ガンジス・河の流れ

インド・ネパール。心の旅・追想

保釈・・・22      リリース

2017-03-15 | 5章 デリー中央刑務所  保釈

 暫らくすると鍵を開ける金属音がした。ぼくは用意したビニール袋を持ってベッドから立ち上がる、チャーリー、オマール、アラジンが立ち上がり最後の強い握手をした。監房の外に出たぼくの目の前で3房の鉄格子が閉められ鍵がかけられた。隣の2房から大きな声で
「トミー」
「アミーゴ、また会おう」
「トミー」
アミーゴは鉄格子を両手で握り締め揺するようにしてぼくの名を呼んだ。
4房の前に来るとピーターとクリスが鉄格子の間から手を出していた。ぼくはその手を強く握った。
「トミー、俺も直ぐ出る」
「ピーター、外で会おう」
ぼくは急いで7房へ行った。ダイクと握手をするようにしてぼくの下着からパケを取り出し彼の手に握らせ
「ダイク、身体に気をつけろ」
「それはお前のほうだ、また会おう」
ジュドゥ、ムサカ、チョコマ、パラ、フランシス、カマル、ムスタファン、ランジャン、エマ、セガ、サンダー・・・。
元気でやれよ、また会おう。
皆は外房に出て口々に声を掛けてくれた。裸電球に照らされた鉄格子と収監者達、Cバラックのゲートの前でぼくはもう一度振り返り両手を広げ叫んだ。
「Good By My Friends and See You Again 」
それは悲しみでも、虚しさでもなかった。ぼくの心に残された記憶の中を吹き抜ける風にGood By My Friends そうぼくは呟いた。
センターゲート外扉の右下の潜り戸からぼくは外へ出た。後ろでドアーを閉める鈍い金属音、デリー中央第一刑務所の鉄扉の前に立った。サーチライトに浮かび上がる巨大な赤黒い鉄扉、See You Again My Friends ぼくは振り向いた。夕闇の向こう通り過ぎる車のヘッドライトが一瞬、両手を上げたマリーの姿を捕らえた。デリー中央第一刑務所を後にしてぼくは歩き出した。

1部 ドラッグの深い闇「デリー中央刑務所」      終わり

しばらくお休みします    tomy
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マナリ      ヒッピー... | トップ | チラムを吸うババ・・・1 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL