縁がわ便り

日々の生活の中で、フト心に留まった人やもの、そして風景を描きとめています。

まど・みちお & ゼンタングル

2017-11-24 | あれこれ
冒頭の絵は「まど・みちお」の絵です。

以前、NHKのEテレの中高年向けの番組で、余暇を楽しく過ごすための取り組みやすい美術的活動の一つとして「ゼンタングル」が紹介されていました。 分かりやすい説明で面白そうでしたので、言われるままにちょっとトライしてみると、これまでにないような絵?が出来上がりました。 しかし・・・この感じ、どこかで見たことがあるような気がする・・・と思いながら、「ゼンタングル」についてネットで調べてみる気に・・・興味を引かれたので、更に入門書を手に入れて読んでみました。

「ゼンタングル」とはZen(禅)とTangle(絡まる)を合わせて作られた言葉で、「今」を味わいつくす「禅」の精神や哲学を取り入れ、パターンを組み合わせて作品を描く新感覚のアートです。・・・(「描きこんで楽しむゼンタングル」 佐藤心美著 より)・・・のだそうです。

そして・・・本文中に紹介されていたいくつもの「パターン」を見ているうちに、詩人「まど・みちお」の「絵をかいていちんち」で衝撃を受けた彼の絵を思い出したのでした。 「まど・みちお」はインタビューの中で、ご自分の絵について「言葉による「読み」や「意味」から解放されるものとして抽象画をとらえている」、と答えたそうですが、まさに一本の線に集中し脳をリラックスした状態に導くということで、「禅」に通ずるものを体感されていたのでは、と思っています。

童謡の「ぞうさん」や「やぎさん ゆうびん」「一ねんせいになったら」などで広く知られる「まど・みちお」が絵の世界では「ゼンタングル」の先駆者だったのかも・・・と勝手に思って内心悦に入っています(*^▽^*)


下の絵は、「ゼンタングル」のパターンの一部です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生はいいなぁ・・・ | トップ | 秋映えの里 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヤット伺えました (kayo)
2017-12-08 20:51:53
9月19日に脊髄圧迫骨折歩けるようになり、久し振りに少し読ませて頂きました。また続きは後日伺いますね。
大変でしたね (のり)
2017-12-10 11:48:01
kayoさん
歩けるようになるまでのご苦労お察しいたします。 どうぞご無理をなさらずに、焦らず、ゆっくりとお身体お大切になさって下さいね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あれこれ」カテゴリの最新記事