gooでの個人的な日記-モンクです

個人的な日々の出来事をつづっています。暇つぶしに読んでもらえれば。

読めますか 近鉄大阪線編  その1

2016-09-18 17:36:59 | その他

地名、駅名はけっこう読めなかったりしますよね。
大阪に住んでる私でも読めないのがけっこうあったりします。
今回は、近鉄大阪線編です。
大阪にすんでると聞き慣れてたりしますが。

無題

布施 俊徳道 弥刀 高安 恩智
堅下 二上  五位堂 

a50002bzzzz.gif

布施 ふせ。
由来は行基(ぎょうき)が飢えに苦しむ人々のために
布施屋を設けたことに由来するとか。布施屋(ふせや)とは
古代律令制 時代に日本各地に作られた旅行者の
一時救護・宿泊施設だったそうです。

俊徳道  しゅんとくみち。
由来は八尾高安から四天王寺に通じる道のことで
高安山畑の長者信吉の息子、俊徳丸が四天王寺へのお詣りに
又は習い事に通った道だと伝えられているそうです。

弥刀 みと。知らないと読めないかも。
弥刀の駅名は弥刀神社から。地名の由来は「水門(みと)」
「水戸(みと)」の転化で、このあたりが大和川の
河口だったところからきてるみたいです。

高安 たかやす。
朝廷が中国の制度をまねて地方を国、郡、里に分け
それぞれに国司、郡司、里長という役人を置いたそうで
そのときの郡司の名前からきてるそうです。

恩智 おんぢ。
恩智の地名は、「阿智」(あち)が訛ったものだとかで
この地域の豪族の名前が由来みたいです。

堅下 かたしも。
由来ははっきりとは。堅上っていうのもあるので堅が
何からきてるのかわかればそれの下ってことなんでしょうが。

二上 にじょう。
二上山から。二上山は雄岳(517m)と南方の雌岳(474m)の
2つの山頂があるところからそうよばれたみたいです。

五位堂 ごいどう。
もっとひねった読みがあるのかと。
古代の豪族・大伴金村(おおとものかなむら)の末裔である
五井殿(ごいどの)某に由来する地名だとか。

ほんと地名は難しいです。
続きはまた。

ご訪問ありがとうございました。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイナンバー | トップ | こんな話やってました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。