縁がわ便り

日々の生活の中で、フト心に留まった人やもの、そして風景を描きとめています。

ご近所さん

2017-02-18 | パステル画あれこれ

毎日の夕方の散歩のコースの一つに、住宅地を通って南に開けている田んぼの中を行くコースがあります。 田んぼの真ん中には、隣町の公民館や図書館が立ち、更に行くと、低い山裾に木立に囲まれた隠れ家的なカフェが週に4日だけひっそりとお店を開いていたりします。

この散歩コースの途中に、昨年春頃に越して来られた東南アジア系のお母さんと成人した息子さんが、二人で仲よく庭の手入れをしている微笑ましい姿をよく見かけるようになりました。 以前、筑波大学の留学生やJICAの研修生を対象にボランティア活動をしていた友人の手伝いをしたことがるせいか、なんだか気になり、話しかけててみると、スリランカから来ている家族だとのこと。 息子さんはご両親が日本で仕事をしている関係で、高校性の頃から日本に何度も遊びに来ていて、大学も日本のO大学を卒業し、今は両親の仕事の手伝いをしているのだとか。 彼は日本語は面白い、ひらがな、カタカナは3日で、漢字は3カ月で覚えたとさらりと言って、こちらを驚かせてくれました~~~ お父さんは隣町にも家を持ち、家族で不動産業、宝石の仕事をしていて、コロンボと日本を行ったり来たりで忙しいらしい。 だんだん親しくなり、お宅でセイロンティーにジンジャークッキーをご馳走になったり、時間が合えば、我が家で日本茶と和菓子で一緒にお茶したりしています。 

先日、息子のデニムさんが顔に似合わず??(^_^;)可愛い毛糸の帽子を被ってセイロン紅茶を持ってきてくれた時に、一枚写真に撮らせてもらって、描いてみました。 色黒の人の顔を描くのは結構大変で、大分手こずりました~~

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

折り雛の旅立ち

2017-02-13 | あれこれ

今年も立春を過ぎた頃からボチボチ折り始めた折り雛がやっと5組ほど折り上がりました。 今日そのうちの2組を日頃お世話になっている方々にプレゼントしたところ、こちらがビックリしてしまうほど喜んでいただきました。 この折り雛の素晴らしさを分かって頂けそうな方やお世話になっている方に毎年プレゼントしていますが、こんなに心から感動して頂けたのは初めてで、嬉しい気持ちでホンワカしています。 

以前は銀座へ出る折があると鳩居堂や伊東屋へ寄って衣装にする友禅和紙や色和紙を求めてきたのですが、最近は東京へ出ることが億劫になってきて、お雛様の衣装も手持ちが少なくなってきました。 こちらにも和紙を扱っているお店があるのですが、取り扱う種類が少ないため、やはり暖かくなったら東京に行こう!なんて思っています。 昨今、衣装の模様も少しづつ変化してきて、好みの柄が少なくなってきたのは残念ですが・・・

あと何組か折り上げて、今年のお雛様を旅立たせます・・・ 大切にしていただけますように・・・そして、眺めている人の心をほんのひと時でも温めることが出来ますように・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の兆し

2017-02-07 | スケッチ

立春を過ぎ、日差しは確実に明るさを増してきました。 それでもやはり、2月は2月・・3月の陽気になったかと思うと、翌日は厳しい寒さがぶり返す・・・まさに三寒四温を肌で感じられる毎日です。

先日、3月並みの暖かい日に、例の風土記の丘から、坂田が池公園を歩いてきました。 キャンプ場から吊り橋を渡って、さくら広場へと続く道沿いに青空を背景にして、すっきりと三角形のシルエットをした木々が天に向かって立っていました。 枝先は心なしか新芽が色付き、動き始めてきた気配。 春が枝先で出番待ち??しているようです(^^♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春隣

2017-02-02 | スケッチ

2月を迎え、日脚も伸びて、日の明るさや空の色にも春が近いことを感じます。 明日は節分、そして明後日は立春です。 今日は寒風が吹き荒れましたが、明るい日差しの中で梅の花が次々と花を開いてきました。 もう少し暖かくなったら近場の野山に出掛けてスケッチしよう・・・と心弾ませています。

そして、毎年恒例の折り雛を折る季節でもあります。 今年もプレゼントしたい方々の顔が浮かんでいます。 衣装の色合わせなどを楽しみながら、雛祭りに間に合うよう折っていきたいと思います。

そして、そして・・チョッと遅れましたが、今年も味噌を仕込むつもり・・・ 忙しくなってきました~~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加