田園城郭都市構想 19

2017年02月12日 | 湖と城郭都市

1.ハワードの田園都市構想
2.田園都市論の現代的意義
日本型田園都市構想
4.和歌山市都市計画と学園城郭都市
5.近代ニュータウンの系譜
       -理想都市像の変遷-
6.世界遺産登録に向けた取り組み


Jun. 22, 2012

6-1 世界遺産登録制度
6-2 世界遺産登録と国内事例
6-2-1 「白川郷」の場合

国宝姫路城が、1996年12月、奈良の法隆寺とともに、日本
で初の世界文化遺産登録されているが、
姫路城の世界遺産
登録評価は、①
その美的完成度が我が国の木造建築の最高
の位置にあり、世界的にも他に類のない優れたものである
こと。②
17世紀初頭の城郭建築の最盛期に、天守群を中心
に、櫓、門、土塀等の建造物や石垣、堀などの土木建築物
が良好に保存され、防御に工夫した日本独自の城郭の構造
を最もよく示した城であること、などであるが、登録後の
住民意識の変化や居住環境の変化に関する情報をネット検
索してみる限り少ない。そこで、「世界遺産の保全と住民
生活-「白川郷」を事例として-」(才津祐美子、福岡工
業大学、環境社会学研究 (12)、 23-40、2006-10-31)を
参考に、「世界遺産登録運動」と「田園城郭都市構想」と
の接点(課題)をここで考えてみよう。



Dec 21, 2015

 世界遺産への登録を地域おこしの切札のように考えて
 いる
地域は少なくない。実際、現在日本各地で行われ
 ている世
界遺産登録運動は、枚挙に暇がないほどであ
 る。しかし、世界遺産登録は、当
該地域に望ましいこ
 とばかりをもたらすわけではない。木稿で事例として
 取り上げる「白川郷」で
は、近年特に、この文化遺産
 の骨子である景観に「変化」が生じていることが問題
 として指摘され
ている。

 この場合の変化は,観光客急増に起因した「悪化」と
 いう意味で使われることが多い。しかし、
「白川郷」
 で起きている変化は、〈景観の「悪化」〉だけではな
 い。
修景行為に伴うく景観の「改善」〉もまた「白川
 郷」で起きている変化だといえるからである。つまり、
 「白川郷」では、〈景観
の「悪化」〉とく景観の「改
 善」〉の両方に変化が生じているといえる。

 しかしながら、実は、個々
の変化を「悪化」と見るか
 「改善」と見るかは、評者によって違うのである。そ
 こで必然的に、誰
がそれを判断するのか、ということ
 が問題になってくる。
また,〈景観の「忽化」〉であ
 ろうと〈黒観の「改善」〉であろうと、それらの変化
 が「白川郷」
に暮らす人々の生活に直結しているとい
 うことも重要である。にもかかわらず,従来景観の変
 化が
取り沙汰される場合、その点が軽視されがちであ
 った。

 そこで本稿では、住民と「専門家」という二つの行為
 主体に関する考察を軸に、生活若である住
民の視点に
 留意しつつ、現存における景観保全の在り方の問題点
 を明らかにした。その際、これま
でほとんど指摘され
 てこなかった,世界遺産登録後のく景観の「改善」〉
 のための規制強化に着目
し、検討を加えた。

 キーワード:白川郷、合掌造り、景観、修景、生活 

     才津祐美子「世界遺産の保全と住民生活-
            「白川郷」を事例として-」




それでは、悪化の原因とは何なのか?これに対し、同上著
者は、①世界遺産登録後の観光客急増――観光客が押し寄
せるから、それを目当てにした土産店、飲食店が増加する。
このこと自体は悪いことではない。②その景観は必ずしも
望ましいものぼかりではないが、土産店では商品が屋外に
あふれ、商店や食堂など伝統的でない建造物が急増、③山
間の静かな農村であったかつての合掌集落のたたずまいが
大きく変わり、資源の基本にある合掌造とその周辺の環境
が徐々に美しくない方向に変化しているという。④ただし、
非伝統的建造物の新築や改築による景観の変化が進んでい
る――観光客増加による経済的な潤いにより(経済的な基
盤が整ったために,後継者のUターン増も影響し、自宅の
新築・改築や自宅周辺の整備(例えば、駐車場の舗装など)
を行う人もまた増えている。

⑤また、「白川郷」の景観の変化は、悪化」だけではない。
伝統的建造物群保存地区で行われている「修景」(地区の
歴史的風致になじまない非伝統的建造物や地区内に新築さ
れる建築物を地区に調和した外観に整備する事業;文化庁
、2001 : 197) もまた、実際に、「白川郷」で生じてい
る景観の変化である。カラートタン屋根の色の変更から公
共施設のデザインまで、その例は枚挙に暇がないほどだが、
電線の地下埋設
のような大規模な事業が行われたことが世
界遺産登録後の大きな変化で、景観の「改善」といわれる
変化などの4つの特徴的な変化を指摘する。※

※ 10年ほど前の聴き取り調査結果で現状とはそぐわない
  点もあるだろうが。

                    この項つづく

【エピソード】

      

白川郷は過去2、3度訪れている。残念ながら積雪の白川
郷を観光
したことはないが、奥飛騨の温泉や高山のスキー
での雪景色は堪能した思い出が残る(楽しいことや、哀し
いことの思い出として)。




【脚注及びリンク】
--------------------------------------------------------

  1. 田園都市 Wikipedia
  2. 世界遺産の保全と住民生活-「白川郷」を事例とし
    て-」才津祐美子、福岡工業大学、環境社会学研究
    (12)、 23-40、2006-10-31)
  3. NPO法人 彦根景観フォーラム 第4回世界遺産を目
    指す彦根の課題
     2008.02.29
  4. 世界遺産所在自治体の保全と観光活用に関する取組
    事例集 国交省観光庁 2014.10.24
  5. 世界遺産登録による経済波及効果の分析 えひめ地
    域政策研究センタ 2007.01.11
  6. 世界遺産登録と持続可能な観光地づくりに関する一
    考察『地域政策研究』(高崎経済大学地域政策学会)
    新井直樹 第11巻,第2号,2008年9月
  7. 世界遺産を活用した観光振興のあり方に関する研究
    運輸政策研究所 第35回 研究報告会 小室充弘
    2015.08.05
  8. 世界遺産登録に向けた取り組み(2014年度)彦根市
  9. 世界遺産に登録されるまで|世界遺産検定 NPO法
    人 世界遺産アカデミー
  10. 高句麗平壌城の都市形態と設計 閔徳植、 国際日本
    文化研究センター学術リポジトリ
  11. 松本市の都市計画 松本市
  12. ひこにゃんがいてもダメ? 彦根城はなぜ世界遺産
    になれないのか 週刊朝日 2013年6月28日号
  13. 利用者が“便利”だと思えるパーク&ライド ECO
    JAPAN インタビュー前編 2007.03.02
  14. 利用者が“便利”だと思えるパーク&ライド ECO
    JAPAN インタビュー後編 2007.03.09
  15. 第1回 ポストケインズ派経済学とは何か 佐々
    木啓明 2011.10.05
  16. 2回 ポストケインズ派経済学とは何か 佐々
    木啓明 2011.10.07
  17. 第3回 ポストケインズ派経済学とは何か 佐々
    木啓明 2011.10.19
  18. 第4回 ポストケインズ派経済学とは何か 佐々
    木啓明 2011.10.26
  19. 第8次彦根市交通安全計画 2012,03.22
  20. Core Strategy (2013) - Milton Keynes Council
  21. "The New Towns: There Problems and the Future
    Department for Communities and Local Government,
    2002.11.21
  22. 日本エシカル推進協議会Japan Ethical Initiative-
    エシカル日本
  23. 明治期廃絶城郭の公園化について ―史跡の保存
    活用の前史として― 佐々木孝文
     2015.06.26
  24. 都市とは何か 都市計画なぜ必要か - 東北大学
    奥村誠  2015.10.15
  25. 和歌山市都市計画マスタープラン 和歌山市
    2017.01.12
  26. 和歌山市立地適正化計画 2016.12.22
  27. 日本型田園都市構想―イギリス田園都市と比較し
    京田辺市を見直す―2001.12.11 西村利也
  28. 田園都市とエソテリシズム 吉村正和 2004.03.05
  29. 田園都市論の現代的意義 中井検裕 家とまちなみ
    45、2003.7.8
  30. 住宅地計画論 1.ハワードの田園都市構想園都市
  31. 都市思想の二人の巨人、ジェイコブズとハワード:
    宮﨑洋司市
  32. 近代ニュータウンの系譜―理想都市像の変遷-、
    佐藤健正、2016.06 28
  33. 近代ニュータウンの系譜―理想都市像の変遷-、
    佐藤健正、2016.07 26
  34. 近代ニュータウンの系譜―理想都市像の変遷-、
    佐藤健正、2016.07 26
  35. 近代ニュータウンの系譜―理想都市像の変遷-、
    佐藤健正、2016.07 03
  36. 平成 28年度 主要事業 彦根市
  37. 都市づくりの基本方針(全体構想) 彦根市 橋梁長寿
    命化修繕計画による対策橋梁について
    滋賀県
  38. 彦根市都市計画道路網見直し検討調査
  39. 「まちづくりはひとづくり」をめざし 市民主
    のまち創る-近世城下町彦根市本町地区の2
    例の
    場合-(これからの都市づくりと都市計画
    制度全
    国市長会) 中島一 2005.05.09
  40. 中国城郭都市社会史研究 川勝守 著 汲古書院
  41. 都市計画の世界史、日端康雄 講談社現代新書
  42. ドイツ流 街づくり読本  水島信
  43. 続・ドイツ流 街づくり読本 水島信
  44. 完・ドイツ流 街づくり読本 水島信
  45. 都市計画1 日本の都市計画制度の概要 大谷英一
  46. 都市計画2 都市の歴史と都市計画 大谷英一
  47. 都市計画の理論 系譜と課題 高見沢実編集
  48. 道路をどうするのか 五十嵐敬喜・小川明雄 岩
    波新書
  49. 日本の道路史 武部健一 中公新書
  50. 道のユニバーサルデザイン 鈴木敏 技報堂
  51. 道路が一番わかる 窪田陽一 技術評論社
  52. 「道路」についての国際比較 藤井聡 2010.3.14
  53. 彦根市都市計画道路網見直し指針 
  54. 地域別のまちづくり方針(地域別構想)-彦根市
  55. 彦根市新市民体育センタ整備基本計画 2016.10.31 
  56. 彦根市立図書館|簡易検索
  57. 中心市街地の活性化に関する法律 Wikipedia
  58. 富山市におけるコンパクトなまちづくりの進捗と展望
    2014.11.26
  59. アウガ Wikipedia
  60. 富山市 人と環境に優しいまち 公式HP
  61. 青森市 都市計画マスタープラン 公式HP
  62. コンパクトシティはなぜ失敗 するのか 富山、
    青森から見る居住の自由 2016.11.08, Yahoo!ニュー
  63. <アウガ>2副市長辞任 青森市政混迷増す 河北
    新聞 2016.01.28
     
          

-------------------------;-------------------------- 

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田園城郭都市構想 18 | TOP | 田園城郭都市構想 20 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 湖と城郭都市

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。