縁がわ便り

日々の生活の中で、フト心に留まった人やもの、そして風景を描きとめています。

諸行無常・・・・

2017-06-28 | 日本画あれコレ
「筑波の桜」が一段落したところで、溶いて余った水干絵の具や岩絵の具を好きなように塗り、その上から白緑を全体にかけておいたB2の画面。 それを見ているうちに、いつか描きたいと思っていた石仏をここに描いてみよう、と思い立ったのです。 石仏はこの辺りの山道や田や畑の脇道に、ひっそりと忘れられたように立っています。 かつては人々が日々願いを込めて祈りをささげた石仏は風雨に晒され、ひびが入ったり、欠けたりしているものも・・・ それでも、石仏の周りの雑草がきれいに刈り取られたり、首には新しい前掛けがかけられたりして、今なお人々の信仰心が生きている、と感じられるものも見かけます・・・

そんな石仏に引かれてスケッチしておいた中の素朴な菩薩さまを描いていた昨日の夜、思いもよらぬ電話がかかってきました。 小学校4年から6年まで同じクラスで机を並べ、中学、高校も同じ学校で学んだK君の奥様から、K君の訃報を知らせる電話でした。 昨年末に心臓の大手術をして目下リハビリに励んでいるということは聞いてはいましたが、まさか、まさか・・・の知らせで言葉もありませんでした。 大動脈破裂でまるで事故にあったようにあっけなく逝ってしまったとのこと・・・ 

高校卒業後は会うこともなく、還暦を過ぎてボチボチ集まろうか、と始まった同期会で再会して以来、私の絵の個展やグループ展には(時には奥様もご一緒に)欠かさず足を運んでくれたK君でした。 大学院の博士課程在学中にうつ病に罹り、退学し、病を克服して高校教師になったこと、そして、結婚、離婚、再婚など・・・ 佳い奥様と出会われ2人の息子さんに恵まれながら、退職後は人に騙され退職金の半分を失うなど、人並みの苦労を重ねた人生だったようです・・・ 『もういいな・・』なんて、ポツリと言った言葉を覚えていますが、奥様にとってはこれから楽しく暮らしていこう、と思っていた矢先の早過ぎる死だ・・・と。  温和な人柄の、良い人でした・・・  心からご冥福をお祈りいたします。  合掌。


それにしても、石仏を描いていた時にこの悲しい知らせ・・・そして・・・昨日は古代ハスの記事をUP・・・ なんだか出来過ぎ・・・ こんなこともあるのですね・・・



B2 (728 x515)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見頃です・・・古代ハス | トップ | ともかくも落ちつきをれば暑... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本画あれコレ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。