稲部遺跡 大規模な鉄器工房

2016年10月18日 | 日誌



【邪馬台国時代の鉄器工房遺構】

● 鍛冶工房群・大型建物の遺構確認

10月17日、彦根市教委は、市内の「稲部(いなべ)
遺跡」(同市稲部、彦富両町)で弥生時代終末から古墳
時代初め(3世紀前半)の鉄器工房群の遺構が見つかっ
たと発表。同時代では他にない規模という。大規模な建
物の跡も確認された。当時、鉄製品の原料は大陸からの
調達に頼っており、同時代の邪馬台国について記した中
国の史書「魏志倭人伝」で、大陸と交易があったとされ
る「三十国」のうちの一つともみられるという(毎日新
聞 2016.10.17)。


この記事によると、鉄器工房は30棟以上ある竪穴建物
群で、各棟は一辺3.5〜5.3メートルの方形。うち
23棟の床面から鉄片や鉄塊が見つかった。一部に土な
ども含んだ状態だが、全体の重さは計約6キロに上ると
いう。同時に鍛冶や鉄を加工する際に使ったと思われる
台石や、鉄製矢尻2個なども見つかった。国内には当時、
製鉄技術がなく、鉄の延べ板を朝鮮半島から取り寄せ、
武器や農具、工具を造っていたと考えられる。


一方、鉄器製造が始まった直後に大型の建物が現れた他
鉄器製造が終了した3世紀後半には、一辺十数メートル
規模の大型の建物2棟が相次ぎ出現。首長の居館や巨大
な倉庫として利用され、他の国との物流拠点だった可能
性があるとしている。邪馬台国畿内説の有力候補地とさ
れる纒向(まきむく)遺跡(奈良県桜井市)では、より
大規模な同時代の建物跡が確認されている。

「魏志倭人伝」では、倭人は現在の韓国・ソウル辺りに
あった帯方郡の東南の大海の中にいて、もとは「百余国
」あったが、同書が書かれた3世紀には「使訳(使者や
言葉)通ずる所三十国」と伝えている。福永伸哉・大阪
大教授(日本考古学)は「稲部遺跡は東西日本の結節点
にあり、近江勢力の大きさを物語ると共に日本の国の成
り立ちを考えるうえで貴重」と話す。



また、18日の朝日新聞によると、滋賀県彦根市の稲部
跡で弥生時代末(3世紀初め)~古墳時代初め(同中
ごろ)の鍛冶工房群
や大型建物の遺構が確認された。
教委が17日発表した。建物は何
度か建て替えられたとみ
られ、邪
馬台国の時代からヤマト政権の成立期にかけて、
この地域の拠点的
な集落だったと推定している、と報じ、
この遺跡では1981年に発掘調査が始まり、直径数百
ぴの範囲内に弥生時代後期(2世紀ごろ)~古墳時代中
期(5世紀ごろ)の遺構が発掘されている。古墳時代初
頭ごろとみられる30棟以上の竪穴建物跡からは、鉄の
破片や鉄を加工する際に出る不純物の鉄滓が計約6キロ
見つかった。この時期では国内最大規模の鍛冶工房群と
考えられるという。

琵琶湖東岸は強力な地域勢力があった近畿、東海、北陸
を結ぶ水陸交通の「結節点」。福永伸哉・大阪大教授(
考古学)は「稲部遺跡は近畿と東海両勢力の間で独自の
スタンスを取り、日本海側から鉄素材を入手するルート
を確保していた可能性がある」と話す。
また、古墳時代
初期ごろの大型建物(推定面積約188平方メートル)
とみられる跡もあったといい、首長の邸宅や倉庫などに
使われた可能性があるという。その後に大型倉庫(同約
145平方メート)に建て替えられていたという。



共同通信社

【エピソード】 
 
   
       

● 現地説明会:22日午後1時半〜午後3時。小雨決行。

 

【脚注及びリンク】
-----------------------:---------------------------  

  1. 御稲部遺跡:大規模な鉄器工房遺構 「邪馬台国」
    時代 毎日新聞 2016.10.17 
  2. 鉄器工房群発見に「邪馬台国時代とは…」毎日新
    聞 2016.10.17
  3. 稲部遺跡で鍛冶工房跡 邪馬台国期の拠点集落か
    朝日新聞デジタル 2016.10.18
     
  4. 稲部遺跡から巨大建物跡を発掘 NHKオンライ
    ンニュース 2016.10.18
  5. 彦根市埋蔵文化財調査報告 稲部遺跡 発掘調査
    概要報告書 2011.01.30 
  6. 邪馬台国時代、彦根に一大勢力存在か 稲部遺跡
    で国内最大級の建物跡、鍛冶工房跡出土 産経ウエ
    スト 2016.10.17 
  7. 稲部西遺跡で現地説明会 しが彦根新聞 2013.11.23

 ---------------------;---------------------------- 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 滋賀の山々15 | TOP | 稲部遺跡 大規模な鉄器工房 Ⅱ »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。