☆UP SIDE DOWN GIRL☆

お気に入りや、日々感じたことを綴っていきます。
わたしの楽しみが、みんなの楽しみになったらいいなとおもいます。

夏の週末♪

2017-07-14 | Weblog

今日から家の前の公園でコンサートがはじまったよ♪
夏になると週末の金・土は音楽をゆっくり楽しむために、バンドが来て演奏する。
今もファンキーなバンドの音が聞こえてくるよ :) 

毎年、音楽を聴いて好きな飲み物飲んだりバルコニーでゆったりハングアウトする。
お隣のグロリアはお友達をいつも呼んでいて賑やか。
60代パワー炸裂でお話してるのが聞こえる。
わたしたちファミリーも呼ばれてるから、そのうち合流。
世代を超えても関係なく付き合えるところがLAの好きなところ。

さて。日本から帰ってから長いことなんだかアウトプットができなかった。
春に日本に行くと決めたとき、そこをスタートにして自分の才能を信じて、
自分の心が強くひかれるものに惜しみなく時間を使うと心に決めていた。

けれど、上司に辞めるつもりで日本帰国の話をしたとき、
有給休暇の日数以上の長期休暇でもいいから戻ってきてもらえないかと例外の条件が出て、
そこまで言ってもらえることは感謝すべきことだなと仕事を続けることにした。
求められている場所を簡単にないがしろにするのはどうなんだろうと思ったから。
そして、LAに戻ってから自分のライフワークへの目標と仕事を両立できるか、
もう少し続けてみようとじたばたしてみたものの。。。 やっぱりしっくりこない。

求められることはとてもありがたいことだけど。。。
日本での素晴らしい出来事をこれからの自分の糧にしたいのに、
自分の表現も思うようにできず、仕事に追われる毎日。
ギターやトレーニングやら、短い時間を使ってどうにか続けてはいたのだけれど、
この中途半端な感じはもうだめだなーと心からわかった。

大好きなことが仕事なら別だけど
本当にやりたいことを仕事にしたいなら、覚悟しないとだめなんだよ。


帰国してから悶々とした日々を送っていて
こころが一度爆発した次の日に猫のゴエモンが来て
それから大切なことをどんどん思い出したんだ。

無邪気に、考えず、なんでも飛び込んでゆくこと。
やってみないとわからない。

子猫や動物達といるとね、いつもお父さんを思い出す。
子猫のにおい、なつかしい思い出のにおい。

2年前の夏の今ごろは、お父さんを思って、毎日ずっと心がはらはらしていた。
トトロのサツキちゃんがメイを探しているときのような、そんな心情。
神様どうかお父さんを守ってくださいと、毎日お祈りして過ごす毎日だった。

限界までがんばっているのを知っていたから
命が長くなりますようにとかそういうことでもなく
がんばれますようにとかでもなくて

ただただ お父さんの心が安らかで 
どうかわたしが日本に行くまでは生きて会えますようにとお祈りしていた。

大切なひとがひとつずつ
生きていたときに何気なく当たり前にできたことができなくなり
呼吸をするのも精一杯になるまで。
終わりを迎えようとするあの時間は本当に言葉にはできない。

あのときの気持ちを思うと
今のわたしはどんなにか余裕があるんだろう。
なんて心が解放されているんだろう。
もっといろんなことにエネルギーを注いでがんばりなさいよと思う。
わたしは誰かの光になるのだ。
そういうふうに生きる役割なのだとわかっている。

もう答えは出ている。
あとは行動。

わたしはまわりのことを考えすぎなんだろうかね。
職場には大変お世話になったから、繁忙期を過ぎるまでは迷惑かけたくない。という思いがある。
アメリカ人に相談すると、自分のタイミングが一番大切でそんなの気にしててもしょうがないよって言われるんだよね。
やっぱり、日本人。

そろそろ、夏のコンサートを楽しんできますかね♪
 

※写真は去年の夏、みゅーちゃんと行ったグリフィス天文台の。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月19日ざます。 | トップ | 3月7日からのことを思い出し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事