自走式移動胃袋 ~ The nomadic stomach ~

旅(ツーリング)と食(B級グルメ)の記録と記憶、願望を現在・過去・未来とつらつらと書いています。

西日本巡回 ~ 5日目

2009年05月16日 | 旅や食 ~ 中国&四国
【リマスター版シリーズトップはこちらから】

しっかりと眠れているのでなんとなくカラダも軽くなったような気がしてキリキリと通勤や通学の皆さんを横目に松江市内を走り出します。



朝イチでの出雲大社詣でですが、さすがに山陰最大の観光スポットなので、平日の朝にもかかわらずヒトもそこそこ出ています。
といっても、何故か駐車場やおみやげ屋に集中していてお参りをするヒトがほとんどいないのは何故でしょうか?



丁度、御遷宮の時期にあたるのでお参りは御仮宮で行うのですが、その裏では大造営が始まっています。



一応はキチンとお参りをすませて朝ゴハンに割子そばをいただきます。
出雲大社は3回目なのですが、いつも八雲という店に入って、五色割子というのを食べているような気がします。



抜群に美味しいというわけではありませんが、朝早くからやっているし、歴史を感じさせる店構えと駐車場から近いということでの自動的に選択しているようです。蕎麦にも特に不満なく出雲で割子そばを食べたという満足感は十分に得られます。



出雲大社を出た後は淡々と9号線を西へ西へと進みます。
高速ならタンク一本(230㌔くらい)走り切るのは苦ではないのですが、一般道は一時間続けて走る程度でもかなり辛いものがあります(あきてしまう)。
途中ネズミ取りがあったり、四輪に意地悪されたりと、そこそこの刺激はありますが基本はひた走るのみデス…
幸いに天気がよいし、道の駅も整備されていて気持ちよく海を眺めながら休むトコロには不自由しませんし、道の駅では鬼太郎系の土産物とかドリンクで気分転換を図ります。



こちらは浜田名物の赤天というヤツですが、隠岐の居酒屋でも食されているのをみかけたのでつまみ食いしてみます。
いわゆる辛めの魚肉ソーセージのフライですね(笑)



さて、海沿いの道を離れ津和野へ抜けて能濃(のの)という店でうずめ飯という郷土料理をいただきます。



雑炊というか茶漬けというか、パッと見は何も具が乗っていないお湯かけ飯なのですが、ご飯の下に野菜や豆腐、椎茸なんかが埋まっていてこれをかきまぜていただくものです。



その後も何回か休息を入れながら田舎道をひた走り、それでもかなり早めに岩国に到着しました。
途中で錦帯橋で散歩とかしていたわりにはよいペースでした。



ホテルのランドリーで選択の合間にビールなんぞを飲みながらマッタリと一休みした後に夜の岩国の町に出てみますが、あまり賑やかとは言えませんねぇ…
歩くことしばしで、駅前でお目当てのラーメンを発見します。



実は仲の良い先輩に岩国出身の方がいて、メキシコ駐在の時に
「ワシが岩国に帰ると、実家より何より真っ先に行くラーメン屋があってのう…」
などと散々吹き込まれていたので、一度は行きたいと思っていたのです。
ちなみに
「味の保証はせんが、岩国の人間のソウルフードじゃ」
とのコメントも必ずつけ加えてました(笑)



入ったのは寿栄広食堂といって、一応は記事にもなるくらいの店ですが時間帯の関係もあるのでしょうがガラガラです。
いなり寿司なぞつまんでいると、中華そば(大盛り)野菜マシの到着です。



豚骨系でしつこそうな第一印象ですが、以外とアッサリとしていて美味しくいただきました。
まあ、ワシは岩国人ではないのでやみつきになることはないでしょうが、何故か懐かしいというか、某先輩が懐かしがる気持ちが少しわかるしみじみとしたお店&ラーメンでした。

「さてさて、明日はいよいよ四国入りデス♪」なんて実況版には書いていたのですが、まあ、この時点では明日起こるコトなんて分かりませんからねぇ…(哀)

続く…
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 西日本巡回 ~ 4日目 | トップ | 西日本巡回 ~ 6日目 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうでしたか (芸人魂)
2009-05-17 19:55:35
岩国は2年前に錦川下りの際に寄りましたが、とも2さん同様もっと栄えているかと思ってました。で高速バス乗車前に入ったお店がここでした。(ここしかなかったというのが正解でした)
有名店だったんですね。
素朴な味だった記憶があります。
そうなんです (とも2)
2009-05-17 22:56:25
>芸人魂さん

確かに素朴な味ですが、トンコツ+鶏ガラの微妙なハーモニーにはまるヒトも多いのでは?

多分、ワシも他に食べるモノがあまりなくてスエヒロで10連食くらい食べると我がソウルフードになってしまうかも(冗)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。