のま ひょうしぎの会

紙しばいは楽しいよ♪

1,2歳児も45分

2016-07-25 14:25:42 | 日記

7月25日 今日も暑い!10時から金沢市中村町保育所へ。毎年この時期に呼んでいただいています。5歳児がわたしを見つけて「のまりん」と声をかけてくれました。一年に一度しか会わないのによく覚えていてくれることに感謝です。

0歳児から5歳児までがホールに集まってきました。『でんしゃがくるよ』『カヤネズミのおかあさん』『まんまるまんまたんたかたん』「にくまんあんまん」『おべんとうのえんそく』『いたずらおばけ』『馬になったむすこ』の6本。45分。さすがに0歳の子は途中で部屋に戻りましたが、気が付いてみると1歳児も2歳児もまだしっかり見ていてくれました。びっくりしました。こんなに長い間集中を切らすことなくいられるなんて、わたしの方がびっくりしてしましました。最後までしっかり見てくれてありがとう。

気持ちよく帰ってきました。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

児童館へ

2016-07-22 15:48:07 | 日記

 7月22日

夏休みに入って二日目。白山市松任児童館へ。ここは図書館の2階にあるので子どもばかりでなく近くの人たちもよく利用しているようです。きょうは二つの学童保育所の子たち、赤ちゃんを連れたおかあさん、児童館に遊びに来ている子たちが集まってくれました。なんと150人。あとで聞いてびっくりしました。

『でんしゃがくるよ』『まんまるまんまたんたかたん』『カヤネズミのおかあさん』「にくまんあんまん」『ひもかとおもったら』『馬になったむすこ』「森のキツツキさん」55分でした。

子どもたちとってもよく集中して聞いてくれました。演じていると会場がシーンとなってみなさんが紙芝居の世界に入ってきていることが伝わってきました。それはそれは演じ手にとっては気持ちのいいものです。

終わってから男の子が「どれもおもしろかった」「チョー楽しかった」と言ってくれました。取材に来ていた朝日新聞の記者さんもびっくりしておられました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幼稚園児に圧倒されっぱなし

2016-07-20 13:17:56 | 日記

7月20日 今日もいい天気。夏の太陽がまぶしい!そんな中白山市松任幼稚園へ。3~5歳児60人。元気いっぱい。『でんしゃがくるよ』『カヤネズミのおかあさん』『まんまるまんまたんたかたん』「にくまんあんまん」『おたまじゃくしの101ちゃん』『かあさんワニのおくりもの』これで40分。

『まんまるまんまたんたかたん』では大きなヘビが出てくると数人の子が立ち上がって刀で切りつけるしぐさをしてくれました。小学校でするのとは全く違った反応で、子どもたちのパワーに圧倒され、タジタジとなってしまい、気持ちの切り替えがなかなかできませんでした。こんな気持ちにさせられたのは初めてでした。

終了後一人のおかあさんが「私4年生の時、先生のクラスでした。紙芝居をよく見ました」と。名前を聞いて少しずつ記憶がよみがえってきました。「先生わたしのこと覚えとる?」といわれましたが、時間が経つにつれ記憶が少しずつはっきりしてきました。ありがたいことです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏休み直前の小学校へ

2016-07-19 21:13:40 | 日記

7月19日 梅雨明けかと思わせるような晴天。風は結構気持ちよかったです。今日は金沢の泉野小学校へ。2年生と1年生にそれぞれ45分ずつやりました。演目はどちらの学年も同じにしました。

『カヤネズミのおかあさん』(第54回五山賞受賞作品)『まんまるまんまたんたかたん』『たぬきのにゅうがくしき』『馬になったむすこ』

どちらの学年にもしっかり見てもらえました。『馬になったむすこ』は品切れでもう手に入りません。図書館で調べてみてください。

終わってから「どうしてそんなに汗をかいているの」と質問を受けました。「紙芝居をすると汗が出てくるの。大きな声を出すから」と答えました。一年中汗をかきます。

明後日から金沢市内の小中学校は夏休みに入ります。元気に楽しい夏休みになりますように。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

箕面紙芝居まつり

2016-07-12 21:03:32 | 日記

7月10日

第28回箕面紙芝居まつりに行ってきました。今年もゲストとして参加しました。メイプルホール内3カ所で約100作品が演じられました。どの人のを見ようか目移りがし、選ぶのが大変でした。わたしは3か所で5作品を演じました。『でんしゃがくるよ』『まんまるまんまたんたかたん』『おじいさんとトラ』『いちについてよーいどん』『あかふんせんせい』

『あかふんせんせい』をやった後申し訳なかったのですがお暇乞いもそこそこに会場を後にしました。電車の都合があったものですから。神戸の方が「いまから『でんしゃがくるよ』をしますのでぜひ見てください」と言ってくださいました。なかなかの腕前でした。最後の場面で演者が手を振るのはちょっといただけませんね、と感想を伝えました。いろんな方から声をかけていただきましたが、きちんとお話しする暇もなくあいさつ程度で終わった方が殆どでした。申し訳ないなあと思いながらいました。ごめんなさい。

前日に行われた「手づくり紙芝居コンクール」では福井の津田さんが一般B部門で優秀賞を受賞。A部門金沢の森さんは残念ながら選に漏れました。来年もぜひ挑戦してください。

楽しい時間はあっという間に終わります。また来年もお会いできますように。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加