縁がわ便り

日々の生活の中で、フト心に留まった人やもの、そして風景を描きとめています。

美人は・・つ・つまらん・・・・?

2009-10-29 | ペン画スケッチ
昨日、銀座の十字屋ホールでフルート&ハープのフロアコンサートがありました。先日のサントリーホールでのゴールウェイのコンサートの観客席で姿をお見かけした山形由美さんと松井久子さんとのアットホームで楽しいコンサートでした。 山形さんは、なんとあのゴールウェイの数少ない弟子の一人と知ってびっくり。 さすが、のびやかで筋がピンと張った素敵な音色でした!! ずいぶん前、NHKのテレビで御活躍の頃から、その清楚で美しい容姿と、品のある明るいお人柄に好感を持っていたのですが、今や円熟味も増して、なお一層輝きを放っていました。

しかし、人物スケッチとなると・・・話は別・・・美し過ぎて、描いていて、あまり面白くない・・・こちらの僻みも入っているのかしらん?? やはり、どこかバランスが崩れたり、生きる姿勢が個性となって光っている人のほうが描く気が起こります・・・(な~んて、えらそうに
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールウェイ フルートリサイタル

2009-10-21 | ペン画スケッチ
2年振りのゴールウェイのフルートコンサートが先週サントリーホールでありました。 ほとんど毎日、CDで聞いている(聞かされている?)とはいえ、やはり生にはかなわない・・・と、門前の小僧状態の私(これでも耳は多少肥えてきている・・・?) 

明るく、豊かでふくらみのある音色、しかも伸びやかで繊細・・・ ドビュッシーの「小舟にて」、「月の光」の清らかで澄んだ音色、バッツィーニーの「妖精の踊り」の軽やかで躍動感にあふれた演奏・・・プログラムが進むにつれて、ゴールウェイが乗ってくるのが感じられ、聴いている方もすっかり引き込まれました。 最後のドップラーの「夢遊病の女」の主題によるパラフレーズは奥様のジニーとのピッタリ息の合った二重奏・・・アンコール曲もたっぷり演奏してくれるサービス精神には感動すら覚えるほど。 

エリザベス女王から、ナイトの称号を授与されるほどの超一流の音楽家とは思えぬ気さくなお人柄とファンを大切にする姿勢が随所に垣間見られ、さらに感激・・・私たちの席の2,3列前にあの山形由美さんの姿も目にしましたが、私の隣には、音大付属高校でフルートを専攻し、将来はプロを目指しているという高校生も熱心に聴いていて、ゴールウェイの人気に今更ながら驚きました。

CDを購入した人には演奏後サインをしてくれる、と聞いた夫は、ゴールウェイの70歳記念のコンサートだから、と長蛇の列に並ぶミーハー振り
3.4人の行列でさえ、さっさと諦める人なのに・・・ 約1時間待ちで、持っていた(ラッキーなことにこの日は丁度レッスン日)フルートのケースにご夫妻のサインをしっかり書いて頂いてご満悦のてい。 お陰で自宅にたどり着いたのは午前0時を回っていました。 毎日が日曜日となったからこそ思い切ってできたことなのでしょう・・・

次のコンサートは多分、また2年後。 再び素晴らしい演奏を楽しめる日を心待ちにしながら描いてみました。 
願いを込めてチョット若めに
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

思いもよらず・・・ブログ

2009-10-18 | あれこれ
『この間の人物スケッチ、メリル・ストリープでしょ。 2枚目の絵ですぐ分かったよ。 オバマ大統領やヘプバーンより似てると思った。』とは、昨日の鎌倉ハイキングでのSさんの思いがけない嬉しいコメント (ホントか?? なにせ、「ダジャレ協会」(そんな笑える団体が全国組織であるのだそうな)会員の彼の言うことだし・・・

一年振りの高校時代の同級会のハイキングは今年もコースを変えての鎌倉でした。鎌倉時代の面影を偲ばせる朝夷奈切り通しから、光触寺、明王院、報国寺(竹の寺)、残念ながら時間の都合で浄妙寺は割愛となりましたが、今年は幹事のOさんの計らいでガイドさんもついた歴史散歩の趣も。 これまで何度も訪れている鎌倉ですが、今回のコースは初めてで古都鎌倉の奥深さを感じました。

約3時間のハイキングの後は、待望のお食事タイム。 先ずは先日亡くなった友の冥福を祈っての乾杯から始まって、楽しいひと時を過ごしました。 みんな、彼女の分まで元気で長生きしようね!! それにしても、旧友達が私のブログをチェックしてくれているとは嬉しい限り。

ブログといえば、先週N先生からも、12月のモロッコスケッチツアーの件の連絡のついでに、『関西のスケッチ仲間がTさんのブログを話題にしていて、最近も東京36景展について読んだが、と何件か連絡があった。 これからも、気楽にブログを書いていくといいですよ。』と、これまた思いがけない嬉しい励ましのお言葉。

確かに、このところアクセス数は増えていて嬉しいのですが、ついでにコメントが増えるともっと張り合いが出るんだけど・・・ なにはともあれ、これからも引き続きマイペースでUPしていこうと思っておりますので、どうぞよろしくお付き合い下さい
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

稲架(はざ)連なって・・・

2009-10-15 | ペン画スケッチ
我が家の周辺の農家では、稲刈りも、乾燥も機械化され、9月に入ると、あっと言う間に新米がお店に並びます。 昔ながらの自然乾燥のお米は、小規模農家や、こだわり農家に頼らないと手に入れることが難しくなってきました。

ところが、車を少し北に向かって走らせて行くと、こんな稲架掛けを見かけることがよくあります。 太陽の光をたっぷり受けて、じっくりと、滋味豊かな美味しいお米になっていくのでしょう。 まさに、スローフードです!! 労力は確かに掛かるでしょうが、この豊かな秋の実りの光景はずっと残っていって欲しい、と願わずにはいられません。
 
あまり見たことのない形の雲が軽やかにに浮かんでいて、実はこの雲に一番手こずりました~~ ふつうの、穏やかな白い雲を浮かべたほうが楽だし、のどかさが出たかもしれないのに・・・

F6  アルシュ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千の風に乗って・・・・

2009-10-08 | あれこれ
2年振りの台風直撃とか・・・思いがけず我が町が繰り返しNHKのニュースで流されました・・・ 突風で屋根が吹き飛んだ家々の痛々しい様子・・・

先ずは我が応援団長のkさんからのお見舞いの電話に続き、福島、函館、四国に住む友人達や近県にに住む友から電話やメールが・・・ ありがとう・・・我が家は大丈夫です。 ご心配をおかけしました~~ 心にかけて頂いて本当に嬉しく、有難い思いでいっぱいです。

この台風で、首都圏の各鉄道が運休し、常磐線もストップで足止め状態に。 先月末に渋谷の日赤病院に見舞いに訪れたあの友がついに天に召され、今日は告別の日だというのに・・・昨夜のお通夜は、彼女がその立ち上げに全力を尽くした市民オペラの会の友人たちのコーラスに、弟さんが彼女の好きだった舞台衣装を抱きしめて加わり、感動的なものだったとか・・・ こんなことになるなら、無理をしてでも昨夜お通夜に行っておけばよかった・・・と今となっては詮無い後悔・・・

まさか竜巻に乗って龍ヶ崎に会いに来てくれたというわけではないでしょうが・・・無常なこの世です・・・・・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

これでは???

2009-10-04 | ペン画スケッチ
前回の似顔絵は余りに似ていなくてヒドイ・・・で、もう一度チャレンジしてみました~~ 彼女を初めて観たのはあの、「クレーマー・クレーマー」の中で。 微妙な心の襞を実に細やかに演じていて、それ以来ファンに(といっても、私のこと、熱烈ファンという程のものではありませんが・・・)

以前、オバマ大統領やヘプバーンを描いた時は、比較的楽に描けたのですが、今回はかなり手こずり、まだ納得できません(似ていない・・・) 目元、口元、頬の感じ・・・ホントに難しい・・・ 

もっと、はっきりとした写真を見つけて、またチャレンジしてみるつもりです・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あら~~

2009-10-02 | ペン画スケッチ
10月に入った途端の、ぐずついたお天気。 それでなくともメゲておりまして、ボワ~ン・・・・ これではイカン・・・と急に思い立ち、行ってきました、シネマの館。 何が見たいというわけではないのですが、何か一つくらいは見たくなるような映画があるだろう・・・と実にいい加減。 このところ、映画はさっぱり見ておらず、アンテナも張っていない・・・ とにかく余り待たずに上映時間を迎える映画を、ということで「BALLAD名もなき恋のうた」に決めたのです。

現代から、戦国時代にタイムスリップしてのストーリーは、初めのうちチョット違和感を覚えましたが、そのうちすっかり引きこまれ楽しみました。 草なぎ君の鬼武者振りもなかなか、恋の相手の姫役の新垣結衣も凛として素敵でした。 身分違いの悲恋が戦国時代の戦の中で、現代から時空を超えて行った小学生とその両親を巻き込み、それぞれが新たな一歩を踏み出していく・・・勇気と愛のストーリー   単細胞の私にはピッタリ!?  チョッピリ、元気をもらった気分になってます・・・

後で調べてみると、監督はあの「AlWAYS3丁目の夕日」の山崎 貴、原案は「映画クレヨンしんちゃん/嵐を呼ぶあっぱれ!戦国大合戦」なのだそうな・・・ 六本木ヒルズのテレビ朝日アトリウムのカフェ「CHEZ MADU」にはこの映画に因んだランチやデザートまであるとか・・・「廉姫愛のおむすびプレート」735円などお手頃でよさそうですな・・・

BALLADはさておいて・・・実は・・・できれば、彼女の映画が観れたらいいな・・なんて内心、チョッピリ期待していたのです。 しかし、今回は彼女の出演する映画は1本もなく・・・で、彼女の写真描きで、顔描写の練習を・・・したつもり・・・しかし、いつもと違う雰囲気の写真を選んでしまったせいか、いえいえ、腕が悪いのです・・・まるで似ていない・・・ 一体、誰を描いたのか~~?? 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加