「真田丸」クライマックスの舞台

2016-10-16 05:47:09 | ウォーク・自転車

~ 天王寺から梅田まで ウォーキング ~

数日前、妻が大阪市内に住む姉に誘われ、2人で
「ジェイソン・ボーン」という映画を観に行った。
場所は梅田の「TOHOシネマズ」というところ。
朝一番の上映で、時間は9時半から11時45分まで。
映画が終わったらランチをするという。
で、僕にも「一緒にランチしましょう」
…と義姉からお誘いがあったので、
映画終了時刻に合わせて梅田に行くことにした。

その日は晴れたり曇ったりの天気で、日差しも強くなかった。
ウォーキングにはちょうどいいコンディションである。
「歩かなければもったいないほどの天候」だったので…

とりあえず電車で阿倍野まで出て、
そこから梅田まで、ウォーキングすることにした。

地下鉄御堂筋線の天王寺から梅田までの道のりである。
駅で言えば、天王寺→動物園前→大国町→難波→心斎橋→
本町→淀屋橋→梅田ということになるが、大した距離ではない。
普通に歩いて、2時間もあれば十分行ける距離である。

午前7時40分にモミィが家を出た後、妻が出かけた。
僕はその約30分後の8時半頃に家を出て、駅まで歩き、
電車で阿倍野へ行って、9時15分ごろから歩き始めた。 

まず、天王寺公園を通って新世界方面に向かう。
この天王寺公園の一角に茶臼山という丘があり、
大坂冬の陣ではここに徳川家康が本陣を置き、
大坂夏の陣では逆に真田幸村の拠点となった。
徳川方が豊臣方を滅ぼした重要な舞台なのだ。
 

  


この近くに、こんな看板も。

 

 

これは夏の陣ですから、真田幸村が本陣を置いた時の図です。
アップにしてみますと… 

   

右上のほうに、一心寺とありますが、
ここは去年5月に亡くなった母の菩提寺です。
その上の「安居天神」の場所で幸村は戦死します。
大河ドラマ「真田丸」もこの辺がクライマックスなんでしょうね。

茶臼山を上がって行くと、その幸村さんが、いてはりました。

 

 

 さて、天王寺公園から新世界へ向かうと、
右前方にくっきりと通天閣が見えてきました。
この歩道橋の下が、天王寺動物園になっています。
まだ時間も早いので、人影もまばらです。
 

  


そして新世界に入ります。
この左側に、細い路地「ジャンジャン横丁」があります。


 

 

右に曲がると、正面に通天閣が姿を見せます。 

   


昔は「おじさんたちの街」の象徴だった通天閣も、
今では外国人も含めて、若い人たちに大人気です。
今日は平日だし、そのうえ、まだ時間も早いのに、
もう展望台入口に若者が並んでいる姿がありました。

 

では、この続きは、また次回に。

皆さん、良い日曜日をお過ごしください。

 

 

 

 

 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノーベル文学賞と村上春樹 | トップ | 御堂筋ウォーク 芭蕉終焉の地 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいですね! (ちひろ)
2016-10-16 18:04:23
ご無沙汰しております。
自分のブログを書いていないのでなんとなーくコメントしづらくご無沙汰してしまいましたが、時々拝見していました。

安居神社は先日行きました。
7年前に前を通っただけでしたので、念願の参拝でしたが、
時間が遅かったので御朱印をいただけず…
また行きたいなあと思っております。

茶臼山も横は通りました(笑)。

去年天王寺に宿泊した際に、通天閣にも登りましたが、
そのときもやっぱり早い時間から並んでましたよ!
以前、中途半端な時間に行ったところ、とてもじゃないけどならべない。。。というくらい混んでいたので、
早めに行きましたが、それでもかなり並んでおられたので、びっくりしました。
ハルカスからの景色もとてもよかったですが
通天閣もそれはそれでとてもよかったです。
そのあと、阪堺電車に乗ったので、電車好きの子どもたちも大喜びでした。

のんさんのお散歩日記、都筑を楽しみにしています。
先日歩くのに調べたことで、やっとなんとなく大阪市内の地理が分かってきたので、確認しながら読みますね!
私も書きかけだから、書かなくっちゃ!

またお邪魔します。
お久しぶりです (のん)
2016-10-17 06:32:04
コメントありがとうございます。
ちひろさんの大阪通ぶりにはいつも驚かされます。
通天閣にも早い時間から並ばれていたんですね~
通天閣には、僕などもう30年近く上っていません。
あべのハルカスの展望台にも上がったことないし…。
新世界で串カツを食べたのも、もう何十年前だろう…なんて。
外から眺めるばかりで、中に入ることがあまりないんですね。
「いつでも行けるわ」と思いながら、いつまでたっても行かない(笑)

幸村最期の地である安居神社へも行かれたのですよね。
茶臼山は横を通られた(笑)

阪堺電車はモミィが小さい頃に乗ったきりです。
去年、ウダウダ会で「阪堺電車で史跡めぐり」というのがありましたが、
残念ながらその日はモミィの行事があって欠席しました。
一人で乗るというのもナンですし、今はモミィも乗りたがらないし…。
あ、そうそう。先日、阿倍野を歩いていたら、女性の方から、
「あのぉ…チンチン電車というのはどこにあるんでしょうか?」
…と聞かれました。阪堺電車のことですよね。
やはり、遠方から乗りに来られる方もいらっしゃるんだ、とその時、思いました。
電車好きの子どもさんにも人気だし、大人の人たちにも人気があるようです。

ちひろさんの大阪の「見て歩き」、書きかけておられるのですね。
どのくらいの書きかけなんでしょう。もうあと少し…とか(笑)
楽しみに待っていますよ~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。