縁がわ便り

日々の生活の中で、フト心に留まった人やもの、そして風景を描きとめています。

野に祈りみちて・・・・

2016-05-27 | あれこれ

伊勢志摩サミットが厳重な警戒態勢の中開催されています。 現代社会が直面しているさまざまな問題を主要7か国の首脳が一堂に会して討議することは大きな意義があることなのでしょう。 

政治に疎い私ですら今回のサミットには大いに関心を持っています。 何といっても一番の関心事はオバマ大統領の広島訪問です。 09年のプラハ演説で核軍縮への決意を示されたオバマ大統領が、被爆地広島で「核兵器のない世界に向けて取り組む道義的責任がある」と改めて示されるとのこと。 平和記念公園の原爆慰霊碑に献花し、原爆資料館や原爆ドームの視察も調整されているとのこと。 更に、式典に被爆者が招待されていて、彼らと自然な形で言葉を交わすことも検討されているとか・・・・

これが、一つの時代の歯車が平和に向かって大きく動くきっかけとなるよう心から祈るばかりです。 野には純白の十字の花が群れ咲いてます。 あたかも平和への祈りを籠めているかのように・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五月晴れ

2016-05-15 | 花はつぼみ

冬の頃から枝先についた堅い蕾の数を目で追いながら、花の時期を心待ちにしていたシャクナゲが、4月に入って蕾をだんだん膨らませはじめ、5月を迎えついにブレイクしました〜〜 毎日窓越しにその数を38?イヤ40?!・・・などと数えてはワクワク楽しんでおりました。 一つの蕾の中に花が10個以上かくれているので、満開になると400を超す華やかさ!! どこからかハチもブンブン寄って来て大賑わいです。

今日あたり、「お花見に来ない?」と誘ったご近所の友人が顔を出してくれることでしょう。

             

絵は蕾の頃のスケッチです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

扉がそっと・・・・

2016-05-09 | あれこれ

    「キャベツ」 Cabbage  

                                どんな バラが さくのか    What  kind  of  rose  will  bloom

                                この おおきな つぼみから   From  this  enormous  bud?

詩人「まど・みちお」さんの描く絵をいまだに時折眺めています・・・  絵から詩へ、そして詩から絵へと、楽しい時間が流れていく中で、たまたま出会った、皇后美智子さまが選び英訳したまどさんの短い詩集。 

「けしゴム」”Eraser”  美智子さまの柔らかな感性で訳されたまどさんの詩が、画家の安野光雅さんの素敵な絵と共に新たな魅力ある世界となって広がっています。 

英語・・・何十年も前の青春の頃、新たな世界に向かって開かれた窓として、専攻したのに・・・このところさっぱりで・・・時は過ぎ・・・・今や当時は思いもしなかった絵の世界を楽しんでいます・・・

                      

    「 しろうさぎ」   White   Hare

                            あたたかそうね       You  look  so  warm

             めが                                  Eyes

             ふぶきの なかの                 Like  lights

             あかりのようで・・・           In  the  blizzard...

 

           

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

里守り桜

2016-05-01 | 日本画あれコレ

「ミアッテ、ミアッテ・・・」と並行して描いていた「里守り桜」ですが、いまだにあちこち気になる箇所があります。 それなのに、筆はなかなか先に進みません・・・ もう少し時が経って、気持ちが動いてくるのを待つしかないのかもしれない・・・・と思ってはおりますが??

 

F 50

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東 俊行 展 のお知らせ

2016-04-24 | 日本画あれコレ

ムサビでお世話になった先生の個展の案内が届きました。 DMを頂いたのは初めてでしたので、いささかびっくりいたしましたが、素敵な日本画を描かれておられる先生の作品を多くの方に見ていただきたく、ご案内いたします。

卒業から2年。 通信過程で学んでいたため、提出したレポートや作品はすべて先生たちの丁寧で熱心な講評と共に返送されてきて、その結果に一喜一憂しつつ、やる気を喚起しておりました。 的確な指摘と分かり易い文で講評して下さる先生が多かった一方、中には理解に苦しむ講評もあり・・・???と首を傾げたくなる先生も実はおいででした〜〜 これも、自分が未熟だったための印象と思っていますが、今となってはすべて良い思い出です。 

東先生は、スクーリングでも厳しくも温かいアドバイスを沢山くださいました。 また、教室でのさりげない言葉の裏に深い学識が感じられて、じっくりお話を聞きたいと思いつつ、いつも余裕がなく、作業に必死に取り組まざるおえない状況下にあった私は、聞き逃した言葉がたくさんある・・・と今でも心残りな気がしています。 

会場は東青梅で都心から少し離れていますが、ぜひ多くの方が会場に足を運んで下さることを祈っております。

                   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミアッテ、ミアッテ・・・

2016-04-20 | 日本画あれコレ

桜の木と並行してF50(1167x910mm)の画面に、水干絵の具や岩絵の具、最後にパステルまで動員して、心のままに色を重ねていきました。 気が付けば、「ハッケヨイ、のこった、のこった・・・」にも見えたり、「まて〜〜」にも見えてきたり・・・ 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

展覧会と銀ブラと・・・・

2016-04-11 | 日本画あれコレ

月に一度は都会の匂いを嗅ぎたくなる気持ちは以前ほど強いものではなくなったとはいえ、春が来るとやはり落着かない・・・ 今回は出光美術館の開館50周年記念の「美の祝典」の3期構成の第一弾の「やまと絵の四季」が4月9日からスタートしたのと、友人が都美術館で開催中の光陽展に出品していることもあって出かけて来ました。 上野の森は大賑わいでしたが、お目当ての桜はとうに葉桜となっていて、チョッと残念でした・・・私の住む町では、桜は今丁度見頃というのに・・・

光陽展には初めて足を運んだのですが、油彩、水彩、染色、版画に日本画も何点か出品されていて、大いに刺激を受けました。 目下制作中の桜が、なんだか迫力に欠けるなぁ・・・と思えて来るほど力作が並んでいました。

出光美術館では、お目当ての国宝「伴大納言絵巻」の陳列ケースの周りはじっくり鑑賞する熱心な人々が取り囲み、作品の隅々に細かに目を配っていて驚きました。 初日とあって、おそらくその道の専門家の方々なのだろう・・・と感じられるほどの熱心さでした。 大学でほんの一部模写をしただけの私はといえば、人物の生き生きした描写にあらためて心惹かれました。 

出光美術館から今回も銀座に出て、例によって三越へ。 今回は新たに新規オープンした東急銀座を覗く元気は残っていなかったのがチョッピリ残念・・・ また、こんど(^^♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

参った〜〜!!

2016-04-01 | 日本画あれコレ

塗って乾かし、洗って塗って・・・いつもの絵描きの作業をポツポツ続けています。 そんな中、筆洗器の水を取り替えようと水を空けると、底に岩絵の具が結構溜まっているのに気付きました。 群青の白です。 これは、洗って乾かせばまた使える、とスクーリングの時H先生から聞いたことをフト思い出し・・・筆洗器ごとベランダの隅に斜めに立てかけて2,3日。 

そして・・・そういえば・・・あの筆洗器はどうしただろう・・・とベランダに。 

そこで目にした筆洗器の底の、美しくも見事な造形!! 群青だけでなく水干絵の具の黄色の粒が点在し、これぞまさしく ‘造化の妙”とでも言ったらいいのでしょうか。 完全に脱帽です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つくし誰の子・・・

2016-03-28 | あれこれ

4月の陽気になったかと思うと、2月並みの寒さがぶり返したり・・・と、なんとも落着かない日々ですが、いつもの散歩コースの道端には春の便りがいっぱいです。

昨日は、今年はちょっと遅れているのかなぁ・・・と思っていたつくしの坊やたちが、いつの間にやら枯草の中からつんつん顔を出しているのを見つけました。 見つけたからには摘まないではいられない!! 今年も手に持ちきれないほど摘んで家に持ち帰り、春の一品として食卓にのせました。 はかまを取るのが少し面倒、指も汚れてしまいますが、これで今年も無事に?春を頂けて小さな幸せ気分です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そろそろ始動・・・「オール青山展」 

2016-03-13 | 日本画あれコレ

弥生3月というのに、真冬並みの寒気が居座っています。 桜の蕾も硬く閉じたまま。 

先週、一足早い桜を見ようと、2か月も前に予約していた伊豆の河津に行ってきました。 河津桜は暖冬のため開花が1週間も早まったため、既に見頃を過ぎているとの情報でしたが、川沿いの土手の桜並木はまだまだた十分に楽しむことができました。 ラッキーなことに、タクシーで河津の滝方面に行く途中、道沿いに一本、枝一杯に見事な花を付けている満開の「結城桜」という名の桜の大木にも会うことができました。 花は河津桜と同じに赤みを帯び、小さな花弁がまとまって丸い房状になって枝先に揺れていました。 日本には沢山の種類の桜があって、それぞれ美しく、毎年桜の季節は心弾みます。

毎年恒例の「オール青山展」の開催に向けて、事務局からお知らせが届きました。 今年も昨年に引き続き2点出品の申請を出しましたが、具体的には今一つ・・・(-_-;)  ただ、一点は桜にしようと考えています。 以前スケッチしていたものをもとに、描き進めていこう・・・と。 冒頭の絵は、スケッチに色付けをしたものをPCに取り込み、少し手を加えてみました。 ここから、自分なりのイメージで描いてみたら、どうなるか・・・ 何か出てくるかもしれない・・・ それとも、暖かな春の日差しを浴びたらまた違う考えが浮かんでくるかも・・・??

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加