琵琶湖周航の歌 百周年

2017年06月17日 | 文化と琵琶湖

 
 
歌碑 No.1@大津市 三保ケ崎

♛ 琵琶湖周航の歌百周年記念式典

湖上から見た県内各地の情景が歌いこまれた湖国を象徴
する。
名歌「琵琶湖周航の歌」が今年2017年6月に誕生
百年を迎える。県民に広く親しまれ、歌い継がれてきた「
琵琶湖周航の歌」の百周年を記念し、下記のイベントが
開催される。

☑日時:2017年6月24日(土) 13時00分~17時15分
❦第一部 13時00分~14時45分  
❧第二部 15時15分~17時15分

☑場所
❦第一部 高島市民会館(滋賀県高島市今津町中沼1-3-1)
❧第二部 琶湖汽船ビアンカ ※今津港(滋賀県高島市今
         津町今津31) 発着
☑内容:第一部 琵琶湖周航の歌100周年記念式典
❦プログラム 
⌘琵琶湖周航の歌原曲「ひつじぐさ」合唱 小合・合唱の
 会(新潟県)
⌘記念講演 
❉篠原 徹氏(滋賀県立琵琶湖博物館館長)
「琵琶湖の自然と文化を詠む」
❉飯田 忠義氏(琵琶湖周航の歌研究者、元NHKアナウン
 サー)
「『琵琶湖周航の歌』~百年歌い継がれてきた魅力~」
❉琵琶湖周航の歌大合唱:びわ湖ホール声楽アンサンブ
 ル、湖西合唱連盟、参加者の皆さん


歌碑 No.2@大津市 ホテル琵琶レイクオーツカ

☑第二部(15時15分今津港出航、17時15分今津港帰港)
琵琶湖周航の歌100周年記念イベント「ビアンカで琵琶
湖にふれてみよう!」


歌碑 No.3@高島市今津港観光船乗り場

♕ 琵琶湖周航の歌百周年記念 
     第1回びわ湖音楽祭

日時:2017年6月30日(金) 18:00開演 17:15開場 
会場:滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール大ホール 
料金(税込):S席:取扱終了 A席:取扱終了 学生
 席:1,000円  ※学生席は事務局のみ販売
発売日:2017年3月16日(木)10:00~ 
☑主催:
琵琶湖周航の歌100周年記念事業実行委員会

☑ 趣旨説明
1917年(大正6年)に生まれた「琵琶湖周航の歌」は、今年、
2017年に100周年を迎えます。 京都大学関係者や琵琶湖周
辺の人たちが歌い継ぐ「琵琶湖周航の歌」の作者(作詞:小
口太郎、原曲:吉田千秋)に感謝し、京都大学ボート部のOB・
OG組織「濃青会」は、百年前の琵琶湖周航の行程をなぞる
歌碑めぐり(6月)や多様な演奏を奉納する音楽祭(11月)を
開く予定。


歌碑 No.4@長浜市竹生島



✓琵琶湖周航の歌1~6番


【エピソード】    

    

小愚弟、来週は登山で天気予測で釘付け。参加できない。
以降のイベントも難しいのではないかと思っています。
参加できた方は連絡をお願いします。どうでしょう。
 
                    幹事敬白

【脚注及びリンク】
------------------------------------------------  

  1. 滋賀県内の歌碑 
  2. 琵琶湖周航の歌100周年記念式典の開催について 
    滋賀県 2017.05.09 
  3. 琵琶湖周航の歌100周年記念事業とは 琵琶湖周
    航の歌100周年記念事業ホームページ
  4. 琵琶湖周航の歌 | 高島市 2011.08.25 
  5. 琵琶湖周航の歌 Wikipedia
  6. 琵琶湖周航の歌資料館公式ホームページ
  7. 琵琶湖周航の歌 100年の感謝「京大ボート部」
    1周計画 毎日新聞
     2017.11.04
  8. 元琵琶湖周航の歌100年、歌の風景を切り絵に 産
    経WEST 2017.06.17
  9. 琵琶湖周航の歌(その1): 二木紘三のうた物語
  10. 琵琶湖周航の歌は「故郷」 歌手・加藤登紀子さ
    ん 日本経済新聞  2017.03.30
  11. 滋賀県出身の人物一覧 Wikipedia    

-------------------------;----------------------

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨森 芳洲 | TOP | 山中 慎介 »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。