縁がわ便り

日々の生活の中で、フト心に留まった人やもの、そして風景を描きとめています。

日光二荒山神社

2017-03-24 | パステル画あれこれ
前の記事の絵に色をつけました~~

そろそろ夕暮れが迫ってきそうな頃、一人宿を出て二荒山神社方面へ散歩に出かけました。 時節柄、そして夕方だったこともあって、人の姿も少なくゆったり気分で二荒山神社境内の小さな神社をスケッチすることに~~ 

途中神社の関係者とみられる方が声を掛けてくださり、東照宮に続く道への鳥居の足元の蓮の模様や額の文字が当時の天皇陛下の直筆であることなどの貴重な説明を聞くことができました。 ところが、寒さで落ち着かず、ササッと描き、しかも目測を誤り、SM用紙を縦に2枚繋げて描くことになり、何とも中途半端なものに・・・ 時を経てしっとりとした趣の神社の佇まいと、神社の背後に茂る杉の大木がしっかり神社を見守っているかのような姿を描きたいと思ったのですが・・・

まぁ・・久しぶりに、スケッチできたということで、良しとするか~~(´▽`*)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風花舞う日光へ・・・

2017-03-19 | あれこれ

日光の陽明門が3月10日に平成の大修復を終えてついに公開!!とのニュースになぜか心動かされて行ってきました~~ 日光は小学校の修学旅行で訪れて以来半世紀以上振りで、TVや雑誌で最近の様子を見る度に、行ってみたいと思っていた場所でした。

予想していたより暖かかったのはラッキーでしたが、晴れ間も見えているのに風花がチラチラ舞ったり、戦場ヶ原には雪が残っていたり・・・春まだ浅い中の旅でした~~

子供心に壮大な門とのイメージが残っていた陽明門は、あの頃感じた壮大さより、精緻で華麗な彫刻の連なりが胸にグッときて、先人たちの高い美意識と技術力に打たれた思いでいます。 宿から近い二荒山神社へ続く見事な杉並木と、道の両側に流れる清らかなせせらぎを楽しみながら、スケッチブック片手にのんびり散歩気分に浸ることもできました。 温泉も食事もしっかり堪能して、命の洗濯もできた・・かな・・・? 

予約していたミニツアーで訪れた雪が残る立木観音や華厳の滝、そして二荒神社も東照宮もパワースポットとして知られているそうで、なんと今回は思いがけずに日光のパワースポット巡りの旅となり、本格的な春を前になんだか良いことがありそうな気分です。

東照宮前では、TVや「暮らしの手帖」で紹介されていたうぐいす笛作りのおじいさんにも出会うことができました。 『例年寒い冬の間はお休みしているけれど、今日は陽明門の公開日だから来た。』とのこと・・・ やはり良いことがありました~~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みちのくからの春だより

2017-03-01 | あれこれ

福島でいくつもの絵手紙教室を主宰している友から今日もほっこり素敵な絵手紙が届きました~~ 今回は50x13cmのミニ掛け軸仕立の手の込んだ便りです。 

木版画の便りだったり、センスの良い包装紙などををセーラー服の形に折った中に、便りをしのばせて送ってくれたり・・長い巻紙に素朴で明るい絵と温かな文がしたためられていたり・・・一体彼女の中にどれだけたくさんの絵手紙の抽斗があるのでしょう。 ただ、ただ驚いています。

人生の上り坂に、下り坂(?があったのかは知りませんが・・)、そしてまさかの坂にがまん坂を淡々と歩き続けている友の便りにいつも和み、元気を頂いています。

そう、ゆっくり、ゆっくりこの春を味わっていくことにいたしましょう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加