真実一路くんのひとり言

だれがやっても同じやとあきらめず、一歩ずつ
長いものには巻かれず、真実を大切にして。

「マリン・ゴー・ホーム」 北海道矢臼別

2010-05-25 | 平和

日本のどこを探しても「住民合意」を得られるようなところはありません。北海道矢臼別でも抗議の集会が行われました。
普天間の移設先条件なしの「無条件撤去」の声を全国津々浦々から…。

海兵隊は米国に帰れ 北海道矢臼別 抗議の集会写真
 「マリン・ゴー・ホーム」「普天間基地のたらい回しやめよ」―。北海道の矢臼別(やうすべつ)演習場で26日から始まる在沖米海兵隊の実弾移転訓練に抗議して23日、地元別海町で全道集会が行われました。


 今回の訓練は1個砲兵大隊(430人)、車両約100両、大砲12門と過去最大級の規模です。


 先日、沖縄・普天間米軍基地の分散移転先について、鳩山首相が「北海道をはじめ全国で負担を」と述べたこともあり、沖縄との連帯を示すイエローカラーをまとった400人が、「沖縄でいらないものは北海道でもいらない」と気勢をあげました。


 情勢報告した日本平和委員会の布施祐仁氏は、「基地移転で負担軽減というが、矢臼別への訓練移転も約束とは異なり、夜間演習が行われるようになった」と“軽減”のまやかしを告発。


 沖縄から駆けつけた沖縄県医労連執行委員の安座間太一さんは、「日本の国土の0・6%の沖縄に75%もの米軍基地が集中しています。沖縄県民はいつも危険にさらされています」と訴えました。


 別海町で酪農を営む男性は、「雪がとけ、牛が草を食べはじめた、まさにこれから一番いい時期に、大砲の音で大変になる」と怒りを込めました。


 集会は決議を採択し、会場周辺をデモ行進しました。日本共産党の大門みきし、紙智子両参院議員、はたやま和也参院選挙区予定候補が連帯のメッセージを寄せました。



応援よろしく

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「怒」「怒」「怒」… | トップ | アメリカを訪問して 志位委員... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

平和」カテゴリの最新記事