縁がわ便り

日々の生活の中で、フト心に留まった人やもの、そして風景を描きとめています。

間違えたか・・・教育・・・??

2008-09-29 | あれこれ
ようやく準備が終りました~~ 何の準備かというと、明日から家を留守にするための準備です。 そう、留守中の夫の食事の準備・・・

「夫教育を間違えたんではないですか~~」とは、いとも身軽に世界を旅しておられるK子先生のお言葉。 たしかに、間違えました~~ 文句も言わずに、送り出してくれるだけでも、いい方、と自分なりに納得してはいるのですが、家を空けるたびに荷物の準備より先に夫の食事の準備をしていかなくてはならないということは、かなりの負担ではあります・・・若い世代は、見事にお互いに自立して自由に生きている!!と感心しきりです・・

野菜たっぷり海鮮鍋に、おでんなど温めなおせば何回か食べられる品々に青菜のお浸し、レンコンのきんぴらなどを作り置きして、これでOK!! なにせ、餌付けに成功してしまった??せいで、外食は苦手ときている上、水をいじると手が荒れる、などと(たしかに荒れ性)のたまって、包丁は持とうともしない・・・ほんとにこれから先が心配ではあります・・・

なにはともあれ、明日から函館の友人のところに遊びに行きます。 「いつ来るの?? 早く来ないと、いつどうなるか、わからないからね・・」などと、延び延びにしていた約束についに脅しが入ってくるようになって、ちょっと寒いかなと心配ですが、ハイカラな函館で大いに羽を伸ばして遊んできます。 もちろん、スケッチも忘れずに・・・???・・するつもり・・・・
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

永沢まこと展

2008-09-22 | ペン画スケッチ
まさに「世界スケッチ大紀行」でした。 比較的初期の作品から、最近の中国麗江まで、世界を旅しての作品が、会場をずらりと埋めつくし、まさに圧巻。大いに旅情を誘われました。 提灯好きの私はやはり、麗江の真っ赤な提灯の絵に惹かれました。

トークショーで、印象に残った言葉:
 ① 良い絵は、対象とコミュニケーションが生まれたときに生まれる。(お見合いと同じ) 
 ② 絵を描く時に大切なことは:
    ★ 無心になる(人に振り回されない)
    ★ 探し回らない
    ★ 色に惑わされない

絵を描く上での基本とはいえ、いつもこの原点を忘れずにいたいものです。

先日の講評会での、絵や文の基本となっている、それぞれの「内なる狂気」、これを表現できる対象を見つけること。 このことによって、それぞれの個性が生まれてくる、などという話とともに、ちょっと今、自分の絵について考えています。

トークショーの後、N先生と教室の仲間、そしてN先生のアニメ時代のお仲間のK橋氏を交えてのコーヒータイムが愉快でした。 特に、K橋氏は、手本は自然、自然をしっかり観察して自分の絵を描いていくことが大切。 N先生の目を通して自分の絵を見るのではなく、自分の目で、自分の絵を見られるようにすること、と御自分とN先生との若き時代の愉快なエピソードを交えてのお話は、お腹を抱えながらも、納得。 N先生から距離を置くこと、そうしないと、自分の眼は育たないよ…!!  うーむ、なかなか含蓄あるお話でした~~!!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ターシャの庭から・・・

2008-09-20 | ペン画スケッチ
爽やかな秋の風の中、ターシャの庭で咲き乱れている野の花と、実ったリンゴやブドウ、ナシや木の実・・・ みんな、みんな自然のままで元気いっぱいです!!
 
花を挿した素焼の大壷の傍らに、素朴に果物の彫刻が施された手作りの木の箱がさりげなく置いてあって、これは多分、ターシャのご長男が作ってくれたもの・・・きっと、彼女が愛用していた道具箱なのでしょう・・・

線描きも色塗りも思った以上に時間が掛かりましたが、全紙を仕上げた時と同じ充実感を味わっています。 

これまで、このようなモチーフの絵は描いたことがなく、自分でも何故、あの9月のターシャのカレンダーにこんなに心惹かれたのか、よく分かりません・・・・・

F6  アルシュ
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

とんだ間借り人!!

2008-09-18 | あれこれ
3連休の最後の日、夫が玄関脇のクスノキを整枝しました。 伸びすぎた枝に茂る葉もすっきりして、心なしか庭が広くなったよう、と見上げた視線の先に・・・大きな蜂の巣!! 

きれいな?あのマーブル模様・・・どこかで見た気が・・・たしか・・・・遠野で泊まった民宿の囲炉裏の部屋に飾りとして天井からぶら下がっていたのと同じ・・・

慌ててネットで調べてみると、なんと危険なスズメバチの巣  「見つけたらすぐに保健所に連絡して駆除してもらうように・・」とどこかの町のHPもすぐ下に・・・ で、わが町の保健所に電話。 ところが、龍ヶ崎市にはそのような市民サービスはない、と2軒の駆除業者を紹介してくれただけ 
市民税ばかり高くて市民サービスはなんともお粗末なんだから・・・(ちなみに駆除サービスを実施しているのは、千葉の松戸市です)

業者に連絡して明日駆除してもらうことにしましたが、費用は2万~4万円とのこと。  

パソコン騒ぎに続いての予期せぬ出費にガックリ!! まさに、泣き面にハチ  
なんてこったい!! 洒落にもならねェ・・・・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

芸術の秋   個展・個展・個展

2008-09-17 | あれこれ
N先生の個展が、昨年に引き続き伊勢丹相模原店で、本日9月17日(水)~22日(月)まで開催されています。 

「世界スケッチ大紀行」と題した今回の個展は、イタリアスケッチを中心にマルタ島、パリ、桂林など、旅情を誘う大作が会場に並んでいることでしょう。 原画を間近で拝見できる良い機会と、ワクワクしています。

                             


そして、この秋はN先生を皮切りに、スケッチ仲間の個展がズラリと目白押し!!いずれも9月から10月にかたまっているので、スケジュールをしっかりたてなければ、うっかり見逃すことになりそうです・・・・

それぞれ、個性豊かな仲間が、新たにどんなワールドを見せてくれるのか、これまたとても楽しみです。 刺激をたくさん、たくさん頂けるはず・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遠野 バッチリ完了!!

2008-09-16 | 遠野スケッチ
その発行を首を長~くして待っていたキュー○イの青汁の季刊誌が、先週ついに届きました~

編集の段階で、どんな感じの記事になるのかメールで送っていただいてはいたものの、実際に季刊誌を手にするまでは落ち着かない気分でおりました。

楽しい旅を思い出しつつ、3日間、朝から晩までねじり鉢巻きで色塗りに精を出して完成させた、5枚の絵の中の4枚が記事に掲載され、苦労の甲斐があったと大満足。 「写真は美人に撮れているのがあったら・・」と、ライターのA木さんに頼んでおいたところ・・・後ろ姿や横顔がほとんどでした~~ヤッパリ・・・( 写真写り、良くないのよ、ワタシ

それはともかく、キュー○イの青汁の宣伝季刊誌とはいえ、さすがプロの仕事と、うなりました。 私達は(少なくとも私は)ただ、勝手なことを言いながらスケッチを楽しんでいただけでしたが、【こんな思い出の残し方・・スケッチ旅行】のテーマに見事に纏め上げられていたのです。 楽しく、分かり易く、読んだ人にはスケッチの楽しさと遠野の魅力が充分に伝わるのではないか、とただ、ただ感心!!

この記事の反響が楽しみです。 それにしても、こんなに楽しく(そして苦しい?)経験をさせていただけたこと、心からK子先生と同行のK川氏にに感謝
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ターシャの庭の大花野

2008-09-13 | ペン画スケッチ
今年の家のリビングの壁には、取り寄せたターシャのカレンダーが掛かっています。 残念なことに、ターシャは今年6月天に召されてしまいましたが、暦の中では毎月素敵な広い庭のあちこちで静かに微笑んでいます。

このカレンダーの9月を開いて目に飛び込んできたのが、素焼の大壷?に活けられたターシャの庭の花々と木の実や果物・・・広い庭に咲き乱れる花々を腕いっぱい抱えきれないほど摘んで、大きな花瓶に活けているターシャと豊かな秋の広い花野が目に浮かび、その秋の恵みを写し取ってみたい!と思いました。 ターシャの姿はこの9月だけ見えませんが、背後に彼女の息吹を感じます。

やっと、ペン描きが終って(なんだかとても時間がかかりました~!)ホッとしています。 これから秋の日差しの中、のんびり色塗りを楽しみます。

F6  アルシュ


パソコンが新しくなって、最初の記事です。  機能がUPして、使いやすくなっているとのことですが、まだまだ慣れるまで時間が掛かりそうです・・
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

行く夏を惜しむ・・・

2008-09-11 | ペン画スケッチ
夏の終わりの海は淋しい。 海の家はほとんど店じまいしていて、この時期、海で遊んでいる人も、一軒だけ賑やかな話し声がしている海の家でのんびりしている人も、日本人より西洋人の方が目立ち、なんだか妙に寂しい葉山の海岸でした。

そんな浜辺で、小学生くらいの姉弟がいつまでも波打ち際で遊んでいました・・・もう、宿題は終わったのでしょうか?

F4  ファブリアーノ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

パソコン入院・・・そして、一時帰宅

2008-09-10 | あれこれ
ご心配をお掛けいたしました~~ 私は変わらず元気にしておりますが、パソコンの故障で更新できずにおりました・・・

8月の終わり、明日から9月、と言う時に、なんとパソコンの画面が表示されなくなるトラブルに見舞われてしまいました。 すぐに、パソコンを購入した店に持ち込んだところ、メーカーに送って修理見積もり、その上で修理となる、とのこと。

至急と指示を出してもらったにもかかわらず(メーカーの修理工場がある栃木にパソコンを送ったりするので・・)見積もりが出たのが先週金曜日。画面が表示されないのは、配線の接続不良によるもので、それは無料修理はできたものの、そのほか、ハードディスクリードエラーとモデム不具合、バッテリー消耗が確認され、修理費はおよそ、 75,000円になるとか・・・ 

たしかに、画面が固まったりして、なんだか調子が悪くなった、とは思っていたのですが・・・一応、バックアップをとるために、いったんパソコンを戻してもらうように頼んでやっと今日、家電店に戻ってきたパソコンを引き取りに行ってきましたが・・・買ってからそろそろ5年になるので、買い換えた方がいいのかも、と思っています・・・ それにしても、この出費は痛い!!パソコンがこんなに簡単にダメになるとは思ってもいませんでした・・・

更新もできず、みなさんの状況もさっぱりわからないという状況は、なんとも落ち着かず淋しいものでした。 が、まだこの状況は続きそうです。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加