坂口 志文

2017年04月19日 | 近江の思想

   

☑ さ 

作成日:2017.04.19|更新日:

♞ 坂口 志文 

☑生誕:1963年/滋賀県長浜市(旧東浅井郡びわ町)
☑略歴:県立長浜北高等学校、京都大学医学部、大阪
    大学免疫学フロンティ研究センター教授
☑分野:医学博士/科学者

 

☑ プロフィール

坂口 志文(さかぐち しもん、1951年1月19日 - )は
日本の免疫学者、医師。大阪大学免疫学フロンティ
ア研究センター教授。滋賀県長浜市出身。過剰な免疫
反応を抑える制御性T細胞の発見と免疫疾患における
意義を解明したことで知られる。☈ 
地元の公立小中
学校から滋賀県立長浜北高等学校を経て、☇1976年京
都大学医学部医学科卒業、医師免許取得。☇1977年大
学院を中退し、愛知県がんセンター研究所実験病理部
門研究生となる。☇1983年医学博士(京都大学)。論
文の題は「胸腺摘出によるマウス自己免疫性卵巣炎の
細胞免疫学的研究 (Study on cellular events in postthyme-
ctomy autoimmune oophoritis in mice
)」。☇1983年ジョ
ンズ・ホプキンス大学客員研究員、☇1987年スタンフ
ォード大学客員研究員などを経て、☇1995年東京都老
人総合研究所免疫病理部門部門長。☇1999年京都大学
再生医科学研究所生体機能調節学分野教授。☇2007年
同大学再生医科学研究所・所長。☇2010年から大阪大
学に移り、現職。☇2012年米国科学アカデミー外国人
会員。
 

♚ 名言集

♟(自己免疫疾患は)免疫が見きわめる自己と自己で
 ないもの(非自己) の境界が、時に大きくゆらぐ
 ことを意味しています。

♟サイエンスは、本当のことは本当だと皆が認めなく
 てはならない世界です。

♟日本にいたらモノクローナル抗体は高くて種類も少
 なかったですから、この時期アメリカにいたのは良
 かったですね。色々な抗体を試し、どうやらCD25
 
という表面分子が、僕たちの追うT細胞に特異的な
 マーカーになりそうだというところまで絞り込めま
  した。

♟最先端の技術を使って前進する研究もありますが、
  免疫学は未だに「露天掘り」ができる学問です。

今の時代、グーグルをちょっといじれば、いろいろ
 な知識が手に入る。しかし、何かをやろうと思った
 ら、時間がかかるものである。それをじっと我慢し
 てやり続けると、思わぬところから、自分の力だけ
 でなく、人の力もあり、時代の力もあり、面白いこ
 とが展開してくるだろう。

滋賀には琵琶湖があり歴史があり、他にはない独特
 の風景があります。

【エピソード】 

 

 

【脚注及びリンク】
----------------------------------------------

  1. ゆらぐ自己と非自己―制御性T細胞の発見 生命
    誌研究館 No.89 
  2. 最新アレルギー制御工学 ごくとうごくらく
    2015.04.09
  3. 坂口阪大教授 「免疫学の常識覆す」軌跡語る
    医療維新 2016.04.11
  4. 湖(こ)の人ク ローズアップ 滋賀県 2015.07.01
  5. Study on cellular events in post-thymectomy autoim-
    mune oophoritis in mice. II. Requirement of Lyt-1
    cells in normal female mice for the prevention of oo-
    phoritis , J Exp Med. 1982 Dec 1; 156(6): 1577–1586. 
  6. 坂口 志文 Wikipedia 
  7. 大阪大学免疫学フロンティ研究センター 実験免
    疫学
     

-------------------------;--------------------  
   

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ZW運動と安全性 | TOP | 井伊 直弼  »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。