銀ステ根なし草

銀のステッキ旅行・スタッフの雑記帳

秋深しびわこ吟行奥深し

2016年10月29日 | のほほん同志Aの日常

初めての体験というのは、なんでもいいものです。

阪神間を中心とした句会の皆さまと、
初めて、ご旅行中に俳句を詠む「吟行」旅行にご一緒してきました。

午前中は琵琶湖クルーズ。そして、秋の花咲くイングリッシュガーデン散策。

天気はあいにくのどんよりパラパラ。
…いえ、「あいにく」なんていうのは、こちらの思い込み。
雨なら雨、快晴なら快晴、そのときどきの世界と、俳句でとつながるってことのようです。





午後からはみっちり句会とあって、
クルーズ中も、バスの中でも、ペンとノートは必携です。

お食事中も、こっそりのぞきに行ったら、もぐもぐいただきながら、何やらメモをする人も。

なにせ、課題はひとり三句。

10時からお船に乗って、お昼を食べ終えたら午後1時で、
投稿のしめきりは、午後1時半! 

皆さん、けっこう必死です。

そして出そろった、87の俳句。(ひとり三句×29名さん)

匿名で投稿し、参加者全員が得点をつけ、先生方が講評する。
ご自身が選んだ特選を発表する際に、「わたくしはこの句をいただきました」というのが、何やら新鮮。

マイクをセットしたり、お茶をついだり、コピーを取りに走ったりしながら垣間見た、
これが私にとって初めての「句会」でした。 

帰途のバスのなかで頂戴した全句のコピーのなかから、わたしが「いただいた」のはこちら、

  
  秋湿り船の国旗のほつれかな


甲板で、私も同じものを見たのです。

「あらま、端っこが、えらいほつれて」 

と、そう思っただけの風景が、こうして俳句になると、広がりを持つ。

たった十七文字のなかに、
日に照らされ、雨に濡れ、強風にあおられる、その時間までが含まれてくる。


それに、句が作れたら、芭蕉とだって話ができるのだし。

たとえば、芭蕉がこの句を詠んだのは、
冷たい小さな雨が降った、今日のような日だったのかもしれません。

 
  旅人と我が名呼ばれん初時雨     芭蕉


俳句、おもしろいかも。


*********************************
バス旅行、オーダメイド旅行のご相談は…
銀のステッキ旅行
TEL 0797-91-2260(平日9:00~17:00)
■銀のステッキは会員制の「旅サロン」を主催しています。
■公式ホームページ:http://www.gin-st.com 
*********************************








 

 

『兵庫県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北信濃の秋は、短くも。 | トップ | 乗鞍・五色ヶ原へ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む