プレミアムフライデーって何 ?

2017年05月26日 | 日常のいろいろなこと

このブログのPC版には、右の欄に「カレンダー」とか「最新記事」というのがあって、その下の方に、どれだけのアクセス数があったのかを示す「アクセス状況」というのが出ています。10年間ブログを続けていると、アクセス数も少しずつ増えて、当初は「訪問者」の数が2ケタだったのが、徐々に100を超えて、最近では300ぐらいになり、嬉しいことだな~と思っているところです。

が、先ほどその欄を見たら、昨日の訪問者が「1,646」という数字になっていました。ランキングも、いつもはだいたい2,000位前後なのに、今回は113位。なんで急に昨日だけアクセスがこんなに多かったのだろうか? 不思議です。まぁ、これは今日のテーマとは関係ありませんけど。

  ……………………………………………………………………


さて、今日は5月26日の金曜日。つまり月末の金曜日です。この月末の金曜日は、3ヵ月くらい前から「プレミアムフライデー」と呼ばれ始めています。何のことやら?と思うけれど、どうやら政府や経済界が提唱しているもので、「普段よりもプレミアムな生活を奨励する個人消費喚起キャンペーン」とのこと。

それで、なぜ月末の金曜日かというと、給料日の直後に該当するというのが一番の理由らしく、そしてその日は午後3時に仕事を終えるように企業に奨励して、その夕方の時間を買い物や旅行などに充ててほしい、ということなんだそうです。ふ~む、金曜日は仕事が午後3時までってか。

でも、そう簡単に金曜日の仕事を3時に終えられるのかという疑問もあります。現に、ある調査によると「金曜3時終わり」を導入したいと回答した企業は、全体のわずか3~4%だったという。で、また、仮に実施したとしても、そのシワ寄せが別の日に来ることもあるだろうし、かえってしんどい思いをしなければならないのでは、とも思うんですよね。まあ、日本人の働き方を見直そうという一つの動きかも知れませんが、この「プレミアムフライデー」というのが、どれくらい社会全体を盛り上げてくれるのかは、よくわかりませんね~ 


 
今日のスーパーのチラシにも「プレミアムフライデー」の文字が。
「月末金曜は、ちょっと豊かに」と、お肉やお寿司の宣伝です。
 


それと、最近よく使われる「プレミアム」という言葉の意味ですが

広辞苑を引いてみると「割増金、手数料」とか「商品につける景品」とかいう意味だそうですが、「プレミアム」という言葉には、「上質」というイメージがあり、それによって高級感を出す言葉として今は使われているようです。

ビールも「プレミアムモルツ」ってのがあるし、テレビのチャンネルにもNHKで「BSプレミアム」というのがありますしね。

それにしても

今はなんでも横文字を使ったらいいみたいな風潮があって、なんだかなぁという感じですが、僕らが勤めていた頃は、金曜日は花の金曜日、略して「ハナ金」と言って、はしゃいでいましたし、それを口実にしてよく飲みに行ったりしたものでした。

ハナ金 ← これなら言葉の雰囲気もよく伝わってきますね。
「プレミアム」なんてややこしい言葉を使わず、「ハナ金」でいいのでは。

しかし、いま、こんな川柳があったのを思い出してしまいました。

ハナ金を 楽しみすぎて サラ金へ  

(そら、あかんがな~)

はい。どうも、失礼しました~

では、皆さま、明日は土曜日。

どうか加齢なるじゃなかった、
華麗なる週末を楽しくお過ごしくださ~い。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« あぁ また失敗した ! | トップ | きょう 松原市長選挙 »

コメントを投稿

日常のいろいろなこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。