーに呼び掛けたところ、
六社が賛同した。発足する二月十日は、英語で「左」を意味する
「レ(0)フ(2)ト(10)」にちなんだ。二十以上の商品開発を試み発信する方針だ。

プロジェクトを思い立つきっかけは、米国のトランプ大統領の就任。
オバマ氏やクリントン氏ら最近の米大統領は左利きが少なくなかったとされるが、
トランプ氏が右手で万年筆を走らせるのを確認した。

「ある意味、左利きもマイノリティー(少数派)」(浦上さん)。
排外的な新大統領と対照的に、少数派も活躍しやすい日本にしたいと思ったという。

浦上さんによると、左利き向けのグッズは昔からあった。
だが生産数は少なく、注文にしか対応しない店が多いため、普及してこなかった。

浦上さんの店は、左利きの弟が中学生だった二十五年ほど前、
右利き用のカッターを使ってけがしたのをきっかけに、当時経営していた両親が
左利きグッズの専用コーナーを設置した。

刃の向きが反対の彫刻刀やはさみ、目盛りが右から左へ増えていく定規のほか、
スープ用おたまや缶切りなどの調理器具が並ぶ。遠方から買い求めに来たり、
珍しがって来店する外国人がいたりと、ニーズはあると感じている。

世界の人口の約一割を占めるとされる左利きの苦労について、
浦上さんは「メモ台付きの椅子が会場に右利き用しかなかったり、料理の盛り付けが
右から箸を入れる想定になっていたりと、数え切れないほどある」。
その上で「左利きは無理やり右利き用に慣れさせられたり、苦労してきた。
もっと左利きが活躍できるようになれば」と願う。 

◆メーカー側「需要探る」
プロジェクトに参加する6社は文具製造のゼブラ、プラス、ライフ、
調理器具製造のレーベン販売、ペンタブレットを手掛けるワコム、
輸入文具を扱うドイツ系のエトランジェ・ディ・コスタリカ。

ゼブラの池田智雄広報室長(47)は「さまざまな需要を探りたい」と話す。

池田さんによると、左利きに着目するきっかけは昨年2月、
文字が乾くまでの時間を従来の5分の1に短縮した新しいボールペンの発売。

左利きの人にとって横書きの際、書いた文字の上を手が通過するため速乾性が重要となる。

「こういう商品を待っていた」と大きな反響があった。

池田さんは「昔に比べて右利きに矯正する人は減っている調査結果もあり、
検討が必要と感じた」という。
以上、新聞紙面から転載しました。

脳内出血の為、利き手の右手が使えなくなり、左手用の鋏を使っています。
でも、切る時に、添える手があると、助かりますね(笑)  
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日のランチ♪

2017年02月12日 | Kの料理

今日は、いいお天気です♪
お昼は、“春?のクリームパスタ”をKが作ってくれました(^_-)-☆



材料
ベーコン、ほうれん草、新玉葱、ニンニク……塩胡椒に牛乳とホワイトソースです♪  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日はリハブ土田から関口フランスパン♪

2017年02月11日 | リハブ土田&都立大塚病院、その他

昨日、リハブ土田に行った時、土田先生とY先生に
皮膚湿疹の顛末とすっかり良くなった事を話しました。

先生達は、ヒートテックがねぇー、と言いながら、湿疹の後を見て、
随分綺麗になったね、とビックリしていました(笑)


待合室に無造作に飾ってあった・・・ネコヤナギと山椒の実、かなぁ(笑)

身体の痛みは麻痺側が相変わらずの痛みだったけど、関節を丁寧に解して貰ったら、
大分良くなりました。  Y先生、ありがとうございます♪


東京新聞の「ジモトのFood」に“関口”のフランスパンが載っていました。


暫く食べていないねぇ、という事で真っ直ぐ、文京区の関口フランスパンに行きました。

古くからあるという事(1888年)は知っていたけど、
前身は小石川関口教会(現カトリック東京カテドラル関口教会)の製パン部との事。

また、1914年の第一次世界大戦の影響でパンが作れなくなった事など、
色々と書いてありましたが、今は、洒落たお店で、
中には広い喫茶室もあり、味も美味しいです。
Kに頼んで、カツサンドとフランスパンを買ってきて貰いました(笑)





関口フランスパンのホームページです(*^^)v

家に帰ってから、Kが車を返しに行った帰り、魚栄さんの近くに桜が・・・


Kがスマホで撮って来てくれました♪

まだ、2月なのに・・・来週はヘルパーさんと魚栄さんに行って、
帰りに、「桜」を思いっきり撮りたいと思いま~す(^_-)-☆ 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヘルパーさんと料理♪

2017年02月08日 | 私の料理
 
昨日は寒~い、一日・・・身体も思うように動かないです。

ヘルパーさんと魚栄さんに行こうと思っていたけど、朝の内に変更!

冷凍庫と冷蔵庫の中で、使える物を考えて、献立を決めます。

一番最初に決めたのは、豚汁♪

大好きで、月に一度は作りたい物です(笑)

後は、さつま芋を薄味で煮た物・かぼちゃの茹でたもの・
鶏手羽肉を塩麹で絡めて、生姜と甘辛く煮て、茹で玉子と合わせたもの・
ツナとキュウリ、玉葱の辛子マヨネーズで和えたサラダ・
豚汁・金柑の種を取ったもの・キウイの皮を剥いたもの・・・


豚汁は、生姜と豆板醤は入れるし、出汁はKが作ってくれた鰹出汁!
牛蒡、大根、人参、じゃが芋などの根菜や蒟蒻も入れて、
後は食べる時に長葱の刻んだのを入れます。
これで、とても美味しくなりますよ  
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

皮膚湿疹のその後・・・ヒートテックが?

2017年02月06日 | 身体の調子・自主トレ

去年の9月頃より、始まった皮膚疾患・・・段々酷くなり、病院に行くようになりました。

最初は先生が「エアコンはダメですよ、加湿器をかけてください」と言うだけで、
額の際と唇の両脇、身体も最初は右腋の下の炎症にそれぞれに塗り薬を処方されました。

でも、一向に良くならず、段々範囲も広がり痒みも伴って耐えられない。

身体も頭部、左右の首から肩、上腕、脇の下、胸からお腹にかけてと背中

また病院に行くと、「免疫力が落ちているから少し強い塗り薬を出しときます」って。

それでも、良くならない!!

自分でも色々考えたり、Kがネットで調べたり、土田先生にも相談

それで少し光が見えてきました。

先週、病院で皮膚科の先生に痒み止めを出して貰い、色々と話もして、
その中にも思い当たる事が・・・。

皮膚科の先生には、皮膚湿疹で老人性乾皮症とか言われたけど
私の場合は「ヒートテック湿疹、化繊アレルギー」があったみたいです。

ヒートテックのインナーを全部、止めました。

ヒートテックのインナーは、麻痺腕が思うように動かない私にとって、
すごーく伸びるし、暖かいから、少し肌寒いと着ていました。

まだ、止めて1週間だけど、赤紫色の湿疹やブツブツが
どんどん薄くなって、痒みも飲み薬の性か軽くなりました。

入浴の後はKに、まだ薬を塗って貰っていますが少しづつ良くなるといいです♪

あっ、でも11月に言われた、口唇ヘルペスは「治ったな」って思って塗り薬を止めると、
また痛くなって・・・塗り薬を手放せなくなりました。

全部が全部ではないけど、原因の1つが分かって、本当に良かったです。



病院から貰った「お肌の漢方バイブル」には、漢方医学と西洋医学の違い、とか
症状別にどんな病気とか、治療法、主な漢方薬などが書いてあります。
リハブの土田先生が処方してくれた「当帰飲子」も「乾燥肌」のところに書いてありました♪



今回の事で、これまで大丈夫でも、それが通用しない事が沢山ある事が分かりました   

思い当たる方は、ヒートテックでかゆい状態に!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

生姜酢

2017年02月05日 | Kの料理

料理の隠し味的に使っている“生姜酢” 

穀物酢の中に普通の生姜を薄く切って入れるだけ



それを1週間~10日位、冷蔵庫の中にいれておいて、
コーヒーフィルターで濾して別の容器に移します。

生姜は佃煮にします(笑)

Kは、炭酸水で割っただけをジュースみたいに飲んでいるし、
ヨーグルトにかけたりしています。私は酸っぱ過ぎて、ちょっと苦手。

だけど、蜂蜜と一緒にヨーグルトに入れたのは食べます♪

もっとも、Kはレモンを齧る人だから、万人向けではないけど(笑)

でも、焼餃子をつけて食べる時など、お醤油と混ぜてつけると美味しい!

あっ、サラダのドレッシングにも入っていて、これも美味しいです   
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春?

2017年02月04日 | 生活・日常
 
今日は日差しも暖かいです♪
Kが「明日は雨だから、今日のお昼は食べに行こうか?」に、
私は食べる事には積極的だから、すぐに「賛成!」(笑)

表通りの建て替えたビル、玄関前の庭?に植木鉢の桜♪
中々いい・・・写真撮ろうかな、と言うと、Kが車椅子の向きを変えてくれる。



桜って、幸せな気持ちになりますね♪



その後で、サンシャインシティの“てんや”に行き、最近気に入っている
「天然の大海老、穴子、大イカの天丼」!!






お腹がいっぱいになると、買物もして、今日は大満足
夕食は、少な目にしようかなぁ(笑)  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

節分♪

2017年02月03日 | 生活・日常
 
先週の土曜日にKが築地で仕入れてきた「殻付きの落花生」

すぐに食べようとしたら、
Kに「あっ、ダメ!Noncoが、もうすぐ節分だって言っていただろう、
それで買って来たんだよ」って。



1週間待って、いよいよ今日の豆まき♪



テーブルの上で、落花生・・・ピーナッツを向かいに座っているKに
「鬼は~外~~」ってぶっつけました(*^^)v

形だけの豆まき、昔は歳の数だけ食べるのよ、って言われたなぁ・・・
今は、言わないのかな(笑) 落花生って、後をひく美味しさです(^_-)-☆ 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加