縁がわ便り

日々の生活の中で、フト心に留まった人やもの、そして風景を描きとめています。

佳いお年を!!

2009-12-31 | モロッコスケッチツアー
モロッコからは元気で帰国したはずの私。 ところが、クリスマスを迎える頃から、なんと鬼の撹乱??・・・食欲なし、気力なし、体力なし・・の状態に陥り・・・ず~っとノビておりました・・・ 

長い留守番生活からようやく解放される!と、期待していたらしい夫は憮然・・・まぁ、黙ってゴロゴロさせておいてくれただけ良し、とするか??特段いたわりの言葉はなかったけど で、ようやく2,3日前から元気回復!! お正月の準備も何とか滑り込みセーフ、といったところです。

モロッコは遠く、ハプニング続きの上に寝不足は、チョットこたえたのでしょうか? これから、暇を見つけて、色塗りに取り掛かることにいたします。

今年も、ブログを通して多くの方々と交流できましたこと、大変嬉しく又、大きな励みともなりました。 来年もどうぞよろしくお願いいたします。 そして、どうぞ佳いお年をお迎え下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハラハラ、ドキドキ・・・

2009-12-23 | モロッコスケッチツアー
無事モロッコから帰ってきました~~ 旅の初めからエアフランス機の運行キャンセルが重なり、なんと成田とパリにそれぞれ一泊するという波乱の旅の幕開けとなりました。 ハプニングの続発で、無事にモロッコに到着できるのか??とハラハラ、ドキドキしましたが、なんとか丸1日遅れでマラケシュに到着。 

残念ながら、8日の日程の旅のうち、スケッチタイムはわずか2日半ということになりましたが、共にハプニングを乗り越えた仲間は短い滞在を十二分に楽しみ描きまくり、忘れられない楽しいスケッチの旅となりました。 スケッチャーは何より体力勝負、ということも思い知りました。

帰りもハラハラ、ドキドキが待ち受けていて、何が起こっても不思議はない、なんて度胸ができた旅となりました。

色塗りが終わりましたら、少しずつ作品をアップしていくつもりです。 なにはともあれ、先ずは寝不足解消に努めます・・・
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

モロッコへ

2009-12-16 | モロッコスケッチツアー
ようやく、出発準備ができました~~ 荷物のパッキングより、先ず留守中の食事の作り置き・・・ 『いざとなったら、なんでもできる』と常々言っている夫、よほど材料だけ用意して、出掛けようか、サンデー毎日なんだし・・・とも思いましたが、いつもより、品数を少なくして、足りなければ自分で何とかしてもらうつもり・・・ パッキングもほぼ終わりました~

初めてのイスラム圏の国への旅ということで、胸弾ませています!! 心配なことは色々ありますが、なんとか気に入った絵が描ければ・・・と思っています。

それでは、楽しいモロッコスケッチのご報告ができることを祈って、行って来ま~す。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

渓谷の秋

2009-12-11 | ペン画スケッチ
問題の紅葉作品です。 アレコレ試行錯誤しつつ、やっと完成にこぎつけました。描きながら自分の絵についてこれほど、悩み、考えさせられた作品はありません。 その意味では、私にとって記念すべき一作と言えるかもしれません。

細密路線をこのまま続けていくか、それともこの辺で引き算の絵に向かうか・・絵の具は、透明水彩か、ガッシュか・・・両方を使い分けていくか・・・など、など・・・ 

全紙 アルシュ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

魁夷の紅葉・・模写

2009-12-07 | ペン画スケッチ
TVでの魁夷の特集番組に刺激され、本屋で彼の画集を何冊か立ち読み?(見)をして来ました。 40年以上前、「道」に惹かれ、その後何冊かの随筆を求めて熱心に読んだ青春の日々以来の魁夷との再会でした。

生誕100年を記念しての愛蔵決定版!!全3冊というのが、昨年発行されていたのも、今回知ったこと。 その中の第1巻を買い込み、紅葉の絵を模写?してみました。 気分転換の気楽な模写です。 
しかし、気楽な模写とはいえ、余りに下手・・・・

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

色で遊ぶ・・?

2009-12-02 | あれこれ
11月一杯大真面目で取り掛かっていた紅葉スケッチの色塗りですが、色を塗りながら何の武器も持たずに素手で取り組んでいるような心もとない想いをずっと感じておりました・・・これまでにない感覚・・・何か一つくらい頼りにできる武器を身につけねばならぬ・・・てな想いに捕らわれ・・・

で、受講してきました、キンツリ主催の美術講座(N先生もこの講座をいくつか担当していらっしゃいますが・・・ちょっと他流のやり方を盗めれば、、、との甘い考え) 受講したのは「イタリアトスカーナ地方 ルッカの家を描く」というもの。

写真から大まかにスケッチし、大胆に色を混ぜ、乾かぬうちから塗っていく、特にスパッタリングの技法で建物の下地を作っていく方法は楽しく、絵具をたっぷり筆に含ませて画面にパッ、パッと何色も振ってできる、思わぬ偶然の色合いの美しさに驚いたり・・・ フーン、こんな方法もあるのね・・・

しかし、この先生の講座の常連さんが半分以上を占めていて、全くの初心者にはついていけない・・・すべてが初めての描き方で、最初の色塗りのデモンストレーションだけでは、あのポイントを忘れ、この注意事項はうっかりし・・・楽しんだのはスパッタリングだけで、後はオロオロ、隣や後ろの人の絵を見ては追い付くのに必死。 他流の覗きがこんなに疲れるものとは思いもしませんでした~~

絵の描き方にこんなに色々な方法があることを知っただけでもよし、とするか・・? 自分の武器を身につけるのは容易なことではなさそうです・・・

またもや、悪戦苦闘の「ルッかの家」です。 これでは、2週間後に迫ったモロッコスケッチツアーが思いやられる・・・
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加