自走式移動胃袋 ~ The nomadic stomach ~

旅(ツーリング)と食(B級グルメ)の記録と記憶、願望を現在・過去・未来とつらつらと書いています。

保土ヶ谷・天丼 天たま家 で 天丼

2016年10月13日 | 地元食 ~ 横浜
不定期でありますが、保土ヶ谷の歯医者に時々通っておりまして、ハードな治療ではないときは帰りにヒルゴハンをいただく機会がパラパラとあるのです。 昔々は保土ヶ谷に住んでいたので懐かしい店だの、新しい店だのと探索をしております。 と、新しい方の店で保土ヶ谷駅東口商店街の天丼ランチといたします。



天丼 天たま家は、ちょうど1年前アタリが新規開店でしたが、オーブンが12時ということなので時間がうまく合わずにアッチソッチに回っておりました。 ソノアタリで食べ終わった後に前を通ると怪しげな看板が出ているのに気を魅かれておりました。



店構えはコギレイ&コジンマリといったトコロです。



基本メニューは天丼でスタンダードメニュー以外にも季節モノがいくつかエントリーされていますが、今回はベーシックな天丼を頼みます。 ふむ、いずれの丼モノにも玉子の天ぷらがデフォルトのようですね(待)



カウンターに座り周りをひっそりと窺いながら丼の到着を待つことにいたします。



さて、ネイサンが持ってきてくださった天丼は、海老、烏賊、玉子と三種の野菜はえのきのかき揚げ、冬瓜、獅子唐、それに梅紫蘇がほどよく揚っているのが分かる感じでやってきます。 丼はやや小ぶりですが、CP的にもよさそうな感じデス♪



味噌汁は外オプションですが、丼モノには不可欠ですよね! さてさて玉子の天ぷらといっても、なにやら生卵の天ぷららしいのですが…作り方が想像できません(笑) まっ、そんなことはヨシとして、各種天ぷらを突っついていきますが、せっかくなので余熱で煮あがらないように早めに玉子は割っておきましょう。



天ぷらのネタも揚げ方も、白飯の炊き方、そしてタレもほどよき出来でバランスの取れた天丼をワシワシといただいていきます。 だが…しかし…大盛りにしたのですけれど…玉子の天ぷらに圧倒的なオカズ力があるので、終盤戦は完全に白飯が足りなくなってしまったのは、ワシの食べ方が悪いのでしょうねぇ… まっ、機会があれば我妻を連れてくることにいたしますね(誘)

天丼 天たま家天丼・天重 / 保土ケ谷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 新橋・タンメンしゃきしゃき ... | トップ | 界隈・日高屋 でタンぎょう »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こちらは (小径のヌシ(^-^))
2016-10-14 07:40:22
たまご天に惹かれて密かに狙っておりましたが
(時間帯もあるのでしょうが)お店を覗くたびに混んでいまして
そーこーしているうちに揚げ物が食べたくないシンドローム(笑)になり。。。

ですよ! (とも2)
2016-10-14 23:06:38
> ヌシさん

逆にワシは混んでいる時に出くわしませんよ(笑)
まっ、ワシの食後なんですけど…

シンドローム脱却をお待ちしておりますデス♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。