伊藤忠兵衛

2017年04月17日 | 近江の思想

  

☑ い

♞ 伊藤忠兵衛(初代)

☑生誕:1842.08.08-1903.07.08/近江国犬上郡豊郷村
☑略歴:近江彦根で麻木綿商を営む農家に誕生
    戦後最大商社伊藤忠を創業
☑分野:商人・実業家/総合商社

☑ プロフィール

伊藤忠兵衛 (初代)――天保13年7月2日(1842年8月
7日) - 1903年(明治36年)7月8日)は、伊藤忠の創
業者。近江彦根で麻木綿商を営む農家に生まれる。16
歳のときに初めて出た行商(出張販売)の面白さに気
づき以降商人として活躍。何度も苦境を乗り切り、戦
後最大の商社となった伊藤忠を創業。

♟伊藤忠商事・丸紅という2つの大手総合商社を創業
し、多角的経営により伊藤忠財閥を形成。
初代忠兵衛
は、五代目伊藤長兵衛の次男として生まれた。生家は
紅長(べんちょう)の屋号で耳付物という繊維品の小
売をし、また1、2町の田地を営農する地主でもる。
伊藤家は、この初代伊藤忠兵衛と兄の六代目伊藤長兵
衛が、近江湖東の犬上郡甲良郷八目村(犬上郡豊郷町
八目)で安政5年(1858年)5月に近江麻布類の持下り
商を開業し、堺や紀州に行商したのにはじまる。伊藤
忠も丸紅も、この年を創業年とする。
 

♟兄の長兵衛は国元で仕入れに当たり、のちに博多新
川端で伊藤長兵衛商店を開業した。弟の忠兵衛は、明
治5年(1872年)1月に大阪本町二丁目に呉服・太物店
をはじめ紅忠(べんちゅう)と称して、麻布類・尾濃
織物・関東織物を取り扱った。この2つが合併・分割
を繰り返して現在の伊藤忠・丸紅につながる。
 

♟紅忠は開店と同時に店法を定め、利益三分主義とる。
これは、店の純利益は本家納め・本店積立金・店員配
当に分かつ―― 5:3:2 の配分率で「三つ割銀」。
店員への配当を割くことによって勤労意欲を喚起、こ
れは伝統的な近江商法に拠る。また忠兵衛は真宗の信
仰に厚く、津村別院へ熱心に通い、「商売は菩薩の業
」と説いて多数の人材を育て、財産を分かつことを商
売繁盛の本道とする

 

♟明治18年(1885年)に、甥の外海鉄治郎と組合組織
で伊藤外海組を設立し、神戸に事務所をおいて直貿易
を始めた。明治26年(1893年)には安土町二丁目で綿
糸卸商の伊藤糸店ができて綿糸も取り扱う。明治29年
には日東合資会社をつくり、中国綿の輸入と日本綿糸
の輸出にあたる。
 

♟晩年には郷土の豊郷村の村長も務めた。明治27年(1
894年)に兄の長兵衛が死去(61歳)。そして明治36年
(1903年)7月8日に忠兵衛は須磨の別邸で死去した。
家督は17歳の次男の精一が相続、二代目伊藤忠兵衛を
襲名。

♚ 名言集

♟商売人にとって重要なことは、機敏なことである。

✪長州戦争時に戦地で衣料品の需要が高まるだろうと
考え、
下関に命懸けで荷物を運ぶなど、スピードと行
動力で伊藤忠は富を蓄積していく。

 

♞ 伊藤忠兵衛(二代)

☑生誕:1886.06.12 - 1973.05.29/滋賀県豊郷町
☑略歴:近江彦根で麻木綿商を営む農家に誕生
    戦後最大商社伊藤忠を創業
☑分野:商人・実業家/総合商社

☑ プロフィール

伊藤忠兵衛 (初代)――1886年(明治19年)6月12日
- 1973年(昭和48年)5月29日)は、伊藤忠財閥2代目。
父は同社創業者の伊藤忠兵衛(初代)。父から受け継
いだ呉服商の丸紅伊藤本店を発展させ、伊藤忠商事、
丸紅の基礎を築いた経営者。第二次世界大戦後、公職
追放を受けすべての役職を辞任。追放解除後は富国生
命取締役、東洋パルプ会長、呉羽紡績社長などを務め
る。日本の実業家。伊藤忠財閥の2代目当主。従三位勲
一等瑞宝章。幼名は精一。父・初代伊藤忠兵衛が呉服
店の伊藤本店を発展させ、伊藤忠商事と丸紅という2
つの総合商社を中興。
 

♟二代目忠兵衛はカタカナの使用を推進するカナモジ
運動の草分けとしても知られ、1920年(大正9年)1月
からカナモジカイの創立委員となり、日向利兵衛(東
洋製糖)、片岡安、下村海南、平生釟三郎らとともに
この運動の有力メンバーとなり、1938年(昭和13年)
10月には財団法人カナ文字会の理事となる。忠兵衛の
影響もあって、伊藤忠・丸紅両社では戦前から戦後に
かけて正式な社内文書にはカタカナが使われていた。

♟また平生釟三郎の影響を受けて、それまでの知育偏
重教育とは一線を画した、徳育・体育・知育の均衡の
とれた教育に関心をもつに至り、甲南学園の経営に参
加。財団法人甲南学園の理事となり、甲南中学校、甲
南小学校にも関与した。1957年(昭和32年)には甲南
学園の第5代理事長となる。1969年(昭和44年)、甲南
学園の理事長を学園創立50周年記念式典で辞任するま
で、甲南学園にはもっとも熱意を入れる。

♚ 名言集

♟悪いとき、落ち目のときに人間はすべてをさらけ出
 すものだ。

✪欧州大戦がはじまってから、実業界の人は皆いい気
になって豪勢な暮らしをしているのに、武藤山治さん
(鐘紡社長)だけは奥さんの作った弁当を下げて、住
吉から毎日汽車で兵庫の工場に通っていた。これを見
て私は武藤さんも時勢に遅れたなと感じたことがあっ
た。しかし、相場が暴落し、いままで宴会ばかりやっ
ていた連中は尾羽打ち枯らし、銀行に頭を下げて回っ
ている中で、武藤さんは相変わらず平然と弁当箱を下
げて兵庫の工場へ通っている。やはり武藤さんは偉い
なとつくづく感心。

♟夜の付き合いに参加せず、勉強と商品研究に時間を
使う

♟経営にとって人格者ほど危ないものはない

✪これは忠兵衛自身の言葉ではなく、翁がまだ若いと
き、のちに大蔵大臣になって金解禁
を実施した井上準之
助から、教えられて肝に命じたという。 「聖人君子というだ
けでは経営は難しい。信用はできても、経営の才能は別だ
からそれを混同してはいけない」と。  

♟大きな夢を持つ

✪勉学が目的だが、実家の織物の仕事もあるから、有
名大学をさけて最初ロンドン大学へ行った。経済学部
で講義を受けたがさっぱりわからぬ。ところが下宿屋
へ帰って教科書を読むと大半理解できる。これで私は
通学しなくとも勉強できると考え、本ばかり買い入れ
て商売の方に精を出した。
 

【エピソード】 

☈ 伊藤忠兵衛記念館

伊藤忠兵衛記念館は、近江商人発祥の地である滋賀県
にある
初代伊藤忠兵衛の百回忌を記念して、初代忠
兵衛が暮らし、
二代忠兵衛が生まれた滋賀県犬上郡豊
郷町にある旧邸
(1998年に財団法人豊郷済美会に寄贈)
を整備し、2002年04月14日(日)より一般開放される。
初代忠兵衛、二代忠兵衛の愛用品をはじめ、多くの資
料が
展示され、繊維卸商から「総合商社」への道を拓
いたその
足跡を紹介している

 

 

【脚注及びリンク】
----------------------------------------------   

  1. 伊藤忠兵衛記念館 | 豊郷町役場へようこそ
  2. 伊藤忠兵衛 (初代) Wikipedia
  3. 伊藤忠兵衛 (二代) Wikipedia
  4. 革新性と家族主義経営の実践 伊藤忠商事
  5. 初代から受け継いだ合理的経営の精神 伊藤忠商
     
  6. 近江商人にみる真宗の精神 大谷一郎 現代と親
    鸞28号 2014.05.15
     
  7. 近江商人の「三方よし」木山 実 2016.01.25 
  8. 近江商人の経済倫理と信仰の意義 松居遊見と浄
    土真宗僧香樹院徳龍との関係を主にして 辻井清
    吾 2016.06.29
     

-------------------------;--------------------   

   

 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石黒 浩 | TOP | ZW運動と安全性 »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。