縁がわ便り

日々の生活の中で、フト心に留まった人やもの、そして風景を描きとめています。

オ~~!!ビックリ3重奏

2011-10-26 | オットト!美大生
絵画Ⅱ(油彩)の前半スクーリングは、裸婦スケッチでした。 入学して初めてのスクーリング(デッサンⅠ)で緊張しながら描いた時に続いての裸婦スケッチとなりましたが、今回は多少学校生活に慣れてきたこともあって、初回よりリラックスして取り組めたような気がします。

しかし、今回は先ずモデルさんの余りに豊満な肉体に心底驚き圧倒されてしまいました~~(@_@) こういうモデルさんもいるのだ~~と。 シーツを敷いた台上に体を横たえ片足を折り曲げて立てたポーズのモデルさんの周囲を周って、それぞれ自分のスケッチポイントを探し、落ち着いたところでじっくり向き合って描くこと2日半・・・

デッサンの合間にクロッキータイムが毎日午前午後の2回ずつそれぞれ3ポーズずつあり・・・ ここで今度はモデルさんのプロとしての素晴らしさに驚き、舌を巻くことに!! モデルさんが見せてくれる見事なポーズのヴァリエーション!! 女性の体の美しさ豊かさを余すところなく感じさせられ、鉛筆も良く走りました~~(出来はともかく・・

また、先生が‘ここはこうした方が’、とササッと入れて下さった線だけで、画面が俄然生き生きしてくるスゴ技にこれまたびっくり!! 鉛筆や木炭の扱いとちょっとしたコツなど、もっと早い段階で知りたかったと思えるようなテクニックなども教えて頂き、さすが~~と感心しつつデッサンの楽しさもチョッピリ味わえた有意義なスクーリングとなりました。

しかし、今回のスクーリングの課題の『自分の絵を描きながら自分自身と美術史との接点を見付けていく』という点に関しては一体どうなったのか?? なんだかよく掴めないまま・・・ 先生からはピカソや安井曽太郎等のデッサンについての説明を聞き、さらにダ・ヴィンチの画集を広げて、テーマに即しての解説はあったというのに・・・(ーー;) 

B2 画用紙


 
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

点描?自画像・・・

2011-10-19 | オットト!美大生
見切り発車で恐る恐る提出した色彩学Ⅱの「点描画法について研究し、自画像を描く」課題が返却されてきました~~ なんとか合格したのでひとまずホッヽ(^o^)丿

ところが・・・『自画像は力作ですが、普通の色鉛筆画になってしまいました。 並置加法混色では顔面を肌色、唇を赤で描くのではなく、対象物とは異なる複数色を並べて対象物の色に見えるように描きます。 そのため1mm程度の点を並べ、紙色を活かすために塗りつぶさないように描きます。』・・・と、やっぱり・・と予期していた講評でした。 

しかし、A4画用紙に1mm程度の点を並べて描くには、ざっと計算しても約62,000個以上もポツポツテンテンをしなければならないことになり・・・その上色の出し方の工夫も半端ではない・・・ と、あらためてスーラーの偉大さに脱帽 すごいな~~あの根気と粘りと色彩感覚


       ○o。. ○o。 .○o。. ○o。 .○o。. ○o。 .○o。. ○o。. ○o。  

 
さて、明後日から絵画Ⅱ(油彩)の前半スクーリングが始まります。 今回はどんな出会いと学びとハプニングが待っていることでしょうか。 あいにくのお天気となりそうですが楽しめればいいと思っています。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

モグラのガウディ??

2011-10-12 | オットト!美大生
秋の日差しに誘われて、先日近くの森林公園に出掛けました。 背の高い杉木立の合間に自然のままの植物や木々が目下秋色に変身準備中。 そんな中フト足元に目をやるとと・・・なにやら不思議な形の土の塊が ヤ、ヤッまるで、ガウディのサグラダ・ファミリア聖堂だ~~ これがモグラの作品と分かってまたまたビックリ(@_@;) 

早春の頃からどこへ行くにもデジカメ片手に目に付いた自然の草花、野菜、木々、そして川や田んぼの中のザリガニ、タニシ?など、など片っ端からパチリ、パチリと撮りまくってきました。 恐怖?の造形基礎Ⅳのための資料作りでしたが、この自然形態の観察と記録の作業を通して自分が住んでいる世界の豊かさ、美しさにあらためて気付かせてもらった気がします。 SOMETHING GREATの存在を意識した、と言ったら大げさでしょうか?? 

しかし、そんな楽しい作業もここまで・・・ この後は撮りためた写真を形態の特徴別にグループ分けし、さらに一つを選択し、形態を抽象化し立体にするという、これまたこれまで経験したことのない困難な課題が待ち受けています。 石粉粘土など触ったこともないし、ましてや陶芸の経験もない(-_-;)・・・一体どうなることやら・・・ しかし必修科目のこの課題を落とすと進級できない・・・やるしかないのだ~~・・・
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールウェイ フルート・リサイタル

2011-10-05 | あれこれ
2年振りのゴールウェイのフルートリサイタルを聴いてきました。 チケットは約半年位前に手に入れて、秋の訪れをずっと楽しみにしていたのです。 おおらかで温かく、そして力強い音色を今年も満喫してきました♪  でも・・でも・・今年はどこか違う・・・前半は耳に親しいフォーレやドビュッシーの小品から。 ところが、なんと途中でやり直すという、前代未聞?のハプニング・・・ 頭を抑える仕草を見て、一瞬倒れてしまうのでは?とドッキリ。 幸い何事もなく最後までプログラム通りに進んで無事にアンコール曲までいきましたが、今回は楽しいジョークで会場を盛り上げてくれることもなく終わりました・・・ 演奏はブラボーの声が何回も上がったのですが・・・ どこかこれまでのような熱い感動が味わえなかったのが残念。 2年後にはまた熱く燃えるリサイタルを楽しむことができますように・・・

会場のサントリーホールへは時間的に余裕を持って出掛けたお陰で、ホール前のアークヒルズで足つぼマッサージのお店を見付け、夫と共に顔を見合わせ迷わず中へ。 きつめのマッサージをお願いしてしばしゆったり お店の人によると、お客は近くのオフィスのサラリーマンを始め、サントリーホールの出演者や観客などが多いのだそうです。 みなさん、疲れているんですね~~ サントリーホールへ行く楽しみが一つ増えたかも・・・??(^_-)b
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加