人生は旅でしょ 

旅と音楽とオープンカー、そして家族。
Since2007/6/24

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

年越しそば 2016

2016年12月31日 23時04分14秒 | 春夏秋冬 2016

わが故郷の風物詩。

年越しそばは手打ちで。
そばつゆは母さんの手作りで。





親父さんメインでも、
嫁さんたちや孫たちも手伝って。

今年もいい味出てました。

2016年、ありがとう!
いい一年でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大晦日に「グリンパ」へ出かけていって

2016年12月31日 16時27分38秒 | 春夏秋冬 2016

それにしても兄貴はタフだと思う。

いろいろな面ですごいと思っているけれど、
行動量というのか、活動量というか。
とんでもないタフさを持っていると思う。

朝、横浜から静岡へ移動してきて。
その足でいきなり「グリンパでも行くか!」と。
グリンパなるものを知らないけれど、
クルマも出してくれるし便乗して行ってみた。



要は、富士の裾野にあるテーマパーク。
これまた晴れていて最高の富士が見れた。

今回は10回券で思う存分とはいかなかったけれど、
次回はフリーパスで遊びましょう!

さぁ帰って蕎麦打ちです!
(その前に広場でトスバッティングを楽しみました)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天気がいいと移動も楽です

2016年12月30日 16時25分03秒 | 春夏秋冬 2016

愛知から静岡への移動

新幹線も指定を取っていたものの、
指定席のほうが自由席と比して混むという現実。

来年ももしこの時間ならば、
自由席で全く大丈夫です。

それにしても晴れてるって素晴らしい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地元で生きるってこういうこと、と感じる夜

2016年12月29日 21時11分45秒 | 春夏秋冬 2016

妻方の実家について、その夜。

年の瀬にとある飲食店へ顔を出すと、
お店の人もお客さんもほとんどが顔見知り。

「おー、お前も来てんのか」的会話とともに
あーでもないこうでもないとテーブルを超えて話も弾んでいる。
おそらくその会話の相手さんたちも
地場では名の通った人たちなのだろう。

誰かがまた来たかと思えばでかい魚を手にしていて、
いま高級魚(名は忘れた)を釣り上げたから持ってきたとのこと。

早速板さんがさばいてくれてお刺身をみんなでつつく。



いったい誰が何を頼んだのかもわからないし、
お会計はどういう仕組み??と思うけれど、
まぁ阿吽の呼吸で何とでもなっているのでしょう。
それが地元に根差して生きている人たちの生活。

転勤族としてはこういう生活は無理だけど、
自分は自分なりの人生を生きていく。

ごちそうさまでした!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの名古屋駅で待ち合わせ

2016年12月29日 16時07分18秒 | 春夏秋冬 2016

ひと足先に帰省している家族と名古屋駅で合流。

スーツを見てから妻方の実家へ。
久しぶりに栄あたりをぶらぶらと、、、。





汁なしそばをいただいて、
早速ビールで乾杯。あー、うまし。

あいにくスーツはよいものがなくシャツを4枚ほど。
それからブラブラとしていると大型古物店に。

服や靴、バッグ等がずらりと並べられていて、

 「あぁ買ったら負け」

という言葉を改めて強く感じた。

久しぶりの名古屋を満喫してからお邪魔します!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年が終わろうとしています、、、。

2016年12月28日 23時39分48秒 | 春夏秋冬 2016

営業は昨日で終わりだったものの、
一人仕事が終わらず今日まで出勤。
今日で仕事納めしました。
お疲れさまでした!

「さて今年の漢字」なる話題が出るけれど、
ワシ自身はどうだっただろうと数日考えて。

「福」

としようと結論づいた。

総じて幸福な一年だったこと。

そして年度始から福が名につく人が大活躍。
今日も最終日に顔を出してきてくれて、
とんでもない策略を仕掛けられて苛立つワシには
まさに荒れ地に咲く一輪の花のように見えた。

--------------------------

今年、身内をみおくることとなり、
「生」ということに強烈に触れた。

親に産んでもらった子として。
子どもを持つ親として。
兄を持つ弟として。

逝く人とおくる人、それぞれの悲しみ。

それでも日常は止まってくれないという残酷さと優しさ。

「生」を与えてもらっている以上、
それを生ききること。
それ以外に、いったい何があるのだろう。

--------------------------

来年はどんな一年にしていこうか。

春にはまた転居が待っている(可能性大)。
新しい土地で少年たちはそれぞれ学校に進み、
ワシも毎日を戦っていくはず。
どんな場所であっても勝ち続けるしかない。
負けている時間はもうない。

その行きつくところは果たして。

ちゃんとボラボラislandにたどり着いてるかな??
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマス 2016

2016年12月24日 17時09分26秒 | 春夏秋冬 2016

毎回ながら、奥方には早い時間からいろいろと準備をしてもらい。



一年を締めくくる時間。
感謝です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「精神汚染」が激しすぎる毎日に、、、

2016年12月22日 22時17分31秒 | 春夏秋冬 2016

明日から三連休。
一年も締めくくりに近づいている今。

逃げちゃ駄目だ
逃げちゃ駄目だ
逃げちゃ駄目だ

っとつぶやくべきところなのかもしれないけれど、

やってられん
やってられん
やってられん

そんな言葉が口をついて出てきて、
先輩同僚からは「漏れてきてるよ」と。

精神汚染を許すことを対価として
報酬を得てるような仕事。

上司をして「女衒(ぜげん)やなぁお前」と言われる始末。
あなたがそれを言う??とやや嫌になるけれど。

そんな年末を過ごしております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天空の山城 備中松山城

2016年12月21日 11時51分14秒 | 春夏秋冬 2016

もうじき岡山を去るつもりでいるワシ。

そんななかで、悔いが残っているものの一つがここ。

備中松山城そのものにはもう3度登頂したけれど、
雲海にそびえるその姿を見てはいなかった。



仕事でその道を通る際に立ち寄ってみて。



完ぺきとは言えないけれど、
雲海の中からの天守閣を目に捉えることができた。

さぁ転勤、どうなる??
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「あ、アルテリーベじゃん!」と思わず叫んでしまった

2016年12月16日 23時51分57秒 | 春夏秋冬 2016

今年の人気ドラマ「逃げ恥」。

そのなかで使われていたレストラン。

部隊が横浜ということもあって、
見た景色がたくさん流れていたけれど、
まさかこのお店が取り上げられるとは。

平匡さんがプロポーズする場に選んだお店。

我々夫婦も独身時代、何かの記念に使いました。
何だったかは覚えていないけれど、、、。

やっぱり横浜は画になる街です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瀬戸内の味 清香 でいただく最高の時間

2016年12月14日 23時15分06秒 | 春夏秋冬 2016

ここはかなりいいお店。

メンバーとも最高の時間を過ごして。
ついつい飲みすぎてしまう。



泣いて笑って怒って泣いて。
そんな時間でした。



普段一緒に過ごせないメンバーと、
年に一度、無礼講で大騒ぎしました!

楽しかった~!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

会社の忘年会で、プレゼント交換を!

2016年12月11日 13時27分21秒 | 春夏秋冬 2016

何かというと、幹事を言いつけられる私。

支社内で一番の若手であるのと同時に、
TOPより唯一の年下。
つまり、TOPとしては私が使いやすい、ということ。

ただ、年上を使うことの難しさ。
年下に使われることの厳しさを目の当たりにして。
どっちも嫌だなと思う現場。







美容室で髪を切ってもらっているときにこの話をした。
予算 男性2千円 女性1千円程度。
それぞれが品を持ち寄って飲みながら交換!

美容師に勧められ、ワシはスマホのリングにした。
それを買いにビッグカメラへ。

いまやカメラ屋でも何でもなく。
まさにびっくり箱のような世界が広がっている。

丸一日過ごせるような気にもなってしまった、、、。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

会社を飾り付けて、盛り上げていく毎日

2016年12月10日 21時43分59秒 | 春夏秋冬 2016
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何年ぶりのティファール新調か?

2016年12月08日 21時03分07秒 | 春夏秋冬 2016

もうちょっと鮮やかな色かと思って注文したけれど、
意外なほど深い色。

大阪で買った記憶があるから、、、。
もう何年前か考えるのも面倒だけど、
数年ぶりの新調でしょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご一緒にポテトもいかがですか??

2016年12月07日 22時08分18秒 | 春夏秋冬 2016

営業現場においてこの言葉は基本。

「ご一緒にポテトもいかがですか?」

その言葉を発すると笑顔がどうしても出てくる。
つまり笑いながらしかこの言葉は言えない。

深夜テレビで見たCDを電話で注文。
するとその電話先で男性オペレーターが。

「ご一緒にパート2もいかがですか?」

思わず笑った。

あぁ、ここでもやってるんだと。
その努力に応えて、買いますと回答する。
同じ営業として、その頑張りには応えたいなと。

古き良き音楽を聞かせてもらいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加