真実一路くんのひとり言

だれがやっても同じやとあきらめず、一歩ずつ
長いものには巻かれず、真実を大切にして。

辺野古 埋立海域の大半はサンゴ礁群 米軍作成資料で判明

2017-05-06 | 基地問題

 しんぶん「赤旗」が、米軍作成の軍用地形図を入手。辺野古・埋立予定地の大半がサンゴ礁群であり、軟弱地盤(琉球石灰石)。設計変更となれば埋立承認の「撤回」なのだ。

←応援よろしく

 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-05-05/2017050501_03_1.html
政府は沖縄県名護市の辺野古崎、大浦湾での新基地建設に伴う護岸工事を強行しました。しかし、この地域の海底は脆弱(ぜいじゃく)な地盤で巨大建設物をつくる危険性が指摘されています。本紙はそれを裏付ける、同海域の急峻(きゅうしゅん)な地形や水深と、空洞の存在が懸念される琉球石灰岩によるサンゴ礁などの地質を示す米軍作成の「軍用地形図」を入手しました。

  軍用地形図は、米軍占領後の1949年に、軍事基地の本格的な建設に向けて作成した「基本地図」の一つとされています。琉球大学の目崎茂和元教授(理学博士)がその一部を所蔵していました。

 軍用地形図には、辺野古崎の南側、リーフと呼ばれる遠浅な沿岸部、北側の大浦湾の地形に沿って広がるサンゴ礁群と水深が詳細に示されています。

 また、埋め立て予定海域の地質の大半が、サンゴ礁や砂地です。

 大浦湾にせり出す新基地の滑走路先端部に当たる護岸部分は、水深が数メートルから二十数メートルの絶壁、その先には50メートル級の深海が広がっています。こういう場所に新基地の土台となる、最大で1基7400トンもの鉄筋コンクリートでできた巨大な箱のケーソンを千数百メートルにわたって設置しようとしているのです。

あまりに危険

 沖縄県内の琉球石灰岩による軟弱地盤の難工事を経験している土木技術者、奥間政則さん(51)の話

 埋め立て海域は、サンゴ礁とその地下に琉球石灰岩の堆積という軟弱地盤であることが容易に想像できる。ここに巨大なケーソンを設置するにはあまりに危険で無謀だ。基礎構造の変更などの大規模な設計変更は避けられない。そうであれば翁長雄志県知事が表明している埋め立て承認の「撤回」の当然の理由となる。政府は新基地建設を断念すべきだ。

図

(図)新基地建設で埋め立てが予定されている大浦湾の水深、地質、地形を示す米軍が1949年に作成した「軍用地形図」(目崎茂和元琉球大学教授提供)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2020年に改憲施行という安倍... | トップ | TOC条約はテロ対策が目的では... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

基地問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL