自走式移動胃袋 ~ The nomadic stomach ~

旅(ツーリング)と食(B級グルメ)の記録と記憶、願望を現在・過去・未来とつらつらと書いています。

平塚・大黒庵でラーメン定食

2011年03月02日 | 地元食 ~ 神奈川&東京
平塚へのミニ出張の帰りが丁度お昼時だったので、とっても久しぶりに老郷(ラオシャン)に行こうかとしばし思案したのですが、早めに会社に戻らないといけないということもあり駅ビル=ラスカにある大黒庵に行くことにしました。

こちらの店(本当は本店)はラーメン王の石神秀幸サンがそのラーメン本にセレクトされたということもあり、ちょっと期待してみます。
店としてはフツーの駅ビル食品街の蕎麦屋というところで、それなり以上に蕎麦のラインナップも相当にそろっているのですが、客の半分くらいはラーメンを食べていますね。 そして、そのラーメンですが、蕎麦屋ラーメンのくせに(?)麺の固さも選べるようになっています。

うんとかため=「ドンパリ」
かため=「パリ」
少しかため=「チョイパリ」
うんとやわら=「うんとやわら」
やわら=「やわら」
少しやわら=「チョイやわら」

デフォが「チョイバリ」とかなり固めなのでオーダーなので元ヲネイサン達は、都度「固いけど普通でよいですか?」と聞いています。 それはそれで、聞く方も聞かれる方もつまらないやりとりとは思います。

さて、ワシが頼んだラーメン定食というヤツは炭水化物のデュエットで、麺の量も結構あるようです(150~180g?)。



鶏豚+鯖節がメインと推定されるスープはしじみも入っているとのことで、独特の味で濃さも選べるようになっているのも面白いですね。
いわゆる東京昔風ラーメンのルックスで、麺もスープ、そしてコンビネーションも蕎麦屋のラーメンとしては文句なく合格点です。 なんでもこちらの本店は客の9割がラーメンを頼むとのことです。

平塚で何を食べるか迷った時には選択肢としてアリですね。 今度は本店まで遠征して塩ラーメンでもいただいてみたいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 追浜?六浦?・そよ風食堂で... | トップ | 北九州空港・山小屋でワンタ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。