真実一路くんのひとり言

だれがやっても同じやとあきらめず、一歩ずつ
長いものには巻かれず、真実を大切にして。

法務副大臣、一般人への捜査あり得る

2017-04-23 | 政治

一般の人も捜査の対象にする、これが安倍政権の本音。密告と監視社会を作ろうというもの。政府の気に入らないものは抑圧と弾圧。やっぱり治安維持法の現代版。ここにこそ「共謀罪」法案の恐ろしさがある。

応援よろしく

法務副大臣、一般人への捜査あり得る=「共謀罪」、法相見解と食い違い
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000124-jij-pol
盛山正仁法務副大臣は21日の衆院法務委員会で、「共謀罪」の構成要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案をめぐり、一般の市民や団体への捜査について「ボリュームは限られる」と述べ、可能性は排除されないとの認識を示した。

 金田勝年法相はこれまで「一般の方々を捜査するものではない」との見解を繰り返し示してきており、食い違いが表面化した。

 民進党の逢坂誠二氏が、一般人も捜査対象となるのかどうかを質問したのに対し、金田氏は従来通り、対象は組織的犯罪集団に限定されると説明。しかし、盛山氏は「犯罪の情報があれば捜査機関は調査を行う」と指摘した上で、「一般の方が調査対象になることは大変限られ、その次の捜査も限られる」と述べ、一般人も捜査対象になり得るとの考えを示した。

 盛山氏の発言を受け、逢坂氏は金田氏に改めて見解を求めたが、金田氏は「組織的犯罪集団が関与しているという嫌疑がない場合、捜査は開始されない」と明言した。盛山氏とのずれは解消されなかったため、野党側は引き続き整合性を問いただす方針だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 共謀罪 刑事局長を常時招致強行 | トップ | 辺野古 護岸着工 政府、海... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL