自走式移動胃袋 ~ The nomadic stomach ~

旅(ツーリング)と食(B級グルメ)の記録と記憶、願望を現在・過去・未来とつらつらと書いています。

第二回断面大賞発表

2016年12月31日 | 断面大賞
いよいよ♪♪第二回断面大賞の発表デス♪♪

今年はやたらと予告やら事前告知を多く出しておりますが、復習したい方は下記御参照ください。
 * エントリー締め切り迫る
 * エントリー締切日決定!
 * 受付&ノミネート終了のお知らせ

さてさて、昨年から始まった断面大賞ですが横浜中堅食ブロガーで断面萌えする初老のヲヤジ=スリーアミーゴス+1=を中心としたマイナーな活動が、ナント今年度はエントリー者数が昨年の倍に増加するなど一大人気イベントにまで成長するに至っております。 食ブロガーにとっての断面…誘われますし…萌えますし…ひとつの華でもありますね♪

【エントリー・プラチナ倶楽部(断面愛順)】
 #1 ぶらくり佐藤サン = ぶらくり佐藤の天下泰平ブログ
 #2 永遠の29歳のヌシさん = 濱のおいしい小路
 #3 ワシ= とも2 = 自走式移動胃袋
 #4 いその爺サン = 爺の落書き 横浜生活
 (注) 前回はいその爺サンは#2のポジションを取っておりましたが、最近のご自身による「愛って何ナンダー!」発言が繰り返されるなど、断面愛への傾注に躊躇いがみられますのでランクダウンとなっております。

[エントリー・一般参加(エントリー数順)]
 #5 ちえサン = ちえの美味しいもの日記
 #6 道楽パパさん = 道楽パパの日記
 #7 hide サン = 休肝日返上! 気ままに食べ歩記
 #8 ミサイル超獣サン = オナカスイタ

当然ながらプラチナメンバーは選考に当たっては相応の優遇措置を受けられるハンディ戦となっていることが前提ですので、一般参加の方が公平な戦いができるだあろうなどと思っていたらそれは誤りデス♪ ちなみに選考の過程ですが公式HPで紹介しておりますが、アッチとかソッチも御参照ください。

ジャンジャカジャ~ン! ジャジャジャ! ジャンジャカジャ~ン!

まずは、今年から親切された三賞+新人賞の発表デス♪ ちなみに、プラチナ倶楽部メンバーは受賞対象には入れておりません(疑)

技能賞はちえサンの自作式作品でミルフィーユビフカツの断面! しかも、初回投稿がイマイチだったとのことでの再チャレンジですが、写真以上にその製造過程に賞をあげたくなりますね(誉)



敢闘賞はhideサンの肉の大山のメンチです。 今年は予想外にメンチ断面が不調だったなかでの地道な投稿が評価されたとのことです。



殊勲賞ですが、北海道から遠路はるばる投稿してくれた道楽パパさんのドライブインさわのカツ定食で、少し剥がれかけた衣が「萌」を誘います…つまり、ナカナカのワシ好みデス♪



さてさて、きわめて限定的に人気の断面大賞ですが、今年は常連の4名=プラチナ倶楽部=に加えて3名の新人(?)に比較的早い時期から参加いただておりましたが、最後の最後でミサイル超獣サンに登場いただいております。 敬意を込めましての新人賞を捧げるのは、金剛商店の厚切骨付豚ローストとなります。 肉部門では比較的地味な扱いを受けがちな豚肉ですが、キッチリとした料理なので文句は出ないでしょう(別) ちなみに、技術的な評価としては、肉断面が影でスパッと切られているのが実に残念です。



以上、三賞+新人賞の発表でしたが、新人各位には次回に向けての精進をお願いしたいと思います。

ジャンジャカジャ~ン! ジャジャジャ! ジャンジャカジャ~ン!

続きまして部門賞を発表いたします。 去年に引き続き人間の感情に意味もなく訴える食の断面にちなみ、喜怒哀楽ならぬ喜努愛楽を絡めての審査となっております。 尚、ビミョーに部門区分が変更されているのは事務局都合とのことです。

部門賞のスタートを切りますのは【喜・甘味部門】の発表デス♪

コチラはいそのサンのイチゴ大福が獲得されました。 素材のヨサもありますが、断面を作る技術、そしてナニヨリ撮影のテクニック&ドーピングによりナントモ爽やかな画像となっております。 しかし、甘味部門はヌシさんの独壇場と思われていましたが、他のメンバーもいそのサンに限らずかなりの数の甘味断面を出してきましたのも時代の流れでしょうか? 



そんな情勢にもヌシさんは淡々としたもので、甘噛み程度の市田柿くらいしかカウンターを打たれていませんが、アッサリと次点の座を攫っていきます。 いやあ、来年は本気になったヌシさんがコワイですねぇ(待)



どんどん続けましょう。 【努・肉焼部門】=「肉焼=にくやき=肉を焼いたヤツ」部門賞はぶらくり亭から送り込まれたラムチョップステーキに決定デス♪ 断面のために焼き加減を通常より落しての勝負作とのことでしたが、いかにもという肉断面が素敵です。



ハンバーグ&メンチは部門の新設も検討されたほど年の前半では盛り上がりましたが、後半に急減速してしまいました。 ですがやはりひとつくらいはハンバーグも載せておこうと無理槍気味にワシのげんこつハンバーグ@さわやかを次点に突っ込んでおきましょう。 コチラの肉肉しさの表現には、今は無き(店としてははありますよ)横浜市民に愛されたハングリータイガーのハンバーグへの哀悼も込められております。



さてさて、次の【愛・芋芋部門】は、昨年のアゲアゲ=揚揚部門に取って代わっての新設となります。

コチラはヌシさんエントリーのニョスキのスペインオムレツが部門賞を獲得いたします。 本人はエルニョスキへの哀悼を込めて卵料理部門へのエントリーを申請されておりましたが、次点となったワシのじゃがバターを登場させるために名称は芋芋部門とさせていただいております。



そして、その旭川・天金のじゃがバターですが、事務局権限でじゃがバター部門を新設しようとしたトコロ、他に同種のエントリーがなかったための妥協策であります。 一応、コチラは道楽パパさんとの合作扱いとなります。



最後になります【楽・炭物部門】は、いわゆる炭水化物ネタが大賞ですが、事実上はサンドイッチと丼&皿モノ系にしか勝機はありません。

そして、断面だけ狙いにいったワシのオムライスを勝手に炭物部門賞といたします。 だって、この断面のために洗濯船に複数回通いましたモノ(笑) その甲斐がありまして、比較的淡色のライスなのに米の一粒一粒がキレイに並んでいるのが分かります。



炭物部門の次点は、ちえサンの朝ごパンことエビたまごサンドになります。 十分に魅力的な断面ではありますが、白系…パステル系のインパクトの弱さが次点止まりとなってしまったのかもしれません。 それに加えて、審査基準に「4:3 スケール」というルールがあるのを知らなかったのもオリジナル写真のバランスのよさが加点に結びつかなかったものと思われます。 ちなみに、本記事ではオリジナルスケールでご紹介しております。



それでは、以上を持ちまして部門賞の発表は終了として、いよいよ大賞の発表です。

ジャンジャカジャ~ン! ジャジャジャ! ジャンジャカジャ~ン!

おっと、ナント大賞に準ずる賞として「審議会特別賞」が設けられたとのことです(驚) 審議会では一切そのような話は出ていませんでしたし、先行経緯が実に不透明であります。 えっ?「どうせグダグダなんだから、気にするな!」ですと! まあ、それもそうですね(笑)

ということで、謎の審議会特別賞はいその爺サンのエントリーから堂々の棒鯖寿司です。 先ほどのちえサンもですが、受賞作はオリジナルスケールでご紹介しております。



こちら棒鯖寿司部門が新設されれば文句ナシの部門賞は確実だったのですが、新設ならずということで、執念のエントリーは特別賞という形で昇華されました。

ジャンジャカジャ~ン! ジャジャジャ! ジャンジャカジャ~ン!

いよいよ第二回断面大賞を発表いたしましょう。 本年度のチャンピオンに決定いたしましたぶらくり佐藤サンのカキフライシリーズをご紹介いたします! 断面としては圧倒的に不利な素材を「愛」の力でここまでの作品に仕上げております。

それでは決定打となりましたパタタ食堂のカキフライ定食からカキフライの断面であります。



そして、その受賞を支えた写真をその1から紹介いたしましょう。

その2

その3

その4


ここまでカキフライへの断面愛を前面&全面に出されますと審議員全員が納得の推薦となりました。

ぶらくり佐藤サン!大賞受賞、おめでとうございます!!

ちなみに、大賞だけは断面大賞審議会にて審議員の面々による厳密なる審査を経て決定したものですが、それ以外のモロモロの賞は事務局長であるワシが拙ブログ用にテケトーに決めたものであります。 この記事を受けてメンバー各位がどのような記事に繋げるのか繋げないかは存じ上げませんが、第三回断面大賞へ向けた戦いは既に始まっております。 乞、エントリー!

それでは、皆様、よい年をお迎えください♪

(ヲシマイ)
ジャンル:
その他
コメント (14)   この記事についてブログを書く
« 断食生活_2016-2017_3日目 | トップ | 2017年新春のご挨拶 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます(涙) (ぶらくり佐藤)
2017-01-01 05:10:14
食べ続けてきてよかった。
信じて来て好かった。
愛する牡蛎たち、どんな姿をしていたの? えっ、本当はジューシーな姿だったんだ、そんな思いで断面を撮り続けてきました。
審議員の皆さんに、自分の気持ちが伝わったことを嬉しく思います。
今年も頑張りますので、よろしくお願いをいたします。
ヌシさんの甘噛みが怖いですねぇ。
あっ、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いをいたします。
Unknown (小径のヌシ(^-^))
2017-01-01 06:59:14
甘味次点と芋芋部門賞ありがとうございます (〃⌒▽⌒〃)

ぶらくり佐藤さま
牡蠣愛&断面愛に溢れた大賞 おめでとうございます
(@゜▽゜)ノ。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆

そして とも2さま
選考と断食中にも関わらず数々の食べもの写真への取り組み(掲載)
おつかれさまでございました ♪♪

今年もよろしくお願いいたします
ありがとうございます(涙) (ちえ)
2017-01-01 07:26:39
ミルフィーユビフカツの技能賞
エビタマゴサンドの炭物部門の次点
ありがとうございました!
憧れの断面大賞に参加出来て、感激です。
第三回も狙いますよぉ〜
殊勲賞 (道楽パパ)
2017-01-01 07:47:38
明けましておめでとうございます~!
いやはや、北海道から2作品もありがたい限りです。
もう、皆様も次へ向けて行動されていると
思いますので、私も頑張らなければ(笑)
素敵 (タイコ)
2017-01-01 08:29:03
第三者委員会としまして、
皆さまそれぞれに、
非常に強い断面愛を感じます。素敵です。
皆さまに大賞を♪と思っています。
第三回も楽しみで仕方ありませんp(^-^)q
Re:ありがとうございます(涙) (とも2)
2017-01-01 16:49:52
> ぶらくりサン

あらためまして、受賞おめでとうございます\(^o^)/
やはり断面愛と牡蠣愛のハーモニーにアゲアゲ愛が加わっての結果でしょう。 引き続きの精進を期待しております。

あっ、明けましておめでとうございます&今年もよろしくお願いいたします♪
Re:Unknown (とも2)
2017-01-01 16:52:50
> ヌシさん

今年は前年王者のヌシさんが不調だったので残念でした。 今年の活躍を期待しております。

本年もよろしくお願いいたしますね♪
Re:ありがとうございます(涙) (とも2)
2017-01-01 16:57:34
> ちえサン

断面への気持ちは「憧れ」→「恋」→「愛」へと昇華するのでしょう(笑)
新人バナレした情熱と技術にヲヤジ達は戦々恐々です(^_^;)
Re:殊勲賞 (とも2)
2017-01-01 17:01:48
> パパさん

審議会にも同席されましたから、身近に感じられたのだと思いますよ (笑)
じゃがバターは合作みたいなものですから、是非賞取りをしたかったのですよ (^o^)

本年もよろしくお願いいたしますね♪
Re:素敵 (とも2)
2017-01-01 17:06:37
> タイコさん

審議会には少し出遅れたので、痛い目見ちゃいましたよね(笑)

今年はタイコさんも、タマには断面記事をアップしてこださいな (^_^ゞ
Unknown (いその爺)
2017-01-01 21:28:48
ただいま。。。断面苦行の旅から帰ってまいりました。
特別賞、嬉しくおもいます。。。
が、断面愛ってなんなんだーーーー!!!(笑

すでに皆様第三回断面大賞に向けてスタートしているご様子、負けていられませんね♪
あっ! 次回の甘味部門もいただく算段をたてている事をご報告しておきましょう。ガハハハ!
苦行? (とも2)
2017-01-01 21:34:35
> いそのサン

ほう、甘味部門の連覇を狙っておられるのですか… そんなコトを言っているとヌシさんに甘噛みされちゃいますよ(笑)

今年もお互いに精進しましょうね♪
新人賞ありがとうございます (ミサイル超獣)
2017-01-03 23:54:48
まぁ改めて皆さんのレベルの高いこと!
なんとなく良さげだから撮った、ではなく
常に断面を意識して断面に愛を込める姿勢が必要とされるということですね!
精進いたします。

本年もよろしくお願いいたします。
Re:新人賞ありがとうございます (とも2)
2017-01-04 06:49:33
> ミサイル超獣サン

いらっしゃ~い♪

酔狂なヲヤジ達が洒落でやっているので、ソレナリに真面目ですよ (笑)
ミサイル超獣サンに本気を出されると怖いので精進はテケトーにお願いいたしますね (^_^;)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。