自走式移動胃袋 ~ The nomadic stomach ~

旅(ツーリング)と食(B級グルメ)の記録と記憶、願望を現在・過去・未来とつらつらと書いています。

浅間町・ペスカドールで蟹一式

2008年01月28日 | 地元食 ~ 横浜
今宵は拙ブログの1万アクセス達成記念というわけでもありませんが、こちらの方をお誘いしてちょっとばかりご馳走をいただくことにしました。

行った先のは久々に天王町からほど近いペスカドールで、ワシは2年振り、我妻は1年振りです。 ちなみに女史は「お初」だそうです。

女子達はサングリア、ワシは生ビールをいただき、まずスターター、っていうかいきなりの「蟹」立ち上げです。
洋物の蟹なのですが、新鮮なのとこまめにハサミを入れてくれているので身離れがよくて食べやすいです。



引き続き、蟹の蟹味噌炒めを白ワイン(アルゼンチン産の少しだけ甘めのヤツ)を飲みつつ、バゲットでお皿をコシコシ。
手はベタベタだが幸せである。
ワシも某女子も「蟹は好きだが面倒くさいので積極的に食べない派」なのだが、こちらはそれを許してしまう。



これが秀逸のシーフードサラダ! 蟹だ、海老だ、白子だ、烏賊だ、ハラコだ…って海鮮満載にセロリだのが彩りを添えて美味しくいただく。
ドレッシングはとても手が込んでいて、食材と結びつきが強く味わいが深い。



これは蟹ピラフ♪
きれいに炒められたタマネギが美味しい。
何故か、ここらで新しい赤ワイン(アルゼンチン産)のボトルが追加される。



一休みのスープはフカヒレと蟹が混じり合ってなんともいえません。
赤ワインにはやっぱりフカヒレだな~(嘘)



我妻が頼んだパンプキンアイスもご紹介。
一口わけていただいたが、多分美味しかったと思う。



蟹一式を堪能した後は、ご近所のバーに河岸を変えてしばしのお喋りのつもりが、あっという間に時間が経ってしまいました。

いやはやなんともよく食べて、よく飲みました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 大井町・牛八でスタミナカレ... | トップ | 旅の一日目(冬の北海道 2008) »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アリーマ)
2008-01-31 00:54:40
ご夫婦水入らずの席に乱入失礼いたしました。
いやぁぁぁ、カニもうまいがこのシーフードサラダは忘れられず。
オットの首に縄をつけて引きずっていく予定です。

ありがとうございました。
うふふ (とも2)
2008-01-31 02:11:28
>アリーマさん

ほんまにシーフードサラダうまかったですな~♪
是非是非、オットさんを連れて行ってあげてくださいませ!

さてさて、今度はどこに行きましょうかね?
ケープタウン (seikoMTD)
2008-02-02 15:47:33
「ペスカドール」の蟹は、珍しい南アフリカ産ですよね。南アフリカワインというのもおいしくって…。
妻の両親の金婚祝にご招待したら、二人とも涙を流すほど喜んで、ここの蟹を食べてくれました。
白子 (酔華)
2008-02-02 22:42:58
白子入りのサラダなんて、おいしそうですねぇ。ドレッシングも、なんかちょっと変わっている感じ。
いつか行けるかなぁ・・・
遅くなりました (とも2)
2008-02-03 23:13:26
1日午後より2泊3日でチラッと北海道に行っていたのでレス遅くなりましてごめんなさい。

>seikoMTDさん
よい親孝行をされましたね♪
ちなみにワシらは南アフリカではなく、アルゼンチン産のワインで攻めてました。
でも、中南米と南アフリカって思ったより近いのですよ!
その昔、一時帰国しているチリのブラジル大使とチリで会食をしたことがあるのですが、その時は結構「目から鱗」でした。

>酔華さん
いらっしゃいませ♪
ブログは良く拝見しているのですが、何故か中華街には積極的に行かないので絡みづらいのです。

ここのシーフードサラダは本当にお奨めです。
残念なことに予約の場合はコースになるので、このサラダをメインの狙いは難しいのです。
スタートの蟹もお奨めではありますが、今度オープニング(5時)に行って、「6時まででいいから、サラダとピラフね…」とか言ってみようかな?
Unknown (アリーマ)
2008-02-03 23:47:24
>「6時まででいいから、サラダとピラフね…」

それ、意外とスルドイ攻め方かも知れない。
カニも捨てがたいのですけれどねえ・・・。
難しいかも… (とも2)
2008-02-05 00:47:51
>アリーマさん

洋蟹(南ア産だったのか…)も捨てがたいのですが、二者択一ならワシはサラダかな♪

本当は予約とかせずにふらっと立寄れたらよいのですが、人知れず人気店のようなのでアプローチには工夫がいるかもね。

コメントを投稿

地元食 ~ 横浜」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。