公共財の維持と図書館Ⅰ

2016年11月02日 | 湖と城郭都市



Apr. 20, 2016 旅色プラス

● 新図書館「河瀬・亀山学区に」中央館と
  3つの
地域館整備方針

彦根市内の図書館の整備方針を決める市図書館協議会が
尾末町の市立図書館で開かれ、中心となる新たな図書館
(中央館)を河瀬学区か亀山学区に建設する方針が示さ
れた(新図書館「河瀬・亀山学区に」中央館と3つの地
域館整備方針, 滋賀彦根新聞 2016.11.02)。

それによると、市教委が発表した整備、
基本計画素案の
案では市
内の図書館ネットワークについて、拠点になる
央館」と、現図書館の北部、稲枝地域の南部館
彦根駅西側に建設予定の市民体育センター内のサテラ
イト館の3つの「地域館」で構成。愛犬4町の図書館を
含めた湖東定住皇立圈での相互貸借ができるなどの連携
も図るとしている。

中央館は▽市の中央部▽JRの駅に近い▽道路網が整備
済み▽用地取得
の観点から、河瀬か亀山学区が望ましい
とし、建
物としては15万冊を収容できるスペース、7
0万冊
を所蔵できる書庫、会議室、事務室などを整備。
物の延べ床面積が約4300平方貝駐車場が現在の1
50台と緑地帯を
入れて約4000平方言で、合計の敷
地面積が約
9000言。施設内の特徴は、車いすの利用
者を
含めて来館者が楽に通れる通路、障害者や高齢者
けの大活字本・朗読本
など視聴覚資料の充実、時節に応
じた話題・トピ
ックスなどの特設コーナー、ユニバーサ
ルデザイ
ンの導入、バリアフリー化を予定している。

現在の図書館は北部館となり、本棚に8万冊、書庫に1
2万冊を収容するほか、古文書や歴史資料、舟橋聖一記
念文庫などの特別コレクションを紹介する施設にする。
南部館は稲枝支所周辺のエリアに設け、5万冊程度を収
容。サテライト館は新しい市民体育センターに図書館機
能を備える形で整備する計画。
 



Aug. 3, 2016 建設ニュース

● 彦根市民の図書機能とは

 

彦根市民にとって図書館とはどのようなものだろう?図
書館
は、その地域の知識の泉とも言われ、誰にとっても
身近な存
在だろうか?その図書館の本来の役割とは何な
のか?まず、
それを考えてみよう。

2013年、ニューアルオープンされた佐賀県武雄市の
図書館は
大手レンタルビデオ店「TSUTAYA」に運営を任
せ民営化させたが、3年連続赤字――収支は指定管理運
営を始めた13年度から3年連続赤字となったが、赤字
額は
13年度の3218万円、14年度の1716万円
より減少している。
過去3年の収支報告をみると、赤字
額の減少には人件費が減ったことが貢献している。13
年度は9035万円だったが、14年度は8235万円、
15年度は7399万円と漸減した。13年度は年間来
館者が想定の50万人を大きく上回る92万人となり、
職員増で対応したため人件費が膨らんだが、この2年は
運営管理職員を適正規模に減員した。司書は減らしてい
ないという。

                   この項つづく
 

【エピソード】 
 
   
     
  



彦根市立移動図書館 たちばな号 

【脚注及びリンク】
-----------------------:------------------------
  
 

  1. 「私の住む開出今」へようこそ 開出今の歴史
  2. 彫刻家 清水九兵衛 Wikipedia
  3. 橋と欄干
  4. 橋梁維持管理技術の現場検証・評価の結果 国
    土交通省
  5. 平成 28年度 主要事業 彦根市
  6. 都市づくりの基本方針(全体構想) 彦根市
  7. 橋梁長寿命化修繕計画による対策橋梁について
    滋賀県
  8. 彦根市都市計画道路網見直し検討調査
  9. 「地域資源・交通拠点等のネットワーク化による
    国際観光振興方策に関する研究」国土技術政策総
    合研究所 プロジェクト研究報告 2008.05.21
  10. 「歴史まちづくりのてびき(案)」ISSN 1346-73
    28 2013.11.13
  11. 歴史まちづくりの特性の見方・読み方 国土技術
    政策総合研究所 2013.04.11
  12. 「まちづくりはひとづくり」をめざし 市民主導
    のまち創る-近世城下町 彦根市本町地区の2例の
    場合-(これからの都市づくりと都市計画制度 全
    国市長会) 中島一 2005.05.09
  13. 「城と湖のまち彦根」中島一 サンライズ印刷出版
  14. 「続・城と湖のまち彦根」中島一 サンライズ印刷
    出版部 
  15. 中島一・水野金一・田中治是『建築空間における
    都市計画額』コロナ社
  16. 中島一元彦根市長 Wikipedia
  17. 内藤昌編著『城の日本史』角川書店
  18. ドイツ:ニュルティンゲン市「市民による自治体
    コンテスト1位のまち(1)」 池田憲昭
     内閣
    府経済社会総合研究所
  19. The Neckar river near Heidelberg  Wipipedia
  20. ラウフェン・アム・ネッカー Wipipedia
  21. ボーデン湖 Wikopedia
  22. コモ湖 Wikipedia
  23. ネッカー川 Wikipedia
  24. 『ヘルダーリン詩集』 川村次郎 訳 岩波文庫
  25. 『ヘルダーリン』小磯 仁 著 清水書院
  26. 三島由紀夫 著『絹と明察』
  27. 三島由紀夫の十代の詩を読み解く21:詩論とし
    ての『絹と明察』(4):ヘルダーリンの『帰郷
    』詩文楽
  28. 三島由紀夫の十代の詩を読み解く18:詩論とし
    ての『絹と明察』(1)~(7)詩文楽-Shibun-
    raku
  29. フリードリヒ・ヘルダーリン  Wikipedia 
  30. フリードリッヒ・ヘルダーリン - 松岡正剛の千
    夜千冊
  31. ヘルダーリンにおける詩と哲学あるいは詩作と思
    索頌歌『わびごと』を手がかりに 高橋輝暁 2010.
    09.06
  32. 『ヘルダーリンの詩作の解明』、ハイデッガー著
    イーリス・ブフハイム,濱田恂子訳
  33. 南ドイツの観光|ドイツ観光ガイド|阪急交通社
  34. バーデンヴェルテンベルク州&バイエルン州観光
    局公式日本語
  35. リンダウ - Wikipedia
  36. ハイデルベルグ Wikipedia
  37. ハイデルベルク城 - Wikipedia
  38. 城郭都市 Wikipedia
  39. List of cities with defensive walls Wikipedia
  40. ヨーロッパ100名城 Wikipedia 
  41. 中国の城郭都市 : 殷周から明清まで 愛宕元著
  42. 中国城郭都市社会史研究 川勝守 著 汲古書院
  43. 万里の長城 世界史の窓  
  44. 中国厦門の城郭都市研究における外邦図の利用
    山近久美子(防衛大学校)2005.08.25
  45. ヨーロッパ100名城 Wikipedia
  46. 近江佐和山城・彦根城 城郭談話会編 サンライズ
    出版
  47. 淡海文庫 44 「近江が生んだ知将 石田三成」太
    田浩司 サンライズ出版
  48. 佐和山城 [5/5] 大手口跡は荒れ放題。現存する移
    築大手門は必見 | 城めぐりチャンネル
  49. 中井均 『近江佐和山城・彦根城』サンライズ出
    版2007
  50. 彦根御山絵図 彦根三根往古絵図など古絵図デジタ
    ル・アーカイブ化に、彦根市立図書館  2012.05.
    27 
  51. 彦根市指定文化財 「山崎山城跡
  52. 都市計画の世界史、日端康雄 講談社現代新書
  53. ドイツ流 街づくり読本  水島信
  54. 続・ドイツ流 街づくり読本 水島信
  55. 完・ドイツ流 街づくり読本 水島信
  56. 都市計画-1 日本の都市計画制度の概要 大谷英一   
  57. 都市計画-2 都市の歴史と都市計画 大谷英一
  58. 都市計画の理論 系譜と課題 高見沢実編集
  59. 「協働的プランニング」の都市計画理論 Patsy He-
    aley ,“Collaborative Planning”2010.02.13
        
  60. 第4回 リスク社会論 ベック・ギデンズ・ルーマ
    ンの「リスク」論(現代都市文化論演習 2009)筑
    和 正格 2010.05.25
     
  61. ビフォア・セオリ 現代思想の<争点> モダンと
    ポストモダン 慶應義塾大学出版会|人文書
     
  62. 道路をどうするのか 五十嵐敬喜・小川明雄 岩波
    新書
  63. 日本の道路史 武部健一 中公新書
  64. 道のユニバーサルデザイン 鈴木敏 技報堂
  65. 道路が一番わかる 窪田陽一 技術評論社
  66. 「道路」についての国際比較 藤井聡 2010.3.14
  67. 彦根市都市計画道路網見直し指針 
  68. 地域別のまちづくり方針(地域別構想)-彦根市 
  69. 彦根市新市民体育センター整備基本計画 2016.10.31 
  70. 彦根市立図書館|簡易検索
  71. 武雄市図書館3年連続赤字796万円 佐賀新聞
    2016.07.16
     

 ---------------------;------------------------- 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稲部遺跡 大規模な鉄器工房 Ⅱ | TOP | 公共財の維持と図書館 Ⅱ »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 湖と城郭都市

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。