銀ステ根なし草

銀のステッキ旅行・スタッフの雑記帳

銀ステ添乗員定義

2017年07月13日 | 見かけだおしNのつぶやき

久米島の旅にご一緒した方から、お写真が届きました。

つい先日ながら、懐かしい気持ちで写真を繰っていると、

アンケートも同封されていました。

 

そこには、、、

添乗評価なる箇所に

「あなた、上手に遊んでいましたね」

 

確かに、馬に乗って誰より嬉しそうな笑顔。

居酒屋では、誰よりもジョッキが空いてた。

トロンと頬杖まで。

しかも証拠写真も多数。

上手にかぁ。。。

 

これって、どうとらえるべきか。

 

つい先日も、日帰り旅行で、初めて銀ステにご一緒された方。

懐石で、鮎を食べながら、

「珍しいね。添乗員さんも一緒なんて。

普通、違う場所で、食べてること多いのにね」

しかも、私、別のお客様とビールをシェアしてたし、、、

お叱り受けてるのかなぁと、思いつつ、開けたビールを残すこともなく!(◎_◎;)

 

でも、ここでおなじみさんからフォローが入りました。

「食事は添乗員さんが一緒の方がいいから」(涙)

 

もう、勝手に申し上げると、添乗員の職務としては、

お客様と離れて、一人時間は必要枠。

その最たるは、食事時間。

みなさんが、食事を楽しまれる、その間に、

ツアーの裏方手配にあれこれ没頭できる。

さらに、気疲れも、大なり小なり。

少しの、自分時間は大切なり。

 

なので「いつも美味しいものたべられて幸せね」

と、言われると、少し戸惑う。

 

でも会社設立後、なんども言われました。

利益も出ないから、せめてスタッフの経費は絞ろうと思っていても、

「せっかくなんだから、添乗員さんも同席してよ」

この、ご意見に従うことにして、今日まできました。

 

なぜなら添乗員ですが、

「家族旅行の世話役としてご一緒している」が、

銀ステのテーマでして、娘であり、孫であり?かな。

 

初参加の方には奇異に映っても仕方ない。

そもそも、料亭で、添乗員の分も予約すると、

「え、添乗さんも同席ですか?」

はい、手配先にも毎度驚かれてます。

 

行程上の場所にお客様を送り込んだら、終わりではなく、

最後まで、一つの旅をみなさんと楽しむことが、

銀ステ添乗員の仕事と定めています。

これって案外難しいんですよ。

若いスタッフには尚のこと!?

 

まぁ、私は、冒頭のお客様のアンケートのとおり、

今ではすっかり、旅先でお客様と同じように、いえそれ以上に?

はしゃげるようになりましたが。

これはこれで問題かしら。

 

多分ですが、、、、

ご高齢の多い銀ステ層では、みなさんと一緒に楽しめる、

でも、過不足ない距離感が添乗員の資質なのかも。

と、勝手判断。

これからも、

「添乗員さん、大ビン、一人では大変だから飲んで」

「一緒に馬に乗ろうよ」

「イタリア一緒に行こうよ」

「近所でどっかいいお医者さん教えて」??

 

うーん、この距離感がけっこう難しいのですよ、ホント。

 

あの日。

昼間っから、老舗料亭で、お酒をいただきながら、

顔を赤らめる私、はい添乗員に、不思議そうな顔を向けられていたお客様。

 

今日。

「また、ご一緒しましょう」と、ご予約いただました。

いいのか悪いのか、、、

でも、みなさんと旅に出ることが、仕事上という以前に

最近楽しみになってきていることが、私の摩訶不思議です!?

 

 ********************************

☆7月14日(金)「宝塚大劇場・月組公演ALL FOR ONE」

 初日公演15:00~ A1席あります。

 詳しくは、コチラ≫

********************************

さて、突然ですが、
銀のステッキでは、スタッフを募集します。
当社のホームページをご覧の上、
業務内容にご興味を持っていただいた方は、ぜひ、お問い合わせください。
詳細は、面談にてじっくりお話させていただきます。
「旅が好き」「やる気がある」「見聞欲旺盛」「創作力がある」方、歓迎!
でも、本当は、今、当社に足りない力を求めます!
それが何かは、わかりません。
*******************************

バス旅行、オーダメイド旅行のご相談は…

銀のステッキ旅行
TEL 0797-91-2260(平日9:00~17:00)
■銀のステッキは会員制の「旅サロン」を主催しています。
■公式ホームページ:http://www.gin-st.com 
*************************

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お蚕さま。 | トップ | 自然の力をいただいて・・・ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む