真実一路くんのひとり言

だれがやっても同じやとあきらめず、一歩ずつ
長いものには巻かれず、真実を大切にして。

今、高江は最終局面にはいっている 北上田 毅さん

2016-10-16 | 基地問題

 16日、改憲阻止!安倍政治を許すな!の集会とデモが京都・円山野外音楽堂で開かれた。
 山城博治さんの予定だったが、現場(高江)を離れられないという事で急遽、北上田毅(沖縄平和市民連絡会、辺野古抗議船船長)さんが駆け付けた。
 伊波氏は現職大臣に10万票差をつけて勝利したものだが、参議院選挙が終わると待っていたかのように投票日の翌日には高江でのヘリパッド工事は始まった。

 9年間使ってきたN1テントは強引に撤去された。7月22日には500名を超える機動隊を高江に派遣。県道70号は機動隊によって封鎖。住民は暴力的に排除。陸自を使っての違法な資材の運搬。2万4000本にのぼる立木の伐採。ヤンバルの森が壊されていく。
 安倍首相はわざわざ所信表明で「高江のヘリパッドは年内に完成させる」と述べた。アメリカ政府と約束履行のためだ。ここから工事は無法、強引に進められてきた。

 9月22日から山に入っている。最初は隠れるように入っていたが、いまN1ゲートから工事現場に入っている。70人~80人が入っている。刑特法の適用は不可能。100人~200人なれば工事はできなくなる。12月末の完成は認めない。2月末まで引き延ばす。

 2007年からはじまったこの闘い。今、最終局面に入っている。体で高江にきてください!!!

 

  応援よろしく 高江に行こう!


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  【緊急集会】「高江・やんば... | トップ | 新潟県知事選 米山隆一氏が初... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL