旗持ち当番 秋景色

2016年10月29日 | 日常のいろいろなこと

先日は、モミィの通学路での旗当番だった。
旗当番とは、小学生の通学路の交差点などで、
保護者たち2~3人が交通安全の旗を持って立つもので、
それぞれに指定された場所へ行くというPTAの活動の一つだが、
時間的に、ちょうどモミィが家を出る前なので、妻は慌ただしい。
そこでわが家では、旗当番には、毎回、僕が行くことにしている。

といっても、頻繁にあるわけではなく、年に数回しか回ってこない。
場所はうちの場合、自宅から歩いて5分ぐらいの信号機のある所だ。

去年…つまりモミィが小学4年生までは、2学年上の児童のお母さんが、
旗を預かってくれていて、僕は手ぶらでその場所へ行けばいいだけで、
あとは、そのお母さんから旗を渡され、お互いが、横断歩道の両側に立って、
終わったら旗をそのお母さんに返し「お世話になりました」と言って別れる。

しかし、モミィが5年生になったら、そこの子は卒業したので、
今回からは、僕のところが旗をPTAから預かる立場となった。
新しく一緒に立ってくれる人は、名簿を見ると2年生の保護者だった。
これからモミィの卒業までは、旗を預かって相手に渡す役になるのだ。

そんなことで、今回はPTAの役員の方から電話があって、妻が出向き、
旗と警備員風の黄色のベスト(着ませんけどね)と名簿を預かってきた。

 


 
  さぁ、この旗とベストと名簿の入った袋を持って、
  いざ旗持ちの出陣じゃぁ~!(「真田丸」か?)


先に場所へ行って立っていると、やがてもう1人の旗持ちさんが来た。
2年生の児童のお母さんで、初対面の方である。
「おはようございます」と挨拶を交わして旗を渡し、
お互いにその旗を持って、道路を挟んで立った。

そこを通って登校する児童たちは、そう多い数ではなく、
しかも集団でやって来る場合が多く、そんなに忙しくはない。
旗を持って、信号の下で立っているだけ…という時間が長い。

で、児童たちの姿が見えると「来た来た」と気合を入れる。
もちろん、児童たちの中には、モミィもいる。
仲良しのモモちゃんといっしょに歩いて来る。
モミィとモモちゃんが、僕に手を振りながら、
目の前を通り過ぎて行く。
「行ってらっしゃ~い」
これはどの子にも言いますけど。

さて、旗持ちと言っても、信号が青に変わったら、
「は~い、気をつけて」と言いながら横断歩道へ出て、
車を遮るように旗を出して児童たちを行かせるだけである。
当然、車の側も、信号が赤なのだから、停まっている。
旗持ちがいても、いなくても、停まっているわけで…。
ま、そんなこと言ったらミもフタもありませんけどね。
緊張感を持って、
児童の安全に集中しなければね~。

いちおう、旗持ちのことが書かれているPTA作成文書には、
立つ時間は、午前7時45分から8時15分まで、ということになっている。

しかし、8時を過ぎると児童もほとんど行ってしまって、
僕たちも立っているだけの状態になる。
向こう側に立っているお母さんが、
「う~ん、もう誰も来ないなぁ~」
という表情をされていた(…ように見えた)。

そこで僕は信号を渡り、そのお母さんに、
「僕が残りますから、先にお帰りください」
と言って、旗を受け取り、彼女を見送った。
「ありがとうございます。では、お先に…」

だいたい、主婦の人はこの時間帯は何かとお忙しいはずである。
ひょっとしたら、どこかに勤めておられるのかも知れないしね。

その点、僕はヒマだから、どうということはありません。
いちおう、規定の8時15分まで、旗を持って立っている。
もう児童たちは誰も来ない。一人も来ない。
それでも、旗を持って立っている僕である。

近くに「帝国」という警備会社がある関係で、
警備員のおじさんたちが信号を渡って行くのだが、
僕の姿を見ると、必ず「おはようございます」
と丁寧に一礼して、通り過ぎて行かれる。

この警備員さんたちが横断する時、旗を出して
「は~い、気をつけて渡ってね」と言ったら、
きっと笑われるでしょうね~(アホやがな)。

そんなしょうむないことを考えたりしながら、
時間が来るまでポツンと立っているのだが、
旗を持ちながら退屈している自分を思うと、

ふと…

「旗持ち退屈男」

…という、古い古い昔の映画の題名を思い出すのである。

え…? 違う…? 違いますか…?

あ、そうですね。違いました。正しくは…


  


あぁ、「旗本退屈男」でした~。

(なんのこっちゃ)

えへへ。

ということで…

以上、本日のブログは

「旗持ち退屈話」でございました。

(もうええわ!)

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 英検3級の結果は……でした | トップ | パソコンに異変が… »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様でした (みゆき)
2016-10-30 09:09:15
次回の旗持ちの際には ぜひ相方のママさんにこのネタをご披露ください!

ペアが男性だときっと緊張するでしょうから、先に笑わせとくと良いですよ〜♪
(万一、変なおっちゃんと思われても責任はとりませんが。)
責任とってください(笑) (のん)
2016-10-31 06:17:58
えっ? 相方のママさんにこのネタを披露ですか?
う~ん、たぶん「旗本退屈男」と言ってもわからないと思います。
なにせ昭和30年代、僕の小学生の頃に流行った映画ですからね~
漫才の西川のりおの「拙者、早乙女主水之介(さおとめ もんどのすけ)、パッ!」というギャグはありましたけど。

間違いなく変なおっちゃんと思われますので、ここは言いたいのを我慢して、黙っておきます(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。