銀ステ根なし草

銀のステッキ旅行・スタッフの雑記帳

中秋のお月見クルーズ

2016年09月18日 | ムムムッのMは紙一重

月の満ち欠けによって暦を作っていた旧暦(太陰暦)では7・8・9月が秋とされ、

その真ん中の8月15日を中秋と言いました。

この日の行事といえば・・・「中秋の名月」、お月見です。

2016年は9月15日が中秋。

銀のステッキでは大阪、大川でのお月見クルーズを開催しました。

 

 

今回お世話になったのは「御舟かもめ」さん。

元は真珠の養殖船だった舟をクルーズ用にリフォームされたそうです。

定員10名の小さなかわいい舟です。

 

八軒屋浜船着き場から乗船なのですが、すでに目の前には、ライトアップされた美しい天満橋。

「きれいね~」

「昼間とは全然景色がちがうのね~」

皆様のテンションも上がります。

当日の朝まで心配だったお天気も無事(?)曇りで落ち着き、

船長さんの案内でいざ出航。

最初に天満橋の下をくぐり、大阪城へ向かいます。

「右ななめ上の空をご覧ください。そちらに月が出ているはずですが・・・」

船長さんからのアナウンスに一斉に空を見上げた私達。

高層ビルの前を通り過ぎ・・・、見えました!

 

雲の切れ間から、月がきれいに顔をのぞかせています。

雲がちょうどいい感じにかかって朧になっているのもまた風情が。

一斉に見つめられたのが恥ずかしいのか、月は雲に隠れつつ、

たびたび姿をあらわしてくれました。

川の上はとても静か、鈴虫の声さえ聞こえます。

屋根のない舟なので、心地よい風に吹かれながらのお月見は本当に格別。

 

また、このクルーズで意外だったのが夜の大阪の姿。

天満橋、なにわ橋、水晶橋などほぼすべての橋と川べり、

街路樹がライトアップされた姿は外国の様。

中之島の中央公会堂の傍も通りましたが、

ライトアップされた姿は、

ネオルネッサンス様式建築の美しさが際立っていました。

 

実はこの日、月だけでなく星も観ることができました。

天満橋の真下、水面にライトで映し出された「ラッキースター」。

数あるライトの中で一つだけ星形をしています。

良いことがあります様に。

 

********************************
バス旅行、オーダメイド旅行のご相談は…
銀のステッキ旅行
TEL 0797-91-2260(平日8:30~17:00)
■銀のステッキは会員制の「旅サロン」を主催しています。
■公式ホームページ:http://www.gin-st.com 
*********************************

 


『国内旅行』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月とデナリ | トップ | 岸和田だんじり 祭りのあとに »
最近の画像もっと見る

あわせて読む