自走式移動胃袋 ~ The nomadic stomach ~

旅(ツーリング)と食(B級グルメ)の記録と記憶、願望を現在・過去・未来とつらつらと書いています。

星川・らぁめん直 で 特製らぁめん

2015年01月25日 | 地元食 ~ 横浜
ここのトコロなにやらラーメンブログ化しつつありますが、この日も我妻と和田町と星川の間、国道16号沿いにあるらぁめん直を訪問します。



横浜のラーメンで、食○ログで3.41(2015年1月時点)アタリですとナカナカメジャーになりにくいし、特に位置的に寿々家に挟まれているのでツライですねぇ… それでも、Caサンのトコロで評判がよかったので気にしていたのと、最近のNEKONEZU情報からの発信を受けて、サクッとアヒルラーメンです。

11時の開店を狙ったのですが、駐車場が見つからずにチト苦労しましたが、平○タクシーUターンで16号の反対側のコインパーキングに入れます。 しかし、地味な建物だし幟が出ていなかったら軽くスルーしてたかもしれませんねぇ(汗) ちなみに、その幟ですが今週から3本立てたとのことでワシらにとってはよいタイミングでした。



7席のカウンターと奥にテーブル席がありますが、店主ヲヒトリサマのオペレーションなので基本はカウンターでの営業のようです。 先客はご夫婦一組と、チト寂しい感じがあります。 まずは、食券を買いまして、我妻は限定10食という塩マッシュルームです。



先行して到着したのは澄み切ったという感じではないけれど、透明感のあるスープは美味しいオーラを出しています。 麺も含めての味見をさせてもらいましたが、なかなかやるなぁ…というトコロです。

少し遅れてやってきましたワシの頼んだ特製ラーメンは、いわゆる全部のせというヤツでランチタイムサービスで無料で大盛りにしてもらいますが、標準バージョンと比べて、味玉半個&海老ワンタン&脂多めのバラ肉煮が追加トッピングされています。



鶏と煮干しのスープは醤油とのマッチングもよく、丁寧に作られた感じが伝わってきます。 未だに塩耐性が弱いので、少し塩味キツメに感じましたが、世間標準ではマイルド&淡麗系に分類される飽きの来ない味です。 まあ、その分…尖がった個性がないという評価も受けやすいかもしれませんねぇ…

やや細めの麺はスープとの絡み具合もよく、ラーメンを食べているという感じをシッカリと味わえます。 一方でチャーシューはイマイチというか、好みが分かれますね(微) 作り込みは悪くないと思います。 だが…しかし…かなり固めなので、もう少し薄く切ればヨイかなぁ…



全体の印象としては…まとまり過ぎ…かもしれません(悩) 出来のレベルは相当に高い…が、個性が弱い…が、ワシ的にはストライク… サイドメニューはなくラーメン一本勝負という気持ちはわかりますし、ソレでイケる実力もあります。 でも、もう少し遊び心的な要素があれば大化けするかもしれません。 くれぐれも変な方向には行ってほしくないのですが、それこそ「ライス=白飯」を置くだけでもリピート率がグンと上がるかと思います。 特製を頼んで、白飯に味玉1個とバラ肉煮をトッピングしてスープをかけまわして…なんてね♪



断食明けの塩耐性の弱さと高血圧予防のためスープを少し残したのを店主さんに言い訳しつつ、少々話をしたのですが、実に真面目にラーメン作りに取り組まれている印象を受けました。 でも、久々に応援したくなる店&店主サンでありました!
コメント (10)