ノーベル文学賞と村上春樹

2016-10-14 06:12:04 | ニュース・時事

昨日の午後8時。BSフジで「プライムニュース」が始まった。
始まったとたん、スウェーデンからの生中継が画面に映り、
女性がノーベル文学賞を発表するところだった。
スウェーデン語だから何を言っているのかわからない。
しかし、「ボブ・ディラン」という言葉だけはわかった。
テレビ局のスタジオでは「おおっ」という声が上がった。

…ということで、今年のノーベル文学賞は、
アメリカの有名歌手に授与されることになった。

一方で、候補として注目されていた村上春樹さんは残念だった。
もっとも、これも毎年恒例の行事みたいに、この時期になると、
書店では「めざせノーベル賞」と、村上作品が山積みされたり、
昨日の発表の日は、「ハルキスト」らが集まって発表を見守り、
ダメだとわかるとため息をついたりする…
というのが、毎回報道されている。

「あぁ、今年もとれなかったですね~」
という、ファンの落胆の声が聞えてくるのだ。

しかし…
村上さんはこれについて「毎年騒がれて迷惑ですね」と言っている。
ノーベル賞は「脳減る賞だ」な~んて書いているくらいです。

僕もこのブログで、毎年この時期、村上春樹のことを書いている。
思えば5年前、村上さんはノーベル賞最有力候補と注目を浴びた。
しかし受賞はならず。

その翌年は、「今年こそ」と言われ、
その次は「3度目の正直か」と騒がれ、
去年は「4度目の正直?」なんて言わちゃって…

そして5回目の今年も、例によって大騒ぎである。
もう少し、そっとしておいてあげることはできないのか。

そもそも村上さんは、芥川賞も直木賞も受賞していない。
賞など獲らなくても、村上作品は不滅である。

僕も村上作品は大好きで、ノーベル賞を獲ればそりゃ嬉しいけど、
「今年もダメだったぁ~」と言っても、それほどの残念感はない。

村上作品が自分の本棚にあれば、それで十分である。

ところで…

いつもこの時期になると書くことだけど、
村上さんと僕とは、とても共通点が多い。

村上さんは僕より3日だけ早く生まれた同い年で、
生まれた場所が、村上さんも僕も同じ京都市内で、
兄弟姉妹が全くいない一人っ子…というのも同じ。

血液型がA型で、これもまた同じ。
村上さんは「私は山羊座・A型の呪われた血だ」
な~んてことを、どこかで書かれていましたけど…。

村上さんは早稲田大学在学中に学生結婚をし、
僕も同じく学生の時に結婚した。

まあ、僕が妻と知り合ったのはむろん早稲田大学ではないが、
大阪の真田山付近にあるワセダ速記学校というところだった。
この「ワセダ」という名前だけは一緒なんですよね~(笑)
(ちなみに真田山は大河ドラマ「真田丸」の舞台です)

また、村上さんも僕も、趣味のひとつにジョギングがあるが、
村上さんが初の海外マラソンを走ったのが、34歳の時だった。
僕も、初めて海外のマラソンを走ったのが、34歳の時だった。

という具合に、僕と村上さんは共通点がとても多いのですが、
「文学的才能」だけが全く共通していないのが残念です(泣)

僕の場合は、最近、物忘れやうっかりミスがとても多くなり、
これまでしたことのないような間違い・勘違いも増えてきました。

この調子で行けば、僕の方が「脳減る賞」ですわ。

最後に…。今、これを書きながらふと思いついたのですが、
「ノルウェーの森」がもし「スウェーデンの森」だったら、
村上さんは、もうとっくにノーベル賞を獲っていたかも…。

…なんちゃって。

すみません、つまらないこと言って。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英検3級の結果は…? | トップ | 「真田丸」クライマックスの舞台 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なんでか (みゆき)
2016-10-14 20:01:57
ふふって、笑っちゃいました。

私はなぜか関西圏の方たちの気質が好きなもんで、のんさんの書かれる文章もとても楽しく読ませていただいてます。
えへへ~ (のん)
2016-10-15 07:10:46
笑ってもらえて嬉しいです。

なにしろ、小学生の頃からしょっちゅう親に連れられて、吉本興業の梅田花月へ行って漫才や新喜劇を見て育ったものですから、こんな人間になってしまいました(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。