*62歳*見栄を捨てた 心と身体の変化記録

この仕事 あと何年できるかな。残り人生 どう生きようか模索しながら 書いてます。

2017-06-20 09:52:05 | 日記


私には 一人の兄がいる。

一年半前に 胃癌の手術をしたその66歳の兄が
今日フラッと遊びに来るという。

昨日 その兄から届いた海の幸だ。

今日のお昼にこれで何か作ろう。


早期とまではいかなかったけど なんとか無事に胃癌を乗り切ってくれた。
手術後 抗癌剤を一年間飲んで その治療も終わった。

その兄は 若い時に 子供がまだ小学校三年の時に 奥さんが出て行った。

今は その子供も結婚し 孫も生まれ 同居している。
個性の強い兄だ。
少し 温かみにも欠ける。言葉も乱暴なところがあり ドキッとする事も。

横のもの 縦にもしない。
子供のころ 常に私に何でも命令する兄だった。
食事の時は 一切なにもせず 水もってこい!と 些細な事も命令口調だった。
男に 家事させない教育をした母に原因があるのだろう。

食卓に着くと すぐに箸を持ち 
母も私も座る前に 回りを気にせず 一気に食べ始め あっという間に食べ終わる。
もちろん 父も同じだ。
そんな食事状況が 私は子供心にも嫌だった。


その兄の息子も やはり 見事に何もしない。
つまり私の甥っ子だが 
小さい時に母が居なくなって かわいそうで私はそんな甥っ子に何もいえなかった。

その甥っ子が結婚した時その奥さんは 自分がまだ座っても居ないのに
自分の旦那と 義父が さっさと箸を持って食べ始め そしてあっいうまに食事終了!に
とても驚いていた。


そんな兄が 久しぶりにやってくる。


男と女の兄弟は あまり会話が無いので 二人きりになるとちょっと戸惑う。



いつもなら 平日はマンションへ行くのだが 今日はそんなわけで 山に居る。


『家族』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日はひとり | トップ | TAP THE LAST SHOW »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。