真実一路くんのひとり言

だれがやっても同じやとあきらめず、一歩ずつ
長いものには巻かれず、真実を大切にして。

うれしい話ー東大、授業料の免除枠拡大

2007-09-04 | Weblog
東大、家庭の年収400万円未満は授業料全額免除
http://news.livedoor.com/article/detail/3287613/


 腐敗・不正・偽装の見苦しい話題が飛びかうなか、うれしい話だ。

 東京大学が、来年度から家庭の年収が400万円未満は授業料(53万5800円)全額免除になるそうだ。
 同大学の生活実態調査では、家計を支える親などの年収が450万円未満という学生が13.7%。来年度からの授業料免除制度は、新入生はもとより在校生にも適用されるそうで、全額免除の対象は1割を超すとのこと。格差と貧困が深刻な中、うれしい話だ。

 日本の学費の異常さは格別だ。OECD加盟30カ国のうち15カ国は無料。授業料のあるイギリスでも学生の43%が免除、14%が減額措置を受けている。日本の大学卒業までかかる費用が平均2370万円(2004年)。気の遠くなるような額だ。

 「高い学費をなんとかしてほしい」「お金の心配なく学びたい」と願うのはあたりまえ。
 高い学費で、学ぶ権利や教育の均等がおびやかされているようでは、貧困と格差は広がりこそすれ、なくならない。
 経済的理由で進学断念や、学業を中断することがない、若者に未来ある社会を強く、強く望むものである。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 政治屋はいらない | トップ | 女性10人がノーステックテ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL